秘密の男

「秘密の男」80話・81話・82話・83話のあらすじと感想!テプンが必死に復讐を止めても聞こうとしないオム・ヒョンギョン

韓国ドラマ-秘密の男

韓国ドラマ「秘密の男」80話~83話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

妊娠が嘘だったと知られたユラ(イ・チェヨン)は、義母の過去でソジュン(イ・シガン)を脅します。
出産歴の証拠を消す為にドンホの遺骨を消そうとしたユラ。いち早く対処したテプン(カン・ウンタク)でしたが、ユラはユジョン(オム・ヒョンギョン)が隠したと思いある行動に出ます。

妊娠疑惑を流されてもあの手この手で乗り切るユラは、義父の過去も調べ始めます。

スポンサーリンク

秘密の男:80話あらすじ

あなたのお母さんが殺人未遂をしていたなんて驚きね!これでもユジョンと結婚出来るかしらね!私の声の録音を消して!と言う。ためらうソジュンに、私は離婚だけで済むけどあなたのお母さんは刑務所に行くことになる!と脅す。

その頃、スヒのブティックに来たファヨンは水をかけられ話をすると、スヒが自分に気づいていない事を確認する。お茶をご馳走になりいろいろ質問したファヨンは、なぜ帰国したんですかと尋ねると、スヒは亡くなった夫のお墓があるから!と答える。

泥酔する息子に注意したファヨンだったが、ソジュンは母さんの大事なものってなんだ?と尋ねる。ソジュンが自分の過去を知ったことなど知らないファヨンは、スヒが会長に出会ってしまう事を恐れる。

防犯カメラから自分の声を録音したのがユジョンで、原本も持ってると確信したユラは呼び出す。打合せの中でイェジンと一緒にユラと打合せをしていたユジョンは、ソジュンに呼び出され、あいつが何を言っても信じるな!と言われる。
ユジョンが席を外しイェジンにコーヒーを頼んだユラは、そのすきに携帯を初期化してデータを消す。

ドンホの思い出が消えた!と水を掛けられたユラは、私を脅そうとするからよ!彼は妊娠が嘘だと知っても沈黙しているでしょう?と微笑む。

記者を呼びユラの出産経歴を話したユジョンだったが、証拠がないからと却下されてしまう。
テプンは出生証明書があれば、証拠になる!と話すユジョンに、ドンホを利用するならユラと同じだ!と責める。そして、ドンホの事が明らかになれば、親に捨てられたドンホの事も世間が知ることになる!と言うが、ユジョンは復讐はやめない!とテプンを突き放す。

直接、出産経験を記者に聞かれたユラは、以前から不倫の合成写真などで苦しめられてきたから信じないで下さい!と頼む。

ソジュンは、忘れられない人がいると父さんが家を出た時、母親が自殺未遂をしたが、その時、母さんの愛し方がわかった!と話す。そして、ソジュンは母さんに何があっても守ってくれよ!と父親に頼む。

ユジョンを呼び出したユラは、ドンホの納骨堂は良い所ね!でも、まだあそこにあるかしら?と微笑む。しかし、骨つぼに骨が入っていないのを見たユラは、ユジョンを捕まえて!と叫ぶ。
その頃、すぐに納骨堂に行ったユジョンは、骨つぼがないのを見てしょんぼりして帰宅するが、何者かに連れ去られる。

秘密の男:81話あらすじ

ユジョンが落とした携帯を拾ったユラは、今日は仕事が忙しくて帰れないかもしれない!と父親の携帯にメールする。

目覚めたユジョンは椅子に縛られて身動きが取れないが、ユラはドンホの遺骨はどこ?と聞く。ユジョンも遺骨をどこにやったの?と怒鳴ると、ユラは骨ツボを見せばらまいて!と男に命じると、興奮したユジョンは気絶してしまう。
ユジョンが骨ツボの事を知らないとわかったユラは、もう一度、締め上げて白状しなければ、何処か遠くに追い払って!と命じる。

一方、ファヨンは昨夜、父親と飲んだ息子に蜂蜜水を飲ませるが、後ろから抱きしめたソジュンは、世界で1番母さんが好きだ!と言う。
息子からチケットをもらいウソクに誘われ喜んだファヨンだったが、ソジュンがジスク(スヒ)の事を調べてる!と秘書に聞き焦る。ファヨンは最近、様子がおかしかったソジュンを思い出し、めまいを起こす。

母親が倒れたと聞き駆けつけたソジュンはどうか罪を償ってほしいと頼むが、ファヨンはあの人に知られたら私は生きていけない!と拒否する。そして、お父さんの事は僕に任せて!いつまでもユラに脅されるのは嫌だ!と聞いたファヨンは、ユラが暴露したとわかり怒りに震える。
帰宅したユラを殴ったファヨンは息子に話したわね!と睨むと、ユラはいつまでも隠し通せるわけはないでしょう!お父さんに知られたくないなら仲良くしましょう!と微笑む。

朝出勤したテプンは、納骨堂から持ってきた骨ツボを見つめるが、納骨堂で協力してくれた人物からユジョンが来たと聞き、電話するが出ない。その頃、ドンホの声で目覚めたユジョンは、必死で縄を解き逃げ出すがすぐに捕まってしまう。
ユジョンが休んでると聞いたテプンは家に電話するが、ユミョンは会社に行ってると言う。テプンはどこにいる?と怒鳴るが、呼び出されたユラはドンホの遺骨は?と尋ねる。

防犯カメラでタクシーの運転手と会ったテプンは、目星をつけた場所を探し回る。ユラがユジョンの始末を命じてるのを聞いたソジュンは、家を飛び出す。
ユジョンはまた眠らされてしまい、そこに来たテプンは殴り合いになり頭を殴られるが、男達はパトカーの音で逃げ出すと、テプンはユジョンに駆け寄り病院へ運ぶ。

秘密の男:82話あらすじ

テプンは薬物で意識が戻らないユジョンを心配するが、駆けつけたソジュンが何度も声を掛けると目覚める。ソジュンは探すのが遅くなってごめん!と謝ると、ユジョンは助けてくれてありがとう!とお礼を言う。
ソジュンはあいつに罪を償わせる!と言うが、公になったら会社がダメージを受けるし、私も無事だから大丈夫よ!と止める。駆けつけたユミョンは看病していたソジュンに、俺がいるから帰ってください!と帰す。

阻止されたと聞いたユラはしばらくの間、身を隠しなさい!遺骨の場所も探して!と命じるが、帰宅したソジュンに責められると、私はあなたの母親と違って殺せとは言っていない!と開き直る。
首に手をかけたソジュンはそのまま突き飛ばすと、怒ったユラは録音機を持ち義父の所へ行く。焦るソジュンと震える義母を挑発したユラは、世間話をして部屋に戻ると、DLの嫁は私だけだと言ったでしょう!とにらみつける。

夜中、病室に来たテプンはうなされてる汗を拭くが、ユジョンは朝来たソジュンが夜通しいたのかと思う。

本気で怒ったテプンは偽装妊娠の記事を流させると、またユラの事で動揺する家族だった。父親に呼ばれたソジュンは、誰かが悪意ある噂を広めただけだと話すユラを覚めた目で見る。
ウソクはとにかく産婦人科に行き証明してもらえ!と命じられたユラはわかりました!と言う。

義父の前でかばわない夫ををまた脅したユラだったが、ソジュンはあんな録音1つで俺たちを脅せると思っているのか?第一、隠し場所を見つけられないとでも?と意味深に話す。慌ててアナウンス部の机から録音機があるのを確認し安心したユラは、バッグに入れる。

一方、ユジョンと会い、ドンホの遺骨を持ってると言ったテプンは、お前にはユラは荷が重い!俺が相手するから危ないことはするな!と言う。

ユラは会社の為に院長に頼んで下さいね!と頼むが、ファヨンは何が会社のためよ!従業員を拉致しておいて!と睨む。ユラはお母さんは私の頼みを断れないでしょう!お義父さんに知られたくないでしょう!と言う。
夜、義父の前で産婦人科に一緒に行ってくださいねと頼むユラに、ソジュンは一人で行け!と睨む。

録音機を持って来たユラはまた脅すが、別の声が入っているのを聞きソジュンの仕業だとわかり、悔しがる。ソジュンはバッグに入れた!と見張っていた秘書から聞き、すり替えていたのだった。

秘密の男:83話あらすじ

ユラにバケツの水をかけ髪を掴んだファヨンは、私達をよくも脅迫してくれたわね!出て行け!と怒鳴る。そして、あなたが秘密を握ろうと偽装妊娠がバレれば誰も信じない!と言うが、ユラは録音が一つだと思わないで!コピーもある!と脅す。

その頃、記者と会い偽造した書類を渡したユラは、子供や婚家の為にも変な噂は払拭したい!と頼む。

義父がいつか誰かの写真を見ていた事を思い出したユラは、書斎でジスクの写真を探す。

優秀店に選ばれたスヒは喜ぶが、ウソクと会わせたくないファヨンは、間違いだったと嘘をつかせる。そして、ファヨンは今後の事もあるから店を辞めさせなさい!と秘書に命じる。

妊娠が本当だったと記事が出ると周りは同情するが、テプンの所へ来たユラは残念だったわね!と笑う。テプンはお前の嘘を一つ一つ剥がしてやるから覚悟しておけ!と言うと、私はやられないわよ!と帰る。
次に義父の部屋に行ったユラは、私の妊娠を望まない人はユジョンさん1人です!と涙をこぼす。会長室に呼ばれたユジョンはユラへの攻撃を責められるが、妊娠が嘘だとソジュンさんも知ってる!と話すが、ウソクは俺たち家族を仲違いさせる気だろう?むしろ金を要求しろ!と怒る。

テプンはそんなユジョンを心配し、もうソジュンから離れろ!もっと傷つく!と話すが、ユジョンは復讐が終わっても彼の気持ちに応えるつもりよ!と言う。

偶然、イェジンの母親がジスクでは?と思ったユラはブティックで名前を確認するが、スヒだと聞き似てるだけ?とがっかりする。しかし、義父が持っていた刺繍入りのハンカチを見たスヒは、自分が作ったものだと気づき不思議に思う。
その夜、久しぶりに何者かに追われる夢を見たスヒは、気分が悪い。ジスクの居場所が分かり駆けつけたのに、姿を消しがっかりした当時の事を思い出したウソクだった。

産婦人科の診断書偽造の記事を見てまた焦ったユラは、またファヨンを脅し証言させようとするが、録音のコピーなんてないくせに!と相手にされない。しかし、インターホンが鳴り家に入って来たのはジスクだった。

感想

ユラはどんどん大体になりますね!もう猫をかぶる必要もなくなったからか行動も顔つきも悪党そのものでした。
録音機を盗まれたユラは慌ててましたが、すんなりと乗り切るのですからさすがです。ドンホの写真や動画を消されたユジョンは可哀相だった。

妹として育ったユジョンにまであんなひどいことができるのですから、精神的におかしいとしか思えません。ユジョンもまた会社の事があるからなかったことにすると言っていましたが、自分の命を奪われたかもしれないのにおかしな話だと思いました。

今までは罪を逃れてきても、最後には大きな罰が待っているはず!


スポンサーリンク