花道だけ歩きましょう

「花道だけ歩きましょう」120話・121話・122話・123話(最終回)のあらすじと感想!

韓国ドラマ-花道だけ歩きましょう

韓国ドラマ「花道だけ歩きましょう」120話~123話(最終回)までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

襲われ意識を失ったチョンドン(ソル・ジョンファン)は、夢の中でドンウ(イム・ジギュ)と会います。意識が戻ったチョンドンは、コピーしていた証拠と共に、ビョンレを逮捕させます。

セレブから庶民の生活になったスジン達の穏やかな顔が見られます。弁護士に戻ったチョンドンと支えるヨウォン(チェ・ユンソ)に、ハッピーな出来事が!

スポンサーリンク

花道だけ歩きましょう:120話あらすじ

犯人を捕まえたイルナムは警察へ突き出すが、すぐに釈放された犯人を追いかけたヨジュ達は、ハナ飲料の社長と接触してる写真を撮る。
証拠品をチョンドンに渡した娘に激怒したビョンレは、お前は会社を潰す気か?とスジの携帯を取り上げ、部屋に閉じ込めてしまう。その様子を見たジョンスクは自分が盗聴した証拠が無駄になったとがっかりする。

妹が撮った写真を見たヨウォンは、以前駐車場でひかれそうになった時の男と、チョンドンを襲った人物が同一人物だと知ると、以前も今回も社長が仕組んだ事だと疑う。

意識が戻らず心配するヨウォン達だったが、医師はこのまま目覚めなければ脳死になることもあると告げる。思わず社長宅へ行き責め立てるが追い出されてしまう。

病院でチョンドンの顔を見ながら今まで沢山、助けられた事を思い出し涙が止まらない。夢の中のチョンドンはナム記者と会い、妻達の所へ行って!ありがとう!と言われこちらこそ…と言うと一人になるが、その瞬間、目が覚める。

花道だけ歩きましょう:121話あらすじ

目覚めたチョンドンは頬の涙をぬぐうが、ヨウォンはありがとう!と泣く。チョンドンはスジからもらった盗聴器を奪おうと自分が襲われた!とヨウォンに話す。

留置所にいたジフンは、事故を起こしたドンウから封筒を奪い、通報もせずに置き去りにした事を思い出す。

家ではジョンスクが盗聴器などの証拠を焼くビョンレを責めると、スジはこの人は私の義母よ!と庇う。家を出る事になったジョンスクは、自分の連絡先を手に握らせいつか孫を抱かせてくれる?と言われたスジは、もちろん!と答える。

検察と一緒に会社に来たチョンドンは、ジフンとの会話を会長に聞かせ、検察にも送った!と話す。
チョンドンは次は誰を犠牲にするんですか?と責められたビョンレは、恩知らず!と怒鳴る。部屋に入った検察は、殺人教唆、粉飾決算、借名口座の作成、産地偽造の容疑で逮捕する!と告げ、連行する。

家に残されたユンギョンは、いつも優しいあの人がそんな罪を犯す犯すなんて信じられない!と泣く。ヨウォン達と会ったチョンドンは、ジフンは全面自供したが、社長は否認してると聞く。
ジフンは面会に来た妻に俺たちの子供が傷つかないように今のうちに離婚しよう!と話すが、スジはあなたと子供は私が守る!と帰る。
次に父親と面会したスジはこのままでは彼の罪が重くなる!と責められたビョンレは父さんよりも彼の方が大事なのか?と聞く。スジは、父さんのことも愛してる!この子の為にも良いおじいちゃんになって!と泣く。

一方、子供の手術日が決まると、家族はおみんなで金を工面しよう!と話し合う。

ヨウォンと歩いたチョンドンは僕が施設で育ち、心臓が悪く、あなたの夫の心臓で助かった事も、あなたに会う為の試練だった!と話す。僕たちは一生この手を離さずに生きていこう!と手を握ると、ヨウォンもこの手を離しません!と見つめる。

花道だけ歩きましょう:122話あらすじ

息子の心臓があなたに移植されたの?とチョンドンに確認したコンニプは、結婚したらこの家を出て、二度と来ない方がいいと命じる。チョンドンは他人の自分達と関わらないように、突き放したのだろう!とヨウォンに話す。

翌日、ビョンレが罪を認めたとニュースで報道される。
面会に来たチョンドンは昔数学の勉強教えてくれた時に間違った答えを何度も消して、努力は無駄じゃないと教えてくれた!と話すと、ジフンは自分の人生も消しゴムで消せたらいいのに!とつぶやく。そして、嘆願書も出したし兄貴の再出発の際には協力する!と励ます。

チョンドンは新居探しをしても中々、見つからず自分の家で新婚生活を始めようか迷っていたが、ソナは留学を考えていると打ち明ける。ヨウォンは私には実母がいないから、お義母さんを本当の母親だと思って生きてきた!と涙をポロポロこぼす。

男同士で飲んだイルナムは、結婚したら家に来るなと言われたみたいだが、俺はお前を弟だと思うことにする!と話すとチョンドンは僕もそのつもりです!と言う。

花道だけ歩きましょう:123話(最終回)あらすじ

昨夜、みんなで飲みヨウォンが居なくなったらコンニプが悲しむ事がわかったチョンドンは、スーツケースを持ってやって来て、ここで暮らしみんなと家族になりたい!と頼む。。考え込むコンニプに長男の嫁として言わせてもらいますが、複雑に考えないで一緒に暮らしましょう!と言う。
ヨウォンは嬉しいと思いながらも事前に話してほしかった!と睨むと、チョンドンは睨んだ顔も可愛い!と笑う。

一方、ジフン達が刑務所に入り引っ越すことになっても引っ越しの準備も出来ないユンギョンだったが、そこにジョンスクが手伝いにやって来る。

一人で飲んだコンニプは、あの子が幸せになればいい!とつぶやくが、そこに来たチョンドンは、ここに文字を教えに来た時、息子のように接してくれるお義母さんが嬉しくて、通うのか楽しかった!と話す。

留学へ行くソナに元気でがんばって!欲しいものがあったらすぐ送るからね!とみんなが声をかける中、チョンドンは何も言わず涙ぐむのを見たヨウォンは、そっと手を繋ぐ。

イルナムはみんなからの手術日の足しにしてとお金をもらい、温かい言葉をかけてもらうと感謝で土下座をして頭を下げる。そして初めてお母さんと呼んだイルナムは、今までは親不孝だったけどこれからは孝行するよ!と約束する。

一年後…。

チョンドンは弁護士として働き、ヨウォンも事務長として一緒に働く。

一方、男の子を出産後スジは近くの子供達を集めて絵を教え、ユンギョンは初めてニンニクむきのバイトをしたお金で服を買った!と笑う。

ヨジュはデザインの学校に行き、イナムとの交際も順調だ。そんな時、海外にいるソナは、テレビ電話で彼氏が出来たと紹介する。

イルナムの子供はすっかり元気になりヨンジェとサッカーも出来るようになり、チャンは幸せだ!と笑う。そんな時、ヨウォンが妊娠したと報告を受けたコンニプは泣いて喜ぶ。

親子で菜の花畑に来たヨウォンはもう少ししたら育児休暇が欲しいな!と言うと、事務長の君がいないと困る!と話すチョンドン。しかし、駆け寄ったボラムは早く会いたいな!とママのお腹を撫でると、病院へ行ってきたと報告されたチョンドンは本当か?と飛び跳ねて喜ぶ。

感想

沢山の出来事がありましたが、最後はハッピーエンドで良かった!幸せな家族を作るのが夢だったチョンドンにも子供が出来、喜ぶ姿は見てる方も感動しました。

別れてはよりを戻してが多かったですが、それは家族の為の別れだったりしましたが、いつも、側にいるチョンドンの愛は、本物だ!といつも思っていましたし、こんなに愛されるヨウォンも幸せですよ!最後のエンディングで「あなたと共に歩む道が私の幸せよ」と流れましたが、その言葉もジーンと来てしまいました!

夫の死や父親が詐欺に遭ったり、家族の問題など、沢山の事がありましたが、最悪なスジに睨まれたヨウォンは、本当に可哀想でした。

それと土地を売れば50億ウォンが入ると家族がバラバラになったシーンは、金は身を滅ぼすの言葉が頭をよぎりました。でも、お金が入ったら?と妄想してる時が楽しいですよね!笑

スジも母親になり、高ピーだったユンギョンも夫達が刑務所に入った事で改心出来て良かった!


スポンサーリンク

RELATED POST
韓国ドラマ-花道だけ歩きましょう 花道だけ歩きましょう

「花道だけ歩きましょう」20話・21話・22話・23話のあらすじと感想!チェ・ユンソをおんぶして高鳴る鼓動

2020年10月29日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「花道だけ歩きましょう」20話~23話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 接待で飲み過ぎてしまったヨウォン(チェ・ユン …