危険な約束

「危険な約束」64話・65話・66話・67話のあらすじと感想!ウンチャンが実子だとカン・ソンミンが知る

韓国ドラマ-危険な約束

韓国ドラマ「危険な約束」64話~67話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

とうとう、マンジョン(イ・デヨン)の移植の秘密をウンドン(パク・ハナ)に打ち明け、愛する資格がない!と話すテイン(コ・セウォン)。ウンドンは彼を理解しつつもジュニョク(カン・ソンミン)への復讐を遂行するためジフンとの結婚を選択します。

自分の命の恩人がマンジョンだと知ったイルソプ(カン・シニル)が苦悩する姿が見られます。

DNA鑑定で実子だと分かったジュニョクは、ショックを受けながらも息子だと分かったウンチャンから目が離せません!

スポンサーリンク

危険な約束:64話あらすじ

Pの結果追跡の結果がジェスクの焼肉屋だとわかり。ヘウォンが自分を陥れたと知ったジュニョクは、部屋の中を荒らす。
会長の家に呼ばれたイルソプは就任式に出れるとは思わなかったから嬉しい!と話すと、グァンフンは尊敬するお父様には晴れ舞台を見せないと!と笑う。家でパーティーをするとご機嫌なイルソプは、本当にいい日だ!と乾杯する。
ヨンシムは二人が並んでると夫婦みたいね!と話すと、ソックはジフンとはいつ結婚するんだ?とウンドンに尋ねる。

家で飲んだ会長はテインと一緒に会社を盛り立ててくれよ!と話すと、ジフンは俺を頼りにして!と乾杯する。その頃、焼き肉屋に来たジュランは私は絶対息子の子供を見つけるわよ!育ててもいいと言うなら家に戻ってきなさい!とヘウォンに話す。

テインは君のお父さんは他人の子を育てるなんて偉いな!と話すと、ウンドンは赤ん坊を見つけてから毎日、病院の入り口でウンチャンを抱っこして、親が来ないか待っていたけど、結局来なかった!と話す。でも、私には弟ができたし、今はいないとダメ!と笑うウンドン。

テインと病院に来たウンドンは、財団への投資契約の報告書がまだ提出されてませんよ!とジュニョクに催促する。
そして、ウンドンは財団を作るのを阻止するために、2度も父の名を汚したことをを告訴します!と言う。更に、テインは理事長候補生にお前の父親が買収した件で候補の資格も失った!と告げる。

病院の清掃をしてる人達に自分が作った作業着を届けたウンドンは、みんなに感謝される。会長と会ったテインは財団の初仕事として、マンジョンさんの元同僚を正社員にします!と報告する。

一方、兄の家に来たミョンヒは、惨めな思いをさせられるのは全部、この家の人達のせいよ!と責める。ミョンヒは今度は隠し子ですって?一体何を考えているの?とジュニョクの胸ぐらをつかむ。

全てを話す決意をしたテインは、これから彼女は辛い思いをすはずだ!ウンドンを頼む!とジフンに話す。ドゥシムは息子2人にもあなたにも傷ついてほしくない!と話すが、ウンドンはテインさんが受け入れてくれるなら彼と歩きたい!と話す。

その頃、ウンチャンも連れて釣りに来たウンドンは楽しい時間を過ごすが、夜、二人になると告白する事がある!とテインは見つめる。
ウンドンは私から話す!今までの事は忘れて私達は一緒に歩いていけないかしら?とキスをしようとする。抱きしめたテインは、7年前に戻れるなら君を愛してると言えただろう!と言う。

危険な約束:65話あらすじ

家に来たミョンヒは、あなたの夫はウンドンの父親の心臓を移植した!ジュニョクの不正を隠す条件でドナーにした!と暴露する。
ミョンヒは信じられない顔のイルソプに、あなたが手術をした日とマンジョンが脳死した日を調べてみなさい!と言う。そして、テインはこの事実を隠すために、服役している間1度もウンドンに会いに行かなかった!と明かす。
ショックを受けたイルソプは興奮が収まらないが、駆けつけたジフンは直接テインに聞いて!でも、仕組んだのはジュニョク夫妻だ!と明かす。事実を聞いたイルソプは、ウンドンが可哀想だ!と泣き、家を飛び出す。

ジュニョクは子供を探して育てる!と言うが、家に戻りあなたの子供を育てるわ!と言うヘウォンに、これからは家事をしてね!とジュランが命じる。ジュニョクの秘書は警備員が子供を連れて行ったと警備リストを渡すが、その中にマンジョンを見つける。

朝、寝なかったの?と聞かれたテインは、ご飯を食べよう!と話すが、ウンドンに誘われて散歩する。とうとう、移植の秘密を知ったウンドンは、なぜ今言うのよ!と責めると、テインはジフンの元へ行け!と命じる。

ウンドンは父親の遺影を抱きしめ泣くが、そこに来たイルソプはマンジョンさんに合わせる顔がない!と抱きしめる。家に来たウンドンはこの場所は父を思い出してつらい!とテインの家を出る。
ウンチャンを目にしたジュニョクは何歳だ?と聞くが、ウンドンに阻止される。全てを知ったと聞き、テインが憎いだろう?と尋ねると、彼女は憎いのはあなた達夫婦だ!とジュニョクを睨みつける。

危険な約束:66話あらすじ

秘書からの電話で子供を引き取って育てたのがマンジョンだと聞いたジュニョクはショックを受けるが、その頃、テインもその事実を知る。
ジュニョクが投げつけた携帯を拾ったウンドンは何故父親の名前がでるの?と尋ねると、そこにウンチャンと一緒に来たジフンは彼女と会うな!と!怒鳴る。そこに来たジュランは我が家にも孫がいるのよ!と話すが、ウンドンは捨てたくせに今更、引き取る資格がるあるの?と鼻で笑う。

DNA鑑定を見ても信じられないジュニョクは、もう一度DNA鑑定をしろ!と髪の毛を秘書に渡す。

テインと話したウンドンは私があなたでも避けたと思う!でもあなたは私を守り、おじさん達も娘のように接してくれた!と涙をこぼす。
移植の手術をした時にどんなに辛くても事実を君に話すべきだった!俺を許すな!と見つめるテイン。するとウンドンは今までありがとう!愛することを教えてくれてありがとう!と涙をこぼす。

イルソプはマンジョンさんの為にも彼女は俺が守り、奴の不正も調べてみせる!とドゥシムに話す。
ジフンと会い俺の気持ちは関係ない!彼女が好きなら前に進め!ウンチャンの事も面倒みるよな?とテインが尋ねる。当たり前だ!とジフンに聞いたテインは、それなら安心だ!と答える。

公園で遊んだテインはウンチャンが飲んだ飲み物の容器を持ち去るジュニョクの秘書に声をかける。男は理由は言えないが、ジュニョクを潰す為なら協力する!と告げる。

ジフンはテインの父親のドナーがマンジョンだったが、それはジュニョク達の陰謀だった!と父親に話す。テインの家族にミョンヒが暴露したと怒ったグァンフンは、お前の兄がした事を私が許すと思うか?と脅す。

思わず屋上に来たジュニョクの携帯に音声が届くが、辛くてたまらない!話したい事があるの!と話すジョンヒの声だった。一方、屋上に閉じ込められ焦るジュニョクの姿の動画を見たウンドンは、その場所が父親が落下した屋上だとわかる。

ジュニョクと会いDNA鑑定を渡したテインは、この結果が見たいんだろう?今日ウンドンが会長と会うがその話によってはお前の運命が変わる!と脅す。一方、ジュニョクの秘書からDNA鑑定書を渡されたウンドンも驚くべき事実を知る。

危険な約束:67話あらすじ

ウンドンは彼と結婚するのは資格がないと諦めていたけど、ずっと待っていてくれたジフンに応えたいから結婚したい!と家族の前で話す。そして、ジフンは結婚したらウンチャンは俺が育てる!とジュニョクの顔を見る。

一方、テインは俺はウンドンを守る資格はないし会長の力が必要だ!だから2人の結婚祝ってほしい!と両親に頼む。

ウンドンはウンチャンと一緒に嫁に行く!あなたが苦しむ事をやってやるわ!と言われたジュニョクは俺の子を目の前で育てるのか?と怒る。
ウンドンは弟は父親の子どもだからあんたには渡さない!と話すと、ジフンの部屋へ連れて行ったジュニョクはこの女には秘密がある!と脅す。ジフンは、ウンチャンがお前の子供だった事か?あの子はお前が捨てた子だろう!と睨む。

会長がこの事を知ったら結婚なんて許すはずがないと言われたウンドンは、今から話しに行こうと思っていた!と挑発する。
会長はジフン同様お前も息子だ!2人を結婚させてもいいか?と聞かれたテインは、幸せにしてやってください!と頼む。家にウンドンを呼んだイルソプは、結婚を決めたそうだな!結婚の準備は俺たちでさせてくれ!と頼む。

義母の店に来たジュニョクに俺を覚えているか?と聞かれたウンチャンはフォークに刺したチキンを渡し、これをあげるからお姉ちゃんをいじめないで!と頼む。
ヘウォンが来てウンチャンがウンドンの弟だとバレ出て来たヨンシムに、ここで働きながら情報収集してたのね?とジェスクが怒る。ヨンシムと取っ組み合いの喧嘩になり怖くなったウンチャンは、外へ飛び出すとジュニョクが声を掛ける。

ミョンヒはまさかあんな得体の知れない子供をこの家で育てると言うの?と侮辱すると、ウンドンは素性は分かってるし私の弟です!後で後悔することになりますよ!と睨む。ウンチャンがいなくなったと聞き、ジュニョクの所へ来たウンドンだったが、部屋ではDNA鑑定書を見たヘウォンが興奮していた。

感想

過去にあった事で愛する2人が諦めるのは悲しいことですね。テインも移植の後で知った事だし、移植された人物がイルソプなのですから、諦める事もないのでは?と思ってしまいます。

奴の振る舞い方が明らかに変わりましたね。
ウンチャンを見る目も心なしか優しそうに見えましたが、なんといっても戸籍上はウンドンの弟ですから。
奪う事は難しいし、会長やジフンの元にいたら手は出せないはず!あの秘書は亡くなったジュニョクの元カノとウンチャンと関係がある人物かも。


スポンサーリンク