あやしいパートナー

韓国ドラマ『あやしいパートナー』14~17話まで視聴してのあらすじ&感想!

韓国ドラマ-あやしいパートナー14~17話

前回の『あやしいパートナー』は
息子が夫の命を奪ったと勘違いした母親は、自首するが、実は事故だったとボンヒが突き止める。
ヒョンスへの疑惑が強まる中、偶然、ぶつかって彼の荷物を拾おうとしたボンヒは、あの時の口笛の音楽を聴いて…。

未来が見える男の予言の後、パン係長は、ヒョンスに襲われ、命を落としそうになってしまい…。
ヒョンスだと確信しても証拠がない!と悔しがる仲間達だったが、なぜか血のついた凶器がヒョンスの部屋から見つかって…。

このページでは、『あやしいパートナー』17話までのあらすじと視聴しての感想を書いています。

『あやしいパートナー』全話はこちら

『あやしいパートナー』あらすじ-全話一覧

スポンサーリンク

韓国ドラマ『あやしいパートナー』-14~17話までのあらすじ

※ネタバレが含まれます。

今回は、父親達の因縁に気づいてしまったボンヒは、別れを告げて…。

14話

バイクで逃げたヒョンスは、警察の追手から逃げられず、バイクが転倒し病院へ運ばれて。
その頃、病院では、パン係長の指が動いた!と代表が大騒ぎするが、みんなに見間違いだ!と責められる。
しかし、突然、ジウク!と名前を呼び意識が回復した係長に全員が大喜びで。

ヒョンスを車でひいた運転手を探すが、その人物が次のターゲットだったんじゃないかと推測して…。
退院したパン係長は、自分が寝てる間に、皆が枕元でいろいろ話したいことを覚えている!と笑う。
実は、枕元で捏造はしない!と彼が話すのを聞いたヨンヒが家に置いて来て…。

放火犯の再審が始まるから協力してほしいと頼まれたジウクだが、父が火災で亡くしてるから嫌だ!と言うが、実は、彼女の父親も火事で亡くしてる事を知る。
その夜、幼い時、検事長に父親が亡き者になった原因は、この男のせいだ!と写真を見せられ時の夢を見るジウクで…。

デートをしたジウクは、母と会うが、影からピザ店の社長が彼の母だと知り、逃げ出すボンヒ。
更に、勤務先にお弁当を持って来たボンヒの母親は、彼の母親とまたしても口論になる。
コインランドリーに行ったジウクは、買っていたネックレスをボンヒにつけてやり、その夜に結ばれた二人であったが、朝起きると彼女の父親の写真を目にすると、父親の命を奪った男だと知って…。

マム
マム
係長が枕元で耳にしたのは、代表は財産を全部やる!と言い、くじ担当になっても自分が全部します!とボンヒが言っていましたが、もう笑い話ですね!

15話

ボーとしながら朝食を作ったジウクだったが、とんでもない味にみんなボンヒが作ったと思って。
そんな時、ジウクは、自分の両親の事故を、調べてほしい!とパン係長に頼む。

調査結果を見たジウクは、自分の記憶どおり彼女の父に親の命を奪われた!とわかって。
ボンヒとは関係がないとわかっても涙が止まらないジウクは、朝のチューと言われても顔をそむけてしまう。
放火犯の調べをして会社へ戻り、私が何かした?と彼に尋ねるボンヒで…。

ボンヒは、ここ数日いつもと違う彼に悩むが、トラウマがあるのに事件を調べてるからだ!と慰めるウニョク。
裁判の途中、突然席を立った、母親に連絡し何かを聞こうとするが結局聞けないボンヒ。

ボンヒは、自分の父親が加害者で彼の両親が被害者だと知ってショックを受ける。
二人で、散歩し屋台で美味しい物を食べるが、ボンヒは、握っていた手を外すと別れましょう!と言って…。

マム
マム
ウニョク達が浮気未遂だったなんて驚きでしたが、ジウクは、まだ浮気されたと思ってるみたい…。

16話

彼女も事実を知ったとわかり、今まで通りでいい!と言うが、こっちが良くない!と言うジウク。
引っ越したばかりのジヘの家に来たボンヒは、しばらく世話になると寝転んで。

ここに来たら少し楽になった!と言いながらも涙が止まらないボンヒでした。
ジウクは、事務所に来たボンヒに2年契約になっているのだからそれまで働け!公私の区別をつけろ!と言う。
それでも辞めると言うボンヒに休暇をやるからとことん考えろ!と命じて…。

当時の担当検事だった検事長と会ったジウクは、自分の証言で犯人だと断定したと聞き、ショックを受ける。
ボンヒは、何度、熱を測っても37でおかしいと思いながらも寝ていたが、体温計が壊れてるとわかったジヘが、病院へ連れて来る。
ボンヒは、駆けつけた彼の顔を抱き、夢じゃなければいいのにとキスをして…。

一方、店の店員が命を奪われるところ見た少年の弁護引き受けることになったボンヒは、会社に連れてくる。
少年は、僕が話さないと犯人が逮捕されないの?とジウクに尋ねると、当時の検事長が、自分に話した事を思い出して…。

警察に行った少年は、刑事の一人を指差して犯人だと言って…。
一方、ヒョンスが入院してる病院へ向かったボンヒは、変わりない!と報告するが、振り向くとヒョンスが立っていて…。

マム
マム
何回も、彼女の父の写真を見せこの男のせいだ!とジウクに言いきかせたんですよ。

17話

ヒョンスは、僕を知っているんですか?とボンヒに尋ねるが、すぐに様々な検査が始まる。
弁護士は向いていないと話すジウクに、育ての親ヨンヒは、検事の時は、寝る時間もなく凶悪犯と戦うお前が父親と同じ目に遭うのではと心配だった!と話して。

検査を受けたヒョンスには記憶喪失の原因は見当たらないが、演じてるのかも・・と思うジウク。
病室に来たジウクに何も思い出せないから何か教えてくれませんか?弁護士だったら僕の味方ですね?と聞く言うヒョンスで…。

親と自身の命を奪おうとしたのがボンヒの父だったとウニョクへ話す。
ヒョンスの事情聴取が始まるが、自分が凶悪犯だと聞くと罪を償わなくちゃ!とうなだれる。
ウニョクと二人でヒョンスの過去を調査し始め、あるクッパ店に行くと、あの口笛と同じ曲が流れてるのを耳にするボンヒ。

自分の記憶を取り戻そうとジウクが持って来たアルバムを見たヒョンスは、ある女性を見て涙が止まらなくなる。
ヒョンスは、隙を見て刑事の服を奪い外に出るが、偶然後ろ姿を見て追いかけたユジョンは、殴られ気絶してしまう。

病室に戻ろうとしたジウクは、エスカレーターで降りてくるヒョンスを見て追いかけるが見失ってしまい…。

マム
マム
この後、病院から出たヒョンスは、付き添い人のふりをして救急車に乗って逃げたんです。

感想

ヒョンス!しぶといですね?。
初恋の人への復讐だったみたいだけど、また逃げられてしまいました!
ジウクの両親の命を奪ったのがボンヒの父親だったみたいだけど、これは、検事長の陰謀じゃない?

じゃー、犯人も幹事長?!
わかりませんが、濡れ衣の匂いがプンプンしてきました。
早く、誤解を解かないと別れてしまうかも…。


スポンサーリンク