誰が何と言っても

「誰が何と言っても」4話・5話・6話・7話のあらすじと感想!亡き母への恋しい気持ちをこらえるピョリ

韓国ドラマ-誰が何と言っても

KBSで放送された韓国ドラマ「誰が何と言っても」4話~7話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

実母が亡くなり妹を施設に預けるしかなくなったアリ(チョン・ミナ)でしたが、妹の涙で家に連れ帰ります。
ピョリはいくつかの約束をさせられ、で暮らす事に。しかし、父親にバレないようにとハラハラするアリでしたが、一番最初に気づいたのはボラ(ナ・へミ)でした。

シェアハウスが許されたデロ(チェ・ウン)は、認知症気味の家主(ボラの祖父)を色々フォローします。

スポンサーリンク

誰が何と言っても:4話あらすじ

妹ピョリからの電話で病院に来たアリは、搬送された時には既になくなっていて心臓麻痺だったと医師に聞き驚く。霊安室で対面したアリはつい責めてしまうが、ピョリはいつも謝ってばかりだったから、歌を歌って送りたい!と言う。

一方、道の真ん中でクルマが止まってしまったボラはまたしてもデロと会い、タクシーも来ないので仕方なく局まで乗せてもらう。弁当を渡したデロは「おブスをお願い」の動画チャンネルにアクセスして感想を書いて!と頼む。
仕事が終わりスタッフにあげたボラだったが、食べてるのを見て自分も食べてみるが、とても美味しくて。

テレビ局から30個の注文が来てまたおじいさんに交渉したデロは、とうとうシェアハウスを認められ、抱きついて喜ぶ。

アリは妹と一緒に葬儀を終え遺骨も収めると、ピョリはお姉ちゃんと会わせてくれると約束したんです!と話す。アリは温かい人だった!自分は二の次で人を助けてばかりいた!天国へ行く前に居眠りしないでね!と涙をこぼす。
サウナのロッカーの荷物を持ったアリは、全部ぼろぼろじゃないの!と泣く。施設へ頼むしかないと思っていたアリだったが、手を合わせたピョリは私のお姉さんでしょう!と泣きじゃくる。

誰が何と言っても:5話あらすじ

ピョリを家に連れて来たアリは、先輩作家の娘を数日預かると嘘をつく。家に入れたアリは隣のお姉さん(ボラ)の物は触ってはいけない!と約束させる。

友人のクムスクはウォンテ(ボラの実父)が家の隣に引っ越して来た!妻は非常識な女よ!とヘシムに話す。ウォンテは自分の会社のCMにボラを起用しようとしていたのにオンライン食品のCMに決まりそうだと聞き、父親のジュンハンに頼む。

シェアハウスが決まり引っ越しをして来たデロだったが、ボラがこの家の孫だと聞き驚く。

3日ぶりに仕事へ行ったアリだったが、PDに無断欠勤だからクビだと言われ、会社を出る。川沿いの公園で酒を飲み寝てしまうが、携帯の弁償で電話したジュンスは、寝てるアリを見つけ話しかけても応答がなく病院へ連れて来る。
アリは病院のベッドで夢の中でピョリを頼むわね!と母親が出て来て飛び起きる。

ピョリはみんなといる時は笑顔を絶やさないが、ベッドに入ると母親の匂いのついたスカーフを抱きしめ寝る。しかし、帰宅したボラがベッドを覗くと、そこにいたのはサウナで会った少女だった。
姉に電話したボラは先輩の子供なんて嘘でしょう?この間、この子とサウナで会った!と話す。

誰が何と言っても:6話あらすじ

ボラはこの子はサウナで働く女性の子供だと思う!と話すが、母親はサウナにはよく母親と行くと言っていたわよ!と聞き、首を傾げる。帰宅したアリは会社をクビになった!と話すと、母親は休暇だと思いゆっくりしなさい!と言う。
アリはボラにはバレそうだし、どこか預ける場所を探さないと!と悩む。

デロはボラの母親と家主のメンスが仲が悪いとわかり、自分が買って来たふりをしてボラが持って来た湿布を渡す。

ジュンスと食事をしたボラは、彼女は?と聞くと結婚願望はない!と答える。義父なのに仲がいいんだな!姉さんもいるんだろう?と聞かれたボラは同い年だし、気むずかしい人なの!と言う。

母親が最後に会ったオクシム(ジェス)と会いに行ったアリは、母が心臓麻痺で亡くなった事、娘がいる事などをドア越しに話す。しかし、ジェスは誰の話をしてるの?と無視するが、置いて行った死亡診断書を見て涙をこぼす。

ピョリは母親の匂いがするスカーフを洗われてしまいしょんぼりして眠ると、怖い夢を見てボラに一緒に寝てと頼む。帰宅したアリにやっぱり嘘だったのね?あの子は誰の子なの?と問い詰めたボラだったが、実母の娘で私の妹だと明かす。

誰が何と言っても:7話あらすじ

話を聞いたボラはママにあの子の世話をさせる気?お父さんに話したら?と責められたアリは、しばらくは内緒にして!と頼む。

少しゆっくりしようと思っていたアリだったが、電話をよこしたソンハンPDはどうしょう!時間に間に合わない!助けて!と泣きつく。学校まで車に乗せてもらったピョリはトロットが好きなの!ママは片想いという歌が好きなの!と歌うと、ジュンハンは元妻のナンヨンがいつも歌っていた事を思い出す。

その頃、山では老婆の格好をしたジェスは、山を降りる決意をする。ピョリが携帯を忘れたと夫に聞いたヘシムは、家にあるから心配しないでと伝えて!と話し、待ち受けの写真を見てこの人がママね!とつぶやく。

病院代と携帯代は分割でお願いとメールを見たジュンスは、念書を書いてもらい利子ももらう!と電話する。

学校の前で我が子を探したジェスはピョリ!と声を掛け振り向いた少女を追い、花屋に入り声を掛けヘシムが帰って来るとそっと外に出る。

サウナにいつもの様に差し入れを持ってデロは、ナンヨンが亡くなりピョリが姉が連れて行ったと聞き驚く。

ヘシムは母親の命日でお墓へ行くのにピョリも連れて行き、突然の別れだったと告げると、ピョリも私のママも急に…と口を押さえる。
ヘシムは待ち受けの人がママなのね!と聞かれたピョリはうなずき、心臓マヒだったの!と話す。アリが姉で実父は行方不明になってから死亡届を出した!と聞いたヘシムは、可哀想に…と手を握る。

感想

あんなに泣くピョリを置いて来るなんてできないですよね。何と言っても妹ですから!
家に連れて来て良かったけど、お父さんが怖いですね。

ヘシムも知りましたが、夫の頑な態度を見たら言えないかな。母親の匂いがするスカーフを洗濯され、ピョリが落ち込むシーンは可哀想だった!
デロもナンヨンと顔見知りだったんですね。ピョリが心配で山から来たジェスですが、父親と言えず可哀相!


スポンサーリンク

RELATED POST
韓国ドラマ-誰が何と言っても 誰が何と言っても

「誰が何と言っても」48話・49話・50話・51話のあらすじと感想!またジュンハンに秘密を持つ事になるナ・へミ

2021年3月23日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「誰が何と言っても」48話~51話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 アリ(チョン・ミナ)が妊娠したと聞いても信じられ …