愛はビューティフル、人生はワンダフル

「愛はビューティフル、人生はワンダフル」36~39話のあらすじと感想!初めて女性と手をつなぐキム・ジェヨン?

韓国ドラマ-愛はビューティフル、人生はワンダフル

「愛はビューティフル、人生はワンダフル」36話~39話では、チョンア(ソル・イナ)に何度も告白され交際を決めたジュンフィ(キム・ジェヨン)!しかし、ジュンフィは女性と手をつなぐのも初めてでチョンアにリードしてもらいます。

ジヌ(キム・ミスク)は離婚しても自分の妻だと言い張り、友人のテラン(ユン・パク)にも不満を露わにします。ソラ(チョ・ユニ)を愛してるテランも、また元夫がウロつく事に不安になってしまいます。

ソラに疲れたジヌを何度も癒して来たヘランは、今度こそ結婚できるのでは?と期待していましたが、別れを告げられてしまいます!

このページでは、「愛はビューティフル、人生はワンダフル」36話・37話・38話・39話のあらすじと感想を紹介しています。

スポンサーリンク

愛はビューティフル、人生はワンダフル:36話あらすじ

沢山の贈り物が実家に届くと、花束には君の笑顔が見たいと記されたカードが入っていた。すぐに秘書に返し、急いでジヌに電話してあなたは1年前と変わっていないが、私はもう昔の私じゃない!とソラは言い放つ。

病室に来たヨンエは私覚えているかどうかわからないけど、ソラの母親よ!と嫌味を言う。お義母さん!とジヌに呼ばれたヨンエは元々幽霊家族だったし、今は他人だからお母さんじゃない!でも、もう娘を揺さぶらないで!と頼む。ヨンエはある日、財布も持たずに家に来たの!毎日、あなたと秘書の姿を見せつけられ、あなたの母親から紙屑の様に扱われ慰謝料も貰わずに家を出た!と言う。驚いたジヌは何度も謝りベッドから落ちてしまうが、俺を息子と呼びたいなら謝罪しろ!とそこに来たファヨンに命じる。

退院したジヌのお見舞いに来たジュンフィだったが、ファヨンは今欲がない様にしてるけど、大株主だと忘れないで!とジヌに釘を刺す。

警察署の前に来たヨンエは、車の中から出て来たユラを見て驚くが、以前、複雑な心境だけどチョンアの幸せを願ってると!と言っていた事を思い出す。

チョンアとお茶をしたユラは今度、息子の所へ行きましょう!と話すとそこにジュンフィから電話がくる。ジュンフィは妹さんとの契約の報告をしたいから会おう!と言うが、今日の勤務は七時までよ!と残念そうに話すと、その時間に待ってる!と言う。

コーヒーを持ってカフェから出て来たソラを追いかけたジヌは、二人で公園で甘栗を食べる姿に驚き声をかける。色々質問するジヌを無視して歩き始めたソラだったが、テランは僕たちは友人関係だが離婚したことも知っている!2人で話したいなら今日は帰る!と言う。

追いかけたジヌは家から尾行し、甘栗を食べてる所も見ていた!君は別人の様だな!と嫉妬する。ソラはあなたはヘランの所へ行けば?あなたが問題にする事は彼女の事だ!と背を向ける。

愛はビューティフル、人生はワンダフル:37話あらすじ

帰宅したジヌは仲良く歩く二人の姿を思い出し嫉妬してしまう。部屋に来たヘランは、自分の所へ来たのは妻との関係に疲れたからよ!彼女が去ってもまだ苦しんでる!もう元には戻れないのだから、私を見てくれない?と頼む。

仕事が終わるまで何時間も待っていたジュンフィだったが、やっと来たチョンアはあなたが犬だと言うなら、調教する自信があるから付き合おう!と言う。返事をしないジュンフィにご飯を食べよう!と連れ出したチョンアはわざと席を離れて座り、帰りもわざと冷たく接し別れる。何度も振り返るジュンフィだったが、チョンアは声を掛けて!と祈る。

ユラと会っていた事を責められたチョンアは少し会って話を聞く程度の付き合いだと話すが、ヨンエは息子の死因が違うとわかったらどうするの?と叱る。そこに入って来たソラは、チョンアと会う度に息子の死が無駄じゃなかったと、自分を慰めているんだと思う!と話す。あの人と会い笑顔を見ると自分の罪悪感が少し消えるような気がするんでしょう?と聞かれチョンアもうなずくが、母親はなおも反対する。

シウォルが出所したと聞いたユラは住む所を探す!と牧師に話すが、聞いていたジュンフィは、不思議に思う。自分にプレゼントしてくれた服が女性物で母親に返したジュンフィは、洋服をプレゼントしてやるような女性がいるのか?と尋ねる。

久しぶりに会社に来たジヌは、歓迎の花束をもらうが近くにいたテランに声をかける。この会社の地下でレストランをやっていると聞いたジヌは、誰の口利きだ?と尋ねるとテランはあなただ!僕の妹はヘランだ!と暴露する。

愛はビューティフル、人生はワンダフル:38話あらすじ

兄の事を聞かれたヘランは、彼は海のような山のようなとにかく心が広く頼りがいがある人です!と答える。開店前の店に来たジヌは店にあったピクルスを見て、ラジオでよく話す友人がテランだとわかる。本当に友人だと思っているのか?と聞かれたテランはそれはソラ次第だ!と挑発するが、ジヌは彼女は俺の妻だ!と睨む。

最近、家に引きこもり歌を聴いては泣いてる父親を連れ出したソラは、腕を組み散歩する。

会社で会ったジュンフィに育てたい選手がいるから新しく契約しました!と言われたジヌは上手に育ててくれと笑う。

警察署に訪ねて来たリムが試験に落ちたと聞き慰めるために酒を飲みに行こうと歩き出すが、追いかけたジュンフィに声を掛けられたチョンアは一緒に飲もう!と誘う。何も話さないジュンフィだったが、チョンアがスキンシップでリムに触る度に気になって仕方ない。ジュンフィは君と交際を始めてみたいと思う!と目の前で聞いたリムは泥酔してしまう。

リムを二人で家まで送り、見つめられたチョンアは思わず目をつむるが、ジュンフィは君が考えている事は今度にしょう!と笑いをこらえる。手を繋ぎ早歩きのジュンフィに足の歩幅に合わせて歩いて!と笑うチョンアだった。家の前で2人が手をつなぎ見つめ合っているのを見た母親は、やっぱり付き合って行ったのね!と微笑む。

ラジオが終わるのをジヌは車で待っていたが、前に止まっていた車の中にいるテランを見つける。ソラが出て来て駆け寄ったジヌは自分が悪いことをしたのはわかっているが、君の側に他の男がいる事は耐えられない!僕に一度だけチャンスを与えてほしい!とソラに頼む。

愛はビューティフル、人生はワンダフル:39話あらすじ

寒そうな格好のジヌにマフラーを渡すのを見たテランは、車を走らせその場から去るが、帰宅しても迎えに来て!とソラの連絡を待つ。車に乗ったソラはどこに行くの?と尋ねるが、結局、海まで来てしまう。朝、いくら友達でも男はダメだと話すが、ソラはあなたの女の代わりに謝り、私の怒りを受け止めてくれ話を聞いてくれたのは彼だ!と言う。そして、彼といると人間らしく生きられるし彼は友人以上の人だ!と言うが、テランは彼が女性として見ていたらどうするんだ?と言う。

待っていられず電話を掛けるテランだが、勝手に電話に出たジヌは寝てるけど起こすか?と挑発する。外にいたソラに抱きつき突き飛ばされたジヌは腰が痛い!と大げさに痛がる。

二人の事が心配で落ち込むテランは、あいつのどこがいいんだ?と妹に尋ねる。ヘランは彼はいつも自信満々で、日本へ出張へ行った時に地震が起きた時も、自分を怖がらせないように口笛を吹いていたと兄に話す。

朝、家の近くで向こうの道から母親が配達しているのが見え、慌てて車から降りたソラだったが、携帯を車の中に忘れてしまう。この際だから携帯を届け挨拶をしようと覚悟を決めたジヌだったが、偶然、家から出て来た義父に見つかる。

深々と挨拶されたヨンウンは感無量だが、今度みんなが揃っているときに正式に挨拶に来たいと話すジヌだった。そして、今までは義妹たちに無関心だったからこれからは頑張る!と言うが、チョンアは姉がいいと言ったら!と気まずそうに話す。

台所をリフォームしようと兄弟でキッチンを見に来たヘランは、新婚生活が始まるのかラブラブの2人を見て羨ましく思う。

帰宅して彼が携帯を届けに来たと妹に聞いたソラは、なぜかペースに巻き込まれてしまう!と話す。あの家には二度と戻りたくないと言う姉に、チョンアはそれじゃあ彼の事は愛しているの?今度手を握ってみてドキドキするか試してみて!と姉に話す。

昏睡状態から目覚めた時俺が会いたかったのはソラだった!僕の愛しているのは彼女だけだから、元に戻りたいと思っていると話す。ヘランはわかったは元の場所に戻るけど、あなたに妻はいないわよ!と席を立つ。

感想

ジヌの気持ちは変わりませんでしたね。自分を愛してくれる女性に少し溺れただけだったとはわかりますが、ソラにしたら受け入れる事はできないかも!テランがソラ達に嫉妬の炎を燃やしているのが伝わりましたが、完全なる三角関係の始まりです。ジヌの積極的なアプローチでソラの気持ちが動くでしょうか?

チョンア達が付き合うことになりましたがジュンフィは本当に誰とも付き合ったことがないみたいですね。チョンアがリードすればオッケーです!

とうとう別れを告げられたヘランは意外にもあっさりと受け入れましたが、きっとそれはポーズだと思います。


スポンサーリンク

RELATED POST
韓国ドラマ-愛はビューティフル、人生はワンダフル 愛はビューティフル、人生はワンダフル

「愛はビューティフル、人生はワンダフル」32~35話のあらすじと感想!オ・ミンソクがようやく意識が戻る?

2020年9月10日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
「愛はビューティフル、人生はワンダフル」32話~35話では、やっと合格したチョンア(ソル・イナ)は交番勤務でジュニクと再会し、上司として指導 …