悪い愛

「悪い愛」124話・125話・126話のあらすじと感想!とうとう決定的な当時の事故動画をチョン・スンビンが入手

韓国ドラマ-悪い愛

韓国ドラマ「悪い愛」124話~126話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

ミニョク(ユン・ジョンファ)の父親が自分ではなく、ずっとそばにいたサンテ(チョン・ジンギ)だと聞きショックを受けたテソク。謝罪にも耳を貸さず離婚を迫る夫に、ファラン(チョン・エリ)は恐ろしい行動に出ます。

ジョンベが持っていたUSBをすり替えさせ手に入れたホジン(チョン・スンビン)達は、姉が倒れてる動画にショックで。

薬のカプセルからヒントを得たソウォン(シン・ゴウン)は、とうとう夢の様な生地の開発に成功する事に。

スポンサーリンク

悪い愛:124話あらすじ

サンテが自首したと聞いたジェヒョクはまた父親に尻拭いをさせるのか?もうやめさせろ!と話すがミニョクは聞き入れない。その頃、取調べを受けたサンテは車でひいたのも、崖に遺棄したのも自分だ!と証言する。

ソウォンはもしかして、あの時あなたも車に乗っていたの?と聞かれたヨンスは、違う!と怒る。驚いて会社に来たファランはあなたのためにした事なのに冷たい!と言われたミニョクは、事故の時にすぐに病院に運んでいたら彼女を助かったのに俺を殺人犯にしたのは母さん達だ!と怒る。

サンテが遺棄しなければ、娘が助かったかもしれなかったと聞いたダンシルは、ショックを受ける。

面会に行ったファランに、サンテは私は大丈夫だから、会長を支えて下さい!と頼む。

病室で父親のリハビリをするソウォンを見たジェヒョクは、温かい気持ちになる。面会に来たダンシルは、お腹に子供がいる娘を放置したとも知らず、あなたと過ごした時間が悔やまれる!一生苦しみなさい!と帰る。

母親と一緒に父親の病室に入ったミニョクは、どうせ俺の正体を知ったら終わる仲だ!と話す。寝たふりをして聞いていたテシクは、ミニョクは変わってしまった!それと変な会話をしていた!とユジンに話す。

ミニョクは母親の前ではクールに装うが、父親面するな!と言った時に、そばにいられただけで幸せだった!と話していたサンテを思い出す。
面会に行ったミニョクは、小さい頃いじめられていた僕を助けてくれたのは君だったね!いつも僕を守ってくれていた事に感謝してる!と話す。健康に気を付けろ!と背を向けたミニョクに、サンテはここを出たらまた一緒に飲みたい!と話す。

メロンを食べたテシクは、ここまで回復できたのはソウォンさんのおかげだ!本当に優しい女性だ!と微笑む。

酔って病室に来たミニョクは、会社は僕が引き継ぐから父さんは、逝ってくれ!と声をかけるが、突然、目を開け起き上がる父親に驚く。僕を息子とは思っていなかった!ずっと差別されているような気がしていたが、その訳がようやくわかった!自分の子供じゃないからだろう!と言い始める。

<

悪い愛:125話あらすじ

サンテの子供だと知っていたんだろう?と言われたテシクは、何を言ってるのか訳がわからない。
テシクは生後100日目にサンテと三人で写っていた写真や、自分が倒れた時にミニョクが主になる!と言ったサンテを思い出す。あいつは何を言ってるんだ?サンテが父親だと言うんだ!と父親は放心状態だが、ジェヒョクは僕も最近知ったんだ!と話す。

ヨンスはお父さんは知らなかったのになぜ話したの?と責めるが、ミニョクはもうどうだっていい!と開き直る。帰宅したヨンスはテシクが元気になっていた事や、ミニョクが自ら実父について話した!とファランに報告する。
叱られたミニョクはこうなったのは父さんのせいだ!僕を認めてくれれば店に忍び込むこともなかったし事故も起きなかった!と話す。

病室に恐る恐る入ったファランだったが、テシクは30年も俺を騙し、サンテを離れに住まわせ毎日、顔を合わしていたなんて許せない!と怒る。

意識が戻ったとミニョクに聞いた検事は取調べをすると連れ出そうとするが、ジェヒョクは意識が戻ったばかりだ!と拒否する。ジェヒョクは早く無実の証拠を探さないと!と焦る。

また病室に来たファランはまた許して!と頼むが、テソクは離婚届にサインをして家からも出て行け!と怒る。ミニョクも会長を辞めさせると言われたファランは、実子じゃないと世間に知れたら、恥をかくのはあなたよ!と開き直る。

テソクと外に出たソウォンは、寒いからと毛布を取りに行くが、車椅子を押したファランは、階段から突き落とそうとする。
止めたソウォンは、私の姉の命を奪った様にお父様にも同じ事を?息子さえ助かればいいのですか?と責める。そして、私の姉でジェヒョクさんの愛した人を始末する様に指示したとわかれば、罪を償ってもらいますよ!と脅す。

今日の事をソウォンに聞いたジェヒョクは、今度変な真似をしたら警察に通報する!裁判を起こされる前に離婚しろ!もう家族じゃない!とファランを睨む。

父親が違うと言われて戸惑っただろうな!と言われたミニョクは、俺に株を渡すなら勾留を止めてやる!と話す。テソクは不届き者!もう息子じゃない!あいつの子供だとも知らずお前を育てたことを後悔している!と怒鳴る。

ミニョクの暴走を止める為に新開発の成功をさせよう!と焦るが、そんな時、薬のカプセルを見たソウォンがひらめく。しかし、会長命令で開発中止を言い渡され、投資したユン代表も一方的だ!と怒るが、そこに現れたジェヒョク達は成功した!とやって来る。

悪い愛:126話あらすじ

ソウォンはクスリのカプセルからヒントを得て、開発していた!と資料と生地を見せられたユン代表はやったな!と喜び、他の理事達もこれは画期的だ!と感心する。
一瞬で理事達の信頼を得たジェヒョク達に、ミニョクはなぜ開発が順調だと教えなかったんだ!とヨンスにやつ当たりする。体温と同じ素材の生地を完成させたと聞いたテソクは、よくやった!これで会社も安泰だ!と興奮する。

面会したジェヒョクは正しい道へ導くのが父親だ!と言うが、サンテは息子を地獄へはいかせられない!と背を向ける。

ハートの折り紙を二つ作ったハウンは、一つは叔母さんのよ!怖いけど嫌いじゃない!と話す。
ハウンは嘘をつくと鼻が伸びるって本当なの?とジェヒョクに聞き、今までの嘘を話し始める。そして、ツボを割ったのは私じゃなく叔母さんだった!かばったのはママだから!と話す。
知っていたのか?とジェヒョクに聞かれたハウンは、おばあさん達が話してるのを聞いた!と言う。ハウンがヨンスに嫌われるのが怖くて、黙っていたと聞いた家族は胸を痛める。

テソクは妻とは離婚するがお前は俺の息子に変わりはない!もうお前が壊れる姿を見たくないんだ!と話すが、ミニョクは本当の息子を後継者にしたいようだが、あいつを踏みにじってやる!と帰る。とうとう、会長解任案で理事会を召集したテソクだったが、ミニョクは考えがある!と母親に話す。

そんな時、ジョンベの金回りが良くなったと聞いたホジン達は、事故の証拠を持ってるのでは?と疑う。
ジョンベの弟分を捕まえ脅したホジンは、あいつが持ってるUSBを持って来い!と命じる。USBがすり替えられたとも知らずにファランと会ったジョンベは、お金をもらえず帰るが、弟分はホジンの電話にも出ない。

義母を足湯をさせてる間に部屋に入り、ジョンベの弟分の電話に出たソウォンは明日会う約束をする。データとお金を交換した男を捕まえ、事故のドライブレコーダーのデータを見たソウォン達は怒りに震える。

感想

事故の動画がヒジン達に渡ったから今度こそ、ミニョクは再起不能ですね!意識が戻ったばかりの父親に自ら子供じゃないと話すなんて、やけくそという言葉がぴったりです。
早く病院へ運べば助かった!と母ミニョクは親に責めていましたが、本当にその通りですよ!証拠隠滅した事でミニョクを苦しませています。

テシクに謝罪しても拒否されたファランが、車椅子で階段の前まで来たシーンは怖かった!ソウォンが来なかったら危なかった!

ソウォン達が開発した肌の様な生地は、大ヒット間違いなしですね。会社が飛躍できる開発を喜べないミニョクは、会長失格です。


スポンサーリンク