二番目の夫

「二番目の夫」80話・81話・82話・83話のあらすじと感想!亡くなったはずの息子が養子に出されたとわかったソナはハン・ギウンを責める

韓国ドラマ-二番目の夫

韓国ドラマ「二番目の夫」80話~83話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

サンヒョク(ハン・ギウン)に自分の正体を知られたソナ(オム・ヒョンギョン)は素直に認め、ジェミン(イ・チャンヨプ)との結婚の秘密を明かして。

病院で入院していたときのセビョクの様子を聞いたソナは、息子が生きている?と疑い、サンミ(チョン・イスル)に助けを求めます。
サンミの協力で事実を知ったソナは、養子に出した!と聞いても信じません!クムドク達の協力で、養子縁組ブローカーにたどり着くが…。

スポンサーリンク

二番目の夫:80話あらすじ

やっぱりシャロンがソナで、ジェミンも協力してると確信したサンヒョクは、夜も眠れない。
教会でお祈りしまたヘランと会い荷物を落としたソナは、セビョクの写真を落としても気づかない。そこへ現れたサンヒョクはなぜシャロンとして生きているんだ?部屋で子供の写真を見つけた!なぜ持ってる?と迫るが、駆けつけたジェミンに殴られてしまう。
ベーカリーに来たソナは、疑ってるサンヒョクを納得させないと!私に考えがある!と話して。

ソナが落とした写真を持ち帰ったヘランは返さなくては…と思うが、ふとサンヒョクの実家で見た子供の写真に似てると気づく。弱みを握られ不安なジェギョンは、ヘランの弱みを見つけて!とスチョルに見張らせる。
イノと会ったヘランは、ビンナ(行方不明の娘)が前科者のクムドクの手下になってるかもしれない!と心配するが、今は自分の正体を知られないように接近していると報告する。

マルジャの店でギュンイが子供を産んでおけば良かった!と話すのを聞いたヘランは、あの写真の子供は誰なの?と帰る。食事の時、テヤンとソナが美味しい!とごぼうの佃煮をモリモリ食べてるのを見たサンヒョクは、僕の知り合いもこの料理が好きなんだ!とソナを見つめる。

夜中、呼び出されたソナは、私がこの家に来たのはあなたたちを離婚させて私の元へ来させるためよ!ジェミンが私に片想いしてるのを利用して契約結婚した!と明かす。そして、早くジェギョンの罪を暴きJタウンを奪って一緒に暮らしましょう!と話すが、サンヒョクは君を信用出来ない!と立ち上がる。
会社で仕事をするジェミンの横で、ソナはサンヒョクの気持ちを利用してるなんて言えない!と心の中でつぶやく。

待ち伏せし、俺の影で生きろ!と言うサンヒョクだが、あなたがジェギョンを潰す証拠をくれたら偽装結婚してまで復讐なんて考えなかった!と責めるソナ。

二番目の夫:81話あらすじ

道端でサンヒョク達の口論を聞いたヘランは彼女をビンタするが、仕事について話していただけだ!とごまかすサンヒョク。その足でベーカリーに行きまたソナをビンタしたヘランは、今度は婿を誘惑するの?と怒る。
ソナは自分たちが事実婚だったのにジェギョンに家庭を壊された事、祖母の命を奪われた事実を明かす。更に、自分がやったのに殺人の汚名まで着せ刑務所送りにされたと聞いてもヘランは、信じられなくて。

帰宅し2人でいるところをヘランに見られ誤解された!もしかしたらソナが過去のことを暴露するかも!と聞いたジェギョンはビンタする。

ギュンイはマルジャがお金を隠していた座布団を持ち逃げようとするが、ダルボンは俺と結婚するなら借金を肩代わりしてあげよう!と電話をよこす。

会社に来たヘランは彼女の祖母の命を奪ったの?サンヒョク達との間に子供までいたのに奪ったの?と聞かれると、イノとホテルで会っていた画像をジェギョンが突きつける。そこに来た夫に疲れたから帰る!と帰宅したヘランは、相手になってやる!この家からも追い出す!と怒りに震える。

テヤンはおでこが熱いソナの為に氷枕を持って来るが、そんなテヤンにセビョクを思い出す!と泣いて。サンヒョクと会ってJタウンをあげるからセビョクがどこにいるか教えて!あなたの証拠であの女を潰して三人で暮らしましょう!セビョクはどこ?とソナが腕を掴む。
部屋の前にいたジェギョンにドキッとしたサンヒョクだったが、アメリカ支社を出す話をしていた!と誤魔化して。

二番目の夫:82話あらすじ

セビョクが生きてると聞いたジェミンは、あいつらはまだ隠している事があったのか!早く居場所を見つけよう!と激怒する。朝、突然、養子でも愛があればいいわよね?とヘランに振られたテグクは、血がつながっていればこそ家族だ!養子なんてだめだ!と話す。

家に来たヘランはこの間の写真は誰の子供ですか?ソナさんはこの家の嫁だったそうじゃないですか!と問い詰める。知らんふりしてサンヒョクさんも我が家で暮らしてる!と言われたマルジャは、事実婚の妻子がいる息子を離さなかったのはあなたの娘だ!と開き直り、二人の子供は?と聞かれると死んだ!と言い張る。
その頃、病院に来て当時の話を聞きに来たソナ達は、セビョクが完治して退院したと知らされて。

騙していたことをまた責められたジェギョンは、お母さんだってお父さんを騙しているでしょう!お互い様だ!と言う。ビンタしたヘランはこれでソナの話が本当だと分かったわ!この事を暴露してきっと家から追い出してやる!と怒ると、ジェギョンはそれなら道連れにする!と脅して。

ヘランはあなたは12歳の時に施設から連れて来て大学まで出した!それなのに私の弱みを調べ、サンヒョクが事実婚をしていたのに嘘の報告までしたなんて許せない!出て行きなさい!と怒る。もしかして、あなたはジェギョンが好きなの?それなら仕方ないわね!とスチョルをにらむ。

夜遅く家に来たヘンシルは、私が偽物のダイヤをつかまされと知っているくせに冷たいわね!とテグクをにらむ。あなた!と甘えテグクに突き飛ばされたヘンシルは、ソナの顔を見て見たことがあるわね!と見つめる。

セビョクが亡くなった時の事を聞かれたサンミは、ちょうどいとこの家に行っていて駆けつけたときには納骨も終わっていたと話す。
更に、義姉の出産の時に母親がフランスに行ったけど、せっかく生まれた孫の顔の写真も送ってくれなかった!と聞いたソナは、私の考えでは息子は生きている!私が復讐をやめられるようにあなたが調べてみてくれない?と頼む。
チキン店に行ったサンミは、セビョクは本当は生きているの?私は母さんの娘なのに秘密にしてるなんて!本当の事を話して!と頼む。マルジャは本当は生きているの!仕方なかったのよ!と聞いたサンミは、録音していた声を送ると、聞いたソナは生きていた!と泣きながらボクスンと抱き合う。

二番目の夫:83話あらすじ

チキン店に来たソナは、サンミさんとの会話を聞いた!セビョクはどこですか?と聞かれたマルジャは、養子に出した!と嘘をつく。。母親からの電話で息子が生きていて養子の件も話したと聞いたサンヒョクは焦るが、ソナはセビョクは何処なの?と尋ねる。
サンヒョクはセビョクは今の両親を実の両親だと思って幸せに生きているし、今は海外にいるから大きくなるまで待て!と言うがソナは影から顔を見るだけでもいいから教えて!ときかない。

ベーカリーに預ければよかったのに!と泣きくソナに責められたサンヒョクは、君が出所して前科があるとわかったら息子が傷つくだろう!と言う。サンヒョクをビンタしたソナは、ジェギョンが犯人なのになぜ私を責めるの?あなたも父親なら何としても手元におくべきだった!と責める。
正式な養子縁組じゃなかったと話すサンヒョクに、セビョクの無事な姿を見るまではJタウンは成功させないし、会長にもあなたの過去を暴露する!と脅す。

クムドク達は子供が生きていて本当に良かったわね!とみんなで乾杯し、早く見つけないと!と話すと、ソナは刑務所に行った時も5歳になったセビョクを想像して眠れない日があった!と微笑む。セビョクは何処にいるの?と聞かれたジェギョンは、何処にいるかは知らない!でも前科者の母親に育てられるより幸せなはずだ!と言われたソナは、あんたの悪事を全部、暴露する!と脅して。

家族での団らんの時に、お母さんの好みは髪が黒く男らしいタイプだと思っていた!とヘランを挑発したジェギョンだったが、ヘランは今度の休みにあなたに会わせたい人がいる!と話す。

一方、最近の私はとても虚しいの!指輪も偽物だったし生きている意味がわからなくなった!と同情作戦に出たヘンシルは、食事にでも行こうとテグクに誘われ、ニヤリとする。ソナと食事に来たジェミンは父親が愛人といるのを見て、父さん!何をしている?母さんも知ってる?と責めると、ヘンシルは私はジェギョンの母親よ!と怒る。

そんな時、アジトがわかり一人で養子縁組ブローカーの元へ向かったジェミンを、ソナは心配で。

感想

やっぱりセビョクはテヤンでしたね。肺炎で亡くなったと嘘をつくなんて、本当にひどいです!
目の前にいるテヤンが息子だと早く知らせたいです。
ジェギョンが前科者!と言う度に、自分が前科者だろう!とツッコミたくなります!でも、マルジャがバラしてくれて良かった!

ヘランも敵に回して何かと挑発するジェギョンを見ると、自分も弱みを握られているくせに怖いもの知らずだなと思ってしまいます。サンヒョクの過去を知っても何も変わらないヘランにはがっかりしました。


スポンサーリンク

RELATED POST
韓国ドラマ-二番目の夫 二番目の夫

「二番目の夫」12話・13話・14話・15話のあらすじと感想!プロポーズ企画でソナに見せつけようとしたオム・ヒョンギョンの計画が失敗

2022年5月4日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「二番目の夫」12話~15話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 ジェギョン(オ・スンア)の罠だとも知らず、張り切ってプ …