秘密の男

「秘密の男」103話・104話・105話【最終回】のあらすじと感想!とうとう悪党イ・チェヨンとファヨンに刑期が告げられます

韓国ドラマ-秘密の男

韓国ドラマ「秘密の男」103話~105話【最終回】までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

母親の説得を諦め海外へ行く事を決めたソジュン(イ・シガン)。しかし、またしても母親とユラ(イ・チェヨン)が犯罪を起こそうとしてる事を知り、テプン(カン・ウンタク)をかばった事で悲劇が。

裁判が始まると様々な証拠で、追い詰められたユラ達は、重い罪に!ミヌ(ソ・ウジン)と同じ白血病になったユラでしたが、ドナーが見つからず!

スポンサーリンク

秘密の男:103話あらすじ

ソジュンの胸ぐらをつかんだテプンは、お前の母親が…と言いそうになるのをぐっとこらえる。会社を去ると決めたソジュンは、君と会って愛することの方が幸せだと気づいたんだ!外国に行くが、そのうち気楽にいろいろ話そう!と言う。
あの頃と同じように楽しく食事をしてから出発したい!とソジュンに言われたユジョンは、いいわ!と微笑む。

ジュンソクが生きていたと知ったユラは、早く探して!捕まりたいの!と脅すが、病院側も情報をくれないからお手上げだ!と話す。焦るユラはテプンをどうにかして!と八つ当たりされたファヨンは、あなたのせいで財団のイメージが悪くなった!と怒る。

母親が危篤で海外から戻った元刑事チャンボムを捕まえたチョンスは、俺たちを脅そうと動画を送ったのか?と尋ね胸ぐらを掴む。
その様子をテプンと一緒に見て動画を撮ったサンテは、二人の前に現れ、動画は俺が送った!と話す。逃げるチョンスを捕まえ殴ったテプンは、なぜ母さんを殺したんだ!この野郎!と怒る。

ファヨンの所に来たテプンは、あなたの秘書はチャンボムと捕まったから、ここには来れない!と言う。そして、テプンは母は余命がなかったのに刑務所に入れられ命が奪われた!その短い時間をお前は奪ったんだ!お前も自由でいられる時間は少ないぞ!と脅すと、また頭が痛くなる。

取調べをしたサンテはファランの為に事故と偽り隠蔽した事の証拠はあがってる!と追い詰めるがチョンスは黙秘する。

一方、部屋で倒れてるテプンを見たユジョンは病院へ運ぶと、医師は脳水腫で手術を要すると告げる。しかし、テプンはもう少しで真実が明らかにされるからそれまで、手術は出来ない!ときかない。
その頃、ユジョンから行けないとメールをもらったソジュンは、がっかりで。

テプンは冤罪のまま母親の命を奪った実行犯がチョンスで、黒幕がファヨンです!その事を明かす時がきましたが、ソジュンが心配です!とウソクに手紙を書く。ファヨンの所に来たウソクは、犯罪者の母親を持ったソジュンが可哀想だ!君が犯した罪は償う様に!と帰る。

ユラはお母さんの罪を知らないのはソジュンさんだけですね!テプンの始末は私がしましょうか?と言い始める。
その頃、テプンはユラに崖から突き落とされた時にジュンソクが持っていたペン式録音機を見つける。一方、ジュンソクの病室に来て点滴に何かを入れようとしたユラの手下は、サンテ達に捕まる。

ユラは警察署の近くの横断歩道渡ろうとしていたテプン目掛け、猛スピードで車を発進させる。

秘密の男:104話あらすじ

テプンをかばい車にひかれたソンジュは、無事で良かった!ごめん…と言い意識を失う。病院へ運ばれたソンジュは手術をするが、そのまま命を落とす。
ユジョンは一緒に食事をする約束も果たせてない!と泣きじゃくる。テプンは自分を兄のように慕っていたソジュンを思い出し涙をこぼす。

葬儀が終わり息子が海外へ行く為に準備していた荷物を見たファヨンは、泣きじゃくり、ウソクは最愛の息子を亡くし、涙が止まらない。ファヨンと面会したチョルスは、理事長室の書類を整理してください!とこっそり話す。

家では指名手配になったユラから連絡が来ても、決して会うな!とデチョルは妻に命じる。一人、民宿に隠れていたユラは毛布に包まり、鼻血をふく。

家に来たテプンは彼女は本当は警察署の前にいた僕をひくはずだった!そして、亡き母親を嘘の証言で拘束させたのもユラだった!と家族に明かす。

密航を考えたユラは、お金もなく母親に泣きつき、待ち合わせ場所へ。スクジャはユラの手の甲のアザが気になるが、やつれた娘が周りをキョロキョロするのを見て胸が痛くなる。
ユラはバッグを受け取り中を見るが、中身はゴミで、サンテに手錠をかけられる。

テプンは泣くスクジャにありがとう!と声を掛けるが、ユラがあんな子になったのは私が甘やかしたからだ!あなたの家の財産を持って逃げた時、何としても止めるべきだったごめんなさい!と謝罪する。

取調べ室に入ったジュンソクは、俺がレコーダーを持っていたのはお前を警戒していたからだ!亡くなったミヌの為にも自分の罪を認めろ!と命じる。

秘密の男:105話【最終回】あらすじ

ユラと面会した両親はユミョンも私達も骨髄は一致しなかった!あなたのお金はテプンに返したから国選弁護士しかつけられない!罪を償え!と突き放されたユラは泣き叫ぶ。

一方、検事として裁判に来たテプンは、とうとう、母親の死の真相を明らかにする時が来たから裁判で!とファヨンに話す。

ソジュンのひき逃げの件を聞かれたユラは、彼を車でひいてしまったのは事故だった!と話す。テプンは本当は違う人の命を奪うはずだった!と聞かれたユラは、ファヨンの指示だった!と明かす。
ユラから共犯者だと名指しされたファヨンは否定するが、テプンを始末することができたら私があなたを守るわ!とユラに話す録音を聞かされ驚くが、それはソジュンが録音したものだった。
ファヨンはジュンソクが生きていた事で焦ったユラに、会社のイメージを失墜させると脅された!と嘘をつく。

テプンはサンヒョンを殺害し、その事実を隠すためにひき逃げに見せかけて、無実の人に罪を着せた!と話す。
当時の検事が証人として来ると、チョンスに金をもらって事実を曲げた!と明かす。しかし、チョンスは暗くて見えなくてサンヒョンさんをひいてしまった!と証言する。

偶然、亡き夫の携帯を見つけたスヒは裁判所にいるテプンに渡すが、そこにはファヨンと揉み合った末に命を落としたサンヒョンの声が入っていた。それはソジュンから託された物だ!と明かすが、手紙に罪深い母親に罪を償わせることができなかったすまない…と書かれていた。
テプンは母親の罪を知った息子の気持ちを考えた事は?と責められたファヨンは泣き叫ぶ。

テプンはユラに懲役30年と、ファヨンに無期懲役を言い渡す。そして、突然倒れたテプンは病院に運ばれ手術が始まるが、テプンはミヌの夢を見る。

刺身店をオープンさせたボンジュンは、この店の売り上げの半分を小児がん支援に寄付する!と話す。一方、白血病の治療が始まり、髪の毛が抜ける恐怖で暴れるユラだった。

ファヨンと面会したウソクだったが、明日はソジュンの遠足だから準備をしないと!と様子がおかしい。

そんな時、インタビューを受けたユミョンは、堂々とイェジンとの交際宣言し、サンテもまたミリとの結婚をウソク達に報告する。納骨堂に来たテプン達は全て解決しました!と母親に話し、ユジョンは彼には私がついていますから安心してください!と見つめる。
テプンは君は僕の大切な人だから結婚してほしい!とユジョンに指輪をはめる。

感想

長い戦いが終わった感じですね。病気になってしまったユラは少しかわいそうだったけど、これも何かの罰の様に感じます。
移植をしなければミヌが助からないとわかっていながら、自分の保身のために逃げた罰としか思えません。

ユラは自分のことしか考えていませんが、娘が病気で刑務所に入るなんて両親にしたら胸が張り裂けそうですよね。スクジャはテプンの財産を奪った時に止めていればと後悔していましたが、まさにその時の選択が良くありませんでした。

知的障害のテプンが天才的に変身したシーンはワクワクしました。そんなテプンに、絶対、母親の復讐をしてほしいと視聴者は願ったのではないでしょうか?

ファヨンは最後の最後まで粘りに粘っていましたが、たくさんの証拠があんなに出てきたら逃げられませんね。1つ疑問ですが、チョンスはなぜあんなにファヨンを庇ったのでしょうか?

ソジュンは最後の最後まで母親に罪を償わせたいと思っていましたが、叶いませんでした。息子が命を落としてもファヨンの自分が逃げきる事への執念は変わりませんでした!残念です。

二人の恋も叶って本当に良かった!


スポンサーリンク