真紅のカーネーション

「真紅のカーネーション」92話・93話・94話・95話のあらすじと感想!

韓国ドラマ-真紅のカーネーション

「真紅のカーネーション」92話~95話では、父親になりたいと言うジングクと必要ないと言うヘリム(ムン・ボリョン)!どこまで行っても平行線の二人ですが、ジングクの言葉に心が折れそうになります。

自分の過去を知られたくないギョンシン(ウ・ヒジン)は、命を断とうとしたジェニーにも愛情をかける事が出来ません。二人の関係を知るジヨン(イ・イネ)は、板挟みになり苦しむ事に。

このページでは、「真紅のカーネーション」92話・93話・94話・95話のあらすじと感想を紹介しています。

スポンサーリンク

真紅のカーネーション:92話あらすじ

システムダウンしたと慌てるサンヒョク達を見て微笑むギョンシンだったが、客が買い物をしてるのを見て不思議に思う。実はジングクの提案でハッカーに備えもう一つのサーバーを準備していた!と笑うサンヒョクだった。更に、世界中の投資家が会いたがっている会長からランチの誘いが来てヒョンジュンはすごい!と声を上げるのだった。

おかげで命拾いしたサンヒョクは何度もお礼を言うが、ジングクはハッカーは中国からと見せかけていたが、韓国内からかもしれないから犯人を探してみる!と張り切る。ジングクは何度もヘリムにプロポーズをするが、その度に撃沈で落ち込む。

一方、一向に友人宅から帰って来ないジェニーを心配した叔母達はみんなで探すが見つからない。最後に会ったギョンシンに話の内容をまた確かめるか、留学を頑張って!と言っただけだ!と嘘をつく。

そんな時、ギョンシンに電話したジェニーは私に復讐されるのだから産んだのは間違いでしたね!と脅す。ジヨンに電話したジェニーは、私が出来る復讐はこの世からいなくなる事だ!そして、母親はギョンシンだと言う。

真紅のカーネーション:93話あらすじ

車の前に飛び出したジェニーは病院へ運ばれて手術が始まると、ギョンシンに電話したジヨンは病院へ来るべきだ!と言う。一度は病院へ来たギョンシンだったが、永遠に眠りなさい!とつぶやき帰る。手術が終わると、医師は成功したがいつ目覚めるかわからない!と告げる。

会社に来たジヨンは死にかけてる娘に会いに来ないなんて親じゃない!と責めるが、ギョンシンは子供はテウンだけだ!と言い切る。そして、あなたにとっての我が子は役に立つかどうかの基準だ!ジェニーはあなたの邪魔にならない様に留学を決めたのに!と怒るジヨンだった。

世の中ではジェニーの自殺未遂に同情的な意見が出る中、理由は芸能界干されたからだと誤報が一人歩きする。意識が戻ったと聞きお見舞いに駆けつけたヨンランは、私がここにいるから仕事をしなさい!とジヨン達を返す。

ユジンは会長が百貨店ロティエールの無人システムを世界的に広めたいと言っている!と話すがサンヒョクは、現地での共同経営も望んでいる!と盛り上がる。久しぶりに楽しい酒を飲み帰宅したヒョンジュンは、また色々聞き出そうとするギョンシンとまた口論になってしまう。

ソンナムは自分が仕掛けたことでジェニーを傷つけたのか?と罪悪感を感じるが、ヨンランは実母の冷たい仕打ちにあい傷ついた!と話す。記憶が戻っていないと安心し早く回復してね!と手を握ったギョンシンの腕を掴んだジェニーは、突然、お母さん!と何度も呼ぶ。

真紅のカーネーション:94話あらすじ

お母さんと呼ばれ慌てて病室を出たギョンシンは動揺を隠せない。サンヒョクはおじさんだぞ!と声を掛けるとジェニーはそっとうなずくがジェニーは私たちが親子だと公表し、あの女を追い出して欲しかったの!でも、こんな選択をした自分を後悔している復讐はやめない!と話す。

ジヨンは、彼女が人を恨むのはよくないからあなたが母親として説得して!と話すと翌日、病室に来たギョンシンは出産した時の状況を話し、謝罪する。ジェニーは私は娘だなんて名乗る気はなかったのに、せっかく入った芸能界から追い出し留学までさせる事が許せなかった!と責める。そして、これからの事はゆっくり考えるわ、お母さん!性格はあんたに似たみたい!と大声で笑う。

ユジンはエイワンは原価が安いから利益は上がってるけど、これからは伸び悩むだろうと会長が判断したから投資はできない!と投資を断る。ヒョンジュンは夫婦でも意見が合わず揉めてる!と言うと、ユジンはうちもそれが原因で離婚になった!と明かす。

食事をしたいと言ったジェニーに怒ったギョンシンが電話すると、あなたが来なかったら、暴露する!と脅す。

食事が始まると味の好みが似てる!こんなお母さんが欲しい!何かと刺激するジェニーを呼び出したギョンシンは、もうやめて!と言い、お金を渡す。すると、金持ちと結婚して良かったね!留学もやめた!と笑うジェニーだった。

ミヒョンが黙って食べたトッポギでまたボンギュと喧嘩が始まると帰宅した父親は、義姉さんと呼ぶのが礼儀だ!と叱る。

一方、父親になりたいと頼むジングクにヘリムは一人で育てると聞かない。ヘリムが産後のヘルスケアに行ったと聞いたたジングクは、叱られるのを覚悟で行ってみるが、帰宅すると私の生活を侵害するなと言われ落ち込む。

家に遊びに来ると聞いたギョンシンはあの子にテウンは会わせたくない!と言うが、テジョンは命を粗末にするなと説教してやるから呼べ!と言う。家に来てテウンと遊ぶと二階に行ったのを追いかけたギョンシンは、寝室にいるのジェニーを見て激怒する。

真紅のカーネーション:95話あらすじ

ジェニーの髪を掴むのを見たジヨンは下に行きなさい!と助けるが、ギョンシンは説得して留学させて!この状態を楽しんでるでしょう?と八つ当たりする。しかし、ジヨンは説得しても聞かないし、自業自得だ!とギョンシンを睨む。

今度は外に出たと聞き追いかけたギョンシンは、アイスクリームを持ったテウンと歩いてるのを見て、ジェニーを突き飛ばす。ジヨンは退院してきたばかりなのに何をするの?と睨むが、その様子を見ていたサンヒョクも何か隠し事があるのか?とジヨンに尋ねるが、教えてもらえない。

兄と会ったサンヒョクは義姉とジェニーの関係がおかしい!と言うが、ヒョンジュンは夜中にも電話が来て相談してるみたいだから、仲がいいと思う!と言う。

何かおいしいものを食べさせてと電話をよこした娘に忙しいからと冷たく電話を切ったギョンシンだったが、机の上のぬいぐるみがお母さん!と話すのを聞き驚く。更にトイレから出ようと振り向くとジェニーがいて、忙しそうに見えない!とまた脅されたギョンシンは、あの子を消しなさい!とソンナムに命じる。

店に来たソンナムは、別荘を見て来た!と母親に話すが、その話を聞いたジヨンは不思議に思う。母親に呼び出されたジェニーは食事をする!とジヨンに待ち合わせ場所まで送ってもらうが、引き返すと何者かに車に乗せられているのを発見し後をつけるが、ソンナムに巻かれる。

とうとう、義姉とジェニーの関係を知ったちサンヒョクは、きっと別荘だ!とジヨンに話す。到着したジヨンは男達に突き飛ばされお腹が痛くなる。

感想

ギョンシンは完全に完全にジェニーを怒らせましたね!今にもバラされそうで焦るから、手段を選ばず言葉も選ばないギョンシンが悪いです。仕事も家庭も娘に対しても情がないから、自分も孤独になると気づくべきです。

ヘリムは一人で子供を産み育てると言ってますが、父親になる!と言うジングクの決意も固い様です。ジングクそのものではなく、結婚でとしがらみや面倒な事を避けてる様に感じますね。彼は夫としても夫としてもおすすめなんですけどね~。


スポンサーリンク