愛よ、お願い

「愛よ、お願い」64話・65話・66話・67話のあらすじと感想!キム・サグォン達の離婚問題に終止符

韓国ドラマ-愛よ、お願い

韓国ドラマ「愛よ、お願い」64話~67話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

ヨルムと少しのお別れの前に行った海で、サンウォン(ユン・ソヌ)達と楽しむ姿が見られます。
とうとう離婚が成立したジュノ(キム・サグォン)達は、最後に握手をして別れます。既にサンミ(イ・チェヨン)のお腹に子供がいない事を知るはずもないジュノは、一緒に生活をスタートさせます。

息子の店でグミ(イ・ヨンウン)が働いてると知った母の言葉にも耳をかさない彼女に、ある罠をサンミが仕掛けます!

スポンサーリンク

愛よ、お願い:64話あらすじ

帰宅するギョンエを待ち構えていたミョンジャは、妊娠していると騙していたのね!と責める。焦ったギョンエは、破談にすると言うの?と怒鳴ると、もう少し考えてから電話します!と帰る。
ギョンエは予約がもったいないから彼女に譲ったのよ!と笑顔で話すヨンスンを怒鳴りつけ、早く帰って来なさい!とサンミに電話する。

ヨルムと海に行くと聞いたジュノはパパも…と言い掛けるが、グミはパパは忙しいのよ!と背を向ける。
車を整備に出していて使えなく、サンウォンが作ったお弁当を取りに行ったグミだったが、ヨルムは一緒に行こう!と誘う。海ではサンウォンのお弁当を食べ海辺で遊び、楽しいひと時を過ごすが、離れ離れになるのかと思うと涙が止まらないグミだった。

家に来たミョンジャは、離婚するのが子供だけの問題なら今からでも謝罪してよりを戻したら?と話すが、ジュノは子供が居るから無理だと聞かない。そして、帰宅したヨルムを抱きしめたミョンジャは、あまり構ってあげられなくてごめんなさいね!と謝る。
ジュノは海へ行くのにサンウォンの車で行ったと聞き不機嫌になるが、グミはあなたには関係ないでしょう!と無視する。

その夜、グミはヨルムとママは少しだけ離れる事になるけど、きっと一緒に暮らせるように頑張るからね!抱きしめる。
翌日、家族は少しだけ我慢してね!たくさん会いにいくからね!とヨルムを抱きしめる。サンウォンと会ったヨルムはおいしいものをたくさん作ってくれてありがとう!とお礼をして、魔法のクッキーをもらう。
天使の家に着くと、グミは携帯の使い方は覚えている?朝晩必ず電話をするわ!ビデオ通話の仕方も忘れないでね!と別れる。

愛よ、お願い:65話あらすじ

サンミはマンションを買う約束をして口止めをするが、ミョンジャはあなたは本当にに恐ろしい女ね!結婚できても後はどうするの?と聞く。サンミは結婚してから流産したといいます!と話すと、ミョンジャはこんな女と結婚してジュノは大丈夫かしら?と不安になる。

ウェディングドレスの試着とタキシードの試着に行きたかったサンミだったが、明日離婚すると聞き、笑顔になる。帰宅したサンウォンは姉さんのお祝いをする気は無いから、結婚式は行かない!と告げる。

デートしたグムジュ達は姉さん達が離婚するのに僕たちが楽しんでは申し訳ないない!と言いながらもイチャイチャする。そして、グムジュは最初は大嫌いだったけど、徐々に好きになった!と話すとソクホは守ってあげたくなるから他の男の前では泣くなよ!と笑う。

一方、ジュノはグミの実家へ行き、離婚をすることになってしまい申し訳ありません!僕のことを実の息子のように可愛がってくれたのに裏切ってしまいました!と土下座する。ヨンシムは泣いて謝るくらいならなぜ誘惑になって負けたの?でももう過去は取り戻せないから帰りなさい!と背を向ける。

翌日裁判所に来たグミは、横でののしり合う夫婦を見て、ああならずによかったわね!私は意外と平気よ!これは終わりじゃなく始まりだから!と微笑む。そして裁判所出るとあなたの最後の失敗は大きかったけど、私にとって良い夫だったわ!もう失敗しないで!と握手する。

愛よ、お願い:66話あらすじ

裁判所から帰って来た娘を迎えた両親は、何でもなかった!と話すグミに少し安心する。
一方、ノンアルコールのお酒を用意していたサンミは、ようやく離婚できたわね!と話すが、ジュノは結婚するまでは一緒には暮らせない!と話す。そして、とりあえず衣装合わせと結納は要らないから指輪だけは欲しい!とサンミに言われたジュノは、わかった!と答える。
その頃、一人マンションにいたグミは、ジュノの、書斎の机にあった思い出の時計もゴミ箱に捨ててしまう。

そんな時、スヨンの父親が亡くなり葬儀の準備をしたグムドンは、優しく慰める。

衣装合わせに行った帰りに家に招待されたジュノだったが、母親は結納品は?安っぽい指輪ならもらわないほうがマシよと嫌味を言う。

結婚式が終わり施設へ行くグミを送ったサンウォンは、僕もみんなへのプレゼントを用意したんだと笑う。
施設で洗濯をしたり子供の世話をしたグミに、園長はあなたとの絆が強いせいかヨルムはここでの生活への不安がないみたい!と話す。帰る時にはどうしても涙が出たグミだったが、ヨルムは泣き虫だなと涙を拭いてあげる。

結婚式とは言えず急いで待っている所へ行くと、グムジュは素敵すぎるからもうスーツは着ないで!と言う。スーツを着たのが結婚式のためだと聞き少し不機嫌になったグムジュは、最近の姉は幸せそうだから許してあげます!と笑う。

新婚旅行のホテルで乾杯したサンミは、いろいろあったけどその分幸せになりましょう!と言うと、ジュノは良い父親になる!と約束する。

愛よ、お願い:67話あらすじ

施設から帰った娘にマンションを処分してここで住みなさいと話すが、グミはしばらくは1人で暮らしてこれからの事を考えてみる!と言う。義父になったヨンジンは、お義母さんに挨拶へ行きなさい!と命じるが、身体がだるい!と言いながらも、仕方なく挨拶に来たサンミに、問題はなかった?と意味ありげに尋ねる。

一方、葬儀のお礼をしたスヨンは、お父さんは私が心配で天国いけないんじゃないかしら?実は事業に失敗し無理をして病気になったの!と泣く。

早速、料理の勉強を始めたグミはレストランの厨房を借りて料理をするが、偶然店に来たサンウォンは味見をして、自分が書いていたノートを渡す。翌日、魚市場に一緒に行ったグミは、魚の目利きを教えてもらい市場でご飯を食べ楽しい時間を過ごす。

息子の店でテレビを見ていると、息子のレストランで働くグミを見て驚愕するギョンエ。カフェに呼び出しレストランをやめなさい!と命じられたグミが、料理の勉強しているから辞めるつもりはない!と話すと、じゃー、あの店を畳ませるしかないわね!と帰る。

レストランに来た客は自分が持ってきた虫をパスタの上に乗せ、大騒ぎしてその動画を撮る。
サンウォンは害虫駆除は徹底的に行っているのに変だな!と話すと、グミは防犯カメラをチェックしてみては?と話すと、客は慌てて帰る。それはサンミに頼まれたデソンの仕業だった。

感想

ヨルムを施設へ置いて来るグミは可哀相だった。もう少しで養子縁組が決まりそうだったのに、本当に残念です。
サンミには本当に腹が立ちますが、秘密はバレる時が来ます。母親までグルになって娘の悪事を助ける事自体、終わってます。
子供の為の離婚でしたが、ジュノが真実を知った時はまた後悔するでしょうね。

グムジュ達の交際を弟が知ってしまいましたが、いずれ明かさないといけない事ですから覚悟を決めましょう!でも、流産騒動でまたジュノ達と険悪になったから、まだ、黙っていた方が得策ですね。


スポンサーリンク