黒薔薇の家

「黒薔薇の家」116話・117話・118話・119話のあらすじと感想!実母とシン・ダウンの感動的な親子の再開

韓国ドラマ-黒薔薇の家

韓国ドラマ「黒薔薇の家」116話~119話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

ダジン(コ・インボム)の執念で出国停止と指名手配になり逃亡するスジン(キム・ヘソン)!家宅捜査を受けたジェニー(シン・ダウン)はマンス(ソン・ドッキ)の事件が母親が仕掛けた事だと知ります。

僕を嫌いになるかもしれない!と受け取った写真を見たファジャ(ユン・ボギン)は、驚くべき真実を知る事に。今回はドラマ最大のクライマックスが見られます!

スポンサーリンク

黒薔薇の家:116話あらすじ

突然、家宅捜査にやって来た警官に、マンスの命を狙ったのが母親だと聞いたジェニーは驚く。そして、母親から連絡は?と聞かれても自首をさせなくては!と思ったジェニーはない!と嘘をつく。
警官はこれから公衆電話の捜査も始めるし、あなたの携帯も差し止めることができると話す。

ジェニーと寄りを戻そうなんて考えるなよ!とヨンマンに言われたウンソクは、彼女は一人ぼっちだ!と心配するが、彼女はきっともう僕を受け入れないだろう!と話す。

その頃、スジンは頼んだ人物が捕まり自分の事がバレたとチスに聞いても、どうにか逃げ切ってやると考えていた。しかし、息子のマンスが10年前から自分の前にいた事を思い出し、泣いてしまうスジンだった。

ドンジュはあんな母親にうんざりしながも、離れなかったのはジェニーがいたからだ!と話す。
あの子はどうしてるのかしら?と心配するファジャ。そんな時、公衆電話から電話をしたスジンは、自首を勧められても私じゃない!と言い張るが、ジェニーは今日DNA鑑定を受けてくるわ!と話す。

病院に来たジェニーはお金持ちなのになんであんな母親のところにきたの?あなたはこんな目にあわせたのはお母さんよ!と話すと、マンスの目に涙が。そこに来たファジャは私の娘を探す約束を忘れないでね!と話すとマンスはまた涙を流す。
風邪をひいてるジェニーを内科に連れて行ったファジャだったが、妊娠していると風邪のような兆候が現れる時もあると診断され驚く。

黒薔薇の家:117話あらすじ

妊娠を告げられ喜ぶファジャだったが、ジェニーは離婚したのだから私1人で育てます!この事は秘密にしてください!と頼む。DNA鑑定をして帰宅したジェニーは、ウンソクが作ったキムチでご飯を食べるが、涙が止まらない。

ベビー用品を買いに来た帰りにトリプルホテルのカフェに来たエリは、あの女の好物はここのミルクティーだからもし見かけたらすぐに通報して!と話す。顔を知らないエヨンは写真を見た後に、偶然店に来たスジンに気づきウンジ達は追いかけるが、結局、リュックを置いて逃げられる。

DNA鑑定で自分が娘じゃないと分かったジェニーは泣きじゃくる。そして病院に来ると私は娘じゃなかった!あなたに話があるから早く目を覚まして!と声を掛ける。

全財産が入ってるリュックを奪われたスジンは、寒いのに泊まるところもなく困ってしまう。お金がないからとジェニーに電話したスジンは、一人で来て!と命じるが、警察に尾行されていると知りまた電話する!と言う。
ジェニーは今日DNA鑑定をしてきた!私はどこから拾われてきた子供なの?と言われたスジンは、今度会った時に話す!と電話を切る。

刑事は尾行がバレたとガッカリするが、1人でバスに乗ったジェニーの隣にスジンが座る。

黒薔薇の家:118話あらすじ

ジェニーから携帯を奪ったスジンは、マンスからの電話に出て、悪かったわ…と謝る。二人だけで話したスジンは、船で逃げるからお金をちょうだい!と言うが、ジェニーは私の本当の親は?と尋ねる。
スジンは市場で迷子のあなたを見つけ、親も探したけど見つからなかった!と嘘をつくが、ジェニーは私にしたひどい仕打ちは許せない!と責める。スジンは今からでも一緒に親を探しましょう!ずっと幸せだったのに、マンスの計画に乗ってしまったばっかりにこんな事になったと悔しがる。
ジェニーは自分の息子の命を奪おうとしたのよ!お母さんにはお金は渡さない自首して!と迫る。結局、逃げ出したスジンを追いかけたジェニーは、警察に電話する。

家に来たエリはあの女をミルクティーの名店で見つけてリュックを奪ったのは私たちよ!お金は無いはずだからあなたを頼るはず!情捨てて必ず通報しなさい!とジェニーに命じる。そして、ところでDNA鑑定はどうだったの?と聞かれたジェニーは話さなないが、マンスが結婚しようとしたのだから娘では無いはず!でもウンソクとの縁はこれまでよ!と釘を刺す。

スジンは宿に泊まろうとするが、マンスが配ったビラを見た主人に通報され、ホームレスが集まるところでも2億ウォンの報奨金がついているのを見たホームレスに追いかけられる事に。

ジェニーは、ご飯を持って来たファジャからマンスが退院したと聞き驚く。マンスが作ったビラをウンソクに渡したドンジュは、警官よりも先に見つけそうですね!と苦笑いする。

黒薔薇の家:119話あらすじ

催眠療法を受けたジェニーはソンアお姉ちゃんからはぐれて、知らないおばさんにおんぶされてる!と言う。目が覚めたジェニーに医師は、あなたの名前はギョンアで姉の名前がソンアだと告げる。
とうとう、自分の家族がわかりソンアに電話したジェニーは、その時の状況を姉に尋ね、また電話をする!と言いながらも、倒れてしまう。ジェニーが倒れたと聞き病院に来たウンソクは、極度の貧血と過労それと妊娠を告げられるがジェニーは帰ってしまう。

偶然、病院でウンソクと会ったウンジュも妊娠の話を聞き、母親に教える。妊娠の話を聞いたダジンは復縁させられないが、養育費は払うべきだろう!と娘と話し合う。

その頃、男性用の服に着替え帽子メガネと変装したスジンは、完璧だ!とつぶやく。

マンスは、ずっと前からスジンを母親だとわかっていたが、打ち明ける事は出来なかった!とファジャに話す。ファジャはとにかく、早く回復して!と言うが、マンスはその前にギョンアの事を解決しないと!と話し始める。

マンスから受け取った写真は、自分とギョンア、もう一枚はスジンと女の子の写真を見たファジャは、ようやく事実を知る。 更に、自分とジェニーのDNA鑑定を見せられたファジャは、あなたは今までこの事実を知っていながら黙っていたわけ?と聞かれたマンスは土下座する。
ファジャはあの女のせいでひどい目に遭って、黒ばらの娘だと後指を刺されて離婚までしたのよ!ギョンアになんて酷い事を!と激怒する。

慌てて家を出たファジャは、向こうの道から歩いて来たギョンアを抱きしめる。

感想

とうとうと言うべきか、やっとと言うべきがわかりませんが、親子だと分かって良かったです。マンスに激怒したファジャでしたが、怒りに震えるとはあの状態ですね。

しかも、誘拐、虐待し娘だと名乗っていたスジンを許せる訳がありません!確かにマンスの決断一つでもっと早く親子だと分かった訳ですから、許してはもらえないでしょう!

ジェニーの妊娠が発覚しましたが、黒バラの娘じゃないとわかっても、簡単には修復は厳しいかも。


スポンサーリンク