世界で一番可愛い私の娘

「世界で一番可愛い私の娘」92話・93話・94話・95話のあらすじと感想!

韓国ドラマ-世界で一番可愛い私の娘

韓国ドラマ「世界で一番可愛い私の娘」92話~95話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

家族を題材にした『ソルロンタンの女達』の本の出版が決まったミヘ(キム・ハギョン)にあとは結婚だ!と心配するソンジュ(キム・ヘスク)。そんな母親の気持ちに寄り添ったウジン(キ・テヨン)の優しい決断が見られます。

最近、体調が悪く病院へ行ったソンジャに絶望的な診断が下されます。娘達より先にソンジャの病気を知ったインスク(チェ・ミョンギル)は、アメリカへの出国を取りやめます。

スポンサーリンク

世界で一番可愛い私の娘:92話あらすじ

訪ねて来たヘミは妊娠が三人が仕組んだ事だ!もしかしたらテジュの子供じゃないかも!と言いインスクを挑発する。
ヘミを殴ったインスクは家族のために年寄りと結婚したことを少し同情していたが、もう我慢の限界だ!と怒る。娘は自力で登り詰めてきたし、あんたのように浅はかじゃない!と怒る。

俺の負けだから家に戻って来い!でも、ミリのアパレル社長就任はまだだめだ!今、就任したらインスクとの関係がバレてしまう!と聞いたテジュは驚く。
インスクは、今は父親のことが本当に憎いだろうけど、亡くなった後に傷になる!とテジュを心配する。そして、お前やミリのような優秀な人材がいれば会社は安泰なのに、その手腕を放棄するのはいけない!と諭す。

ヘミはあなたが欲しいのは孫でしょう?産むまではここにおいて、後は追い出せばいい!と悪知恵を働かせる。

実家に行ったミリは寝込んでいる母親に、インスクと仲良くしようかと思ってる!と話すとソンジャは、その方が私も安心だ!と話す。沢山の白菜を買い、キムチ漬けの為に家族全員を集めたたソンジャは、文句を言いながらも楽しそうに作業する家族を見つめる。
ヨンダルは外にいたウジンを家に招き一緒にキムチ漬けをする事になるが、ソンジャは思わず涙ぐむ。ミソンはキムチをつける季節でもないのに、家族全員集めるなんて!と愚痴る。
帰宅したジンスはお義母さんは寂しいから呼ぶんだ!お前もダビンにそんな冷たい言葉を言われたら怒るだろう?とミソンを責める。

世界で一番可愛い私の娘:93話あらすじ

テジュは大勢でキムチ漬けをして本当に楽しかった!と話すと、インスクはお前には勉強ばっかりさせてそんな楽しみは与えてあげられなかった!と寂しそうに話す。

『ソルロンタンの女達』の本とネックレスを渡したウジンは、君が望む愛情表現ができなくてごめん!と謝る。ミヘはあなたの愛が不安だったから結婚を口にしたけど、気持ちはわかったから結婚はしなくていい!と言い抱きつく。
家の中を掃除し始めたソンジャだったが、帰宅したミヘの本を見て胸が熱くなる。

また姑に呼び付けられたミソンは嫌々ながら仕事をするが、テレビの中で嫁姑問題を熱弁する義父に驚く。

妻の検診についてきたテジュは、医師の質問にも自分が答えてしまう。そして、テジュは胎名をロマンチックの子供になってほしいから『ナンマン』はどうかな?と笑う。
指示を出し、もらったお菓子を食べたミリをおかしい!と部下達は噂するが、テジュはいい事がある!と笑う。

インスクを呼び出した会長は、アメリカの田舎に法人をつくるからそこで働け!と命じる。
会長は孫を抱き、テジュ達を操るお前を近くにおくわけはないだろう!と笑う。インスクは子供達はあなたを許そうとしているのに、会社の道具として使うのはやめて下さい!と席を立つ。

世界で一番可愛い私の娘:94話あらすじ

恋人との密会をして戻ったヘミは、私には最後の切り札がある!子供を出産したらインスクとの関係を暴露して家から一人で追い出す!と言う。

店に来たジェボムにソルロンタンを出したソンジャは、もうここには来ないで!ヘミよりも素晴らしい人と出会って幸せになって欲しい!と話すソンジャだった。突然、出版社に来たソンジャは心配で仕方ないから、なるべく早く連れて行って!と頼む。

ミソンの家にキムチを届けに来たソンジャは、買い物をして帰ったミソンを見て、本当に銀行やめたの?と怒る。せっかく大学も出たのに主婦になったら無駄になる!私のような生き方をしたいの?と怒鳴る。

一方、ミオクはテレビの番組で、姑の立場の自分の悪口を言いまくった夫に離婚を告げる。ミオクは友人からも沢山電話が来て恥をかいた!と怒鳴るが、デチヨルは何を言ったのか覚えていない!と言い訳をする。

自分の本にサインしたミヘは幸せな気分だが、ウジンはお母さんが具合が悪いのだから早く帰れ!と命じ、結婚することにしたから韓国に来てくれ!と実母に電話する。

インスクはアメリカで仕事をするから子供を産むのを見届けられない!とミリ達に話す。
会長宅に戻ったミリ達を目迎えた会長は、一人で盛り上がる。生まれてくる子供とミリ達を頼むと言われたソンジャは、なんでみんな私に頼むと言うの!と興奮し血を吐く。
驚くインスクに医師には肺がんと言われた!でも人はいづれ死ぬものだから私が最初に逝くだけだ!と話すソンジャだった。

世界で一番可愛い私の娘:95話あらすじ

インスクは末期の肺がんで治療のしようがないと聞きショックを受けるが、ソンジャは娘のほかに孫まで面倒を見させようなんて思わないで!と話す。

先日お母さんが来て結婚を許すと言われた!とウジンに聞いたミリは、家に帰り後ろから母親に抱きつくと、今月中に結婚しなさい!と言われ驚く。

一方、ダビンが幼稚園にいる間にスーパーのレジの仕事をする事になったミソンは、何もできない自分に落ち込む。

ミオクは荷物をスーツケースに詰めてアメリカの娘のところに行くと言い用意を始めるが、洗面所で転んでしまう。

ヘミは妊娠初期は流産しやすいからこの際会社を休んで家でゆっくりしたら?とミリに話すと、会長もお前はきっと無理するからそれも考えたほうがいい!と賛成する。
怒るミリに子供を一番に考えて、無理はするな!とテジュも忠告する。
ミリは私たちが力をつけることによって母親をアメリカから呼び戻すこともできる!子供が生まれてもおばあさんには会えない!と言うの?と涙をこぼす。そして、これからは二人の母親と子供と仲良く暮らしたい!と言うと、テジュはごめん、僕が努力する!と抱きしめる。

インスクは義姉が病気だから事情が変わった!からアメリカには行けない!とパク取締り役に話す。

手足の骨を折って入院していた姑が退院するが、まだ夫を許していないミオクは、私の事は何もしなくてもいい!と強がる。退院するのに行ってくれなかったミソンを責める夫に、ダビンの英会話の塾代を稼ぐ為にスーパーで働いていたと話す。

感想

ミリ達は会長宅に帰りましたが、笑顔はありません!こんな生活は嫌ですよね!
何といっても愛する人の父親を憎まなければいけないミリも可哀想!

ソンジャの余命三ヶ月!
娘にも話さず、家の中を片づけていましたが、周りから見たら立派な娘たちなのに、それでも心配する母心はキリがありません!母親の病名を知った時の、娘達の気持ちを想像しただけで悲しくなります。


スポンサーリンク