台風の新婦

「台風の新婦」12話・13話・14話・15話のあらすじと感想!毎年法事をしていた男女が両親だと知ったパラムはショックで

韓国ドラマ-台風の新婦

韓国ドラマ「台風の新婦」12話~15話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

ベクサン(ソン・チャンミン)宅に出張メイクを頼まれたパラム(パク・ハナ)は、自分の出生の秘密を知ってしまいます。

偶然、ユニ(チ・スウォン)そっくりの女性を見たベクサンは、別人だと報告を受けても頭から離れなくて。

研究日誌を見せられたベクサンは、パラムを思い出して。

養護施設でスニョン(チェ・ヨンワン)と再会したパラムは…。

スポンサーリンク

台風の新婦:12話あらすじ

パラムの情報が得られるかと養護施設を回ってトッポギをご馳走していたスニョンは、今日も手がかりがなくがっかりするが、ソヨンとして暮らしていたパラムの写真を見逃してしまう。店の社長は今日は春風の様な人が来店するかもと占いを見せるが、やって来たのは隣に店を出したデバクだった。
二人はすぐに高校の同級生だとわかるが、俺達は悪縁だ!と睨み合う。

インタビューが終わり帰ろうとしたパラムは、法事の支度を見て懐かしく思う。遺影の前に立ったベクサンはお金のために天山花クリームの開発書を盗みに来て、イルソクに見つかり命を奪った事を思い出して。
誕生日の準備をしたからまずはパーティーをする!と言うインスンは、祖母達と口論になる。酔ったインスンは死んだのはあなたのせいだ!パラムは被害者だ!と聞いたパダは、私の誕生日のお祝いではなかったのね!とショックを受ける。

一方、デートだと思い喜んで会ったジョイだが、トクダネをやる!と言われがっかりする。話を聞いたジョイはお父さんの会社なのにいいの?と聞かれたテプンは妹の為に恥ずかしい人間にはなりたくないし、父が汚い手を使うのも見たくない!と言う。
ジョイは後継者にも興味がなく、富も名誉もいらないなんてこんな素敵な人の夢は何?と聞くが、テプンは夢なんてない!と答えて。

酔ってフラフラのインスンは、自分が殺した人の法事をするお義母さんも頭をさげるあなたもどうかしてる!ル・ブランはあの人の会社だ!と馬鹿にする。そして、遺影を手にしたインスンはイルスクさん、あなたの娘には会えましたか?と話しかけるが、携帯を忘れて戻りその話を聞いたパラムはカバンを落としてしまう。

台風の新婦:13話あらすじ

家の前で待っていたサンドゥルに身体を任せ家に入ったパラムは、恋しがっていた家族は架空のものだった!生きていると思っていた母親も死んでいたから一人ぼっちだ!と泣く。自分がデザインした羅針盤のブレスレットを手首に付けたサンドゥルは、1人じゃない!俺が羅針盤になる!2人一緒なら、道に迷うこともないし、何があっても君の手を離さない!誕生日おめでとう!と抱きしめて。

朝、二日酔いで目覚めたイルスンに、ベクサンは今まで子供のために耐えてきたがもう限界だ!もしイルソクが行帰ってきて、昔のような暮らしがしたいのか?精神病院に入りたいなら好きにしろ!と怒る。会社に来たジョイは、証言内容が具体的であっちには製品、サンプルと成分分析表もある!と話す。
ベクサンは開発者はパダだし研究日誌もある!と言うが、見せてほしいと言われたパダは機密文書だ!と拒否する。

携帯を届けに来てインスンに食事に誘われたパラムは喜んで!と腕を組むが、そこに来たパダも一緒に行く事に。食事をして契約は出来ない!と改めて断るパラムに、パダはあなたは私が開発したものと似たものを作っただけよ!と言い張る。
私が作ったマスクとどれだけ似ているか見せてほしいと言われたパダは、大企業の研究室をなめないで!素人が作ったものとは比べ物にならない!と言う。私もあなたが人のものを盗むクズとは思っていません!リニューアルを期待しています!と話す。
毎年法事をしていた人物がパラムの両親だと知ったパダは、父さんの浮気でもないのになぜあんなに苦しんでたの?と聞かれたインスンは、パラムが他人だった事がショックだったからだとごまかす。大事にしていたスカーフを首にまいたパラムは、死にたいほどその子が憎かったんですね!と言うと、インスンは今日の事は忘れてね!と帰って。

開発者に会った事を叱ったベクサンは、あっちの製品が国の許可が下りなければ販売できない!とヒントを与える。

ル・ブラン側の謝罪をした後にサロンに向かうが、ソヨンが開発者だと知ったジョイは、がんばって取材する!と張り切る。サロンに着くとサンドゥルと一緒に車に乗るソヨン(パラム)を見たテプンは、親密そうな二人の姿に驚く。
二人で両親の墓参りに来たパラムは今まで気づかなくてごめんなさい…と泣くが、サンドゥルはご両親も立派に育ったと喜んでいるはずさ!と肩を抱く。パラムは何故、今まで誰も言わなかったのかな?婚外子と偽っても隠したい事って?私たちが知らない真実が?とつぶやく。

台風の新婦:14話あらすじ

花束をもらった祖母は花なんかすぐに枯れるのにお金の無駄だ!と話すが、パラムは花の美しさには矛盾がある!弱々しい姿で香りは濃厚で小さいけど、この瞬間の幸せは永遠に記憶に残ります!と話す。ヨンジャはユニが話していた一語一句同じ言葉を話すのを聞き、私の目はごまかせないよ!とブラウスをめくるが、パラムにあるはずの星の形のホクロがなくて戸惑う。
パラムは赤の他人の法事をするなんておばあさんはいい人ですね!訳があるのですか?と聞いて。パラムが愛人の子じゃなかったのになぜお母さんは死のうとしたの?と聞かれたインスンは、私はあの子を愛したわけでも恋しかったわけでもない!あるのは罪悪感だけ!と話して。

帰宅したサンドゥルは彼女とどこに?とテプンに聞かれると、説得したけどダメだった!と嘘をつく。夕飯を食べてソヨンが帰ると、姑はあの女を家に寄せつけてはいけない!と命じても相手にされないが、奥様(ユニ)に似てる…とつぶやいて。

パラムは死んだ方が良かった!と言うパダの言葉が頭から離れず帰宅すると、父親の遺品を持って来たサンドゥルと会う。当時の新聞を見たパラムは自分が死んだ事になってい事、父親が設立して亡くなった後にベクサンが引き継いでいたと知る。

顔合わせの話を聞いたヨンジャは占い師を訪ねるが、相手側の母親が怖い!なぜ死んでいるはずなのに生きてるの?結婚したらあなたの息子に災いが起きる!と告げられる。更に、男と女の霊があなたにぶら下がっているのにそのまま帰るの?お祓いしてあげる!と言われたヨンジャは倒れそうになる。
お祓いをしてもらい髪を振り回されフラフラで帰宅したヨンジャは、この縁談は悪縁だからダメだ!と反対するが、インスンはまた占いに?あの息子を好きになってくれたのだから結婚させる!と相手にしない。

無断盗用は犯罪ですと言われたベクサンは、盗用したのはあっちだ!君は会社のために働けばいいんだ!長い間後援してやったのに生意気だ!と怒る。サンドゥルはローズパックは諦めると会長に言え!と言うが、パダは会社を手に入れる為にも諦められないから味方になって!と頼む。

ベクサンに依頼されユニそっくりの女性について調べたデグン(元刑事)は、間違いなく死んだ!と報告して。

台風の新婦:15話あらすじ

ローズパックの件で会長と会ったパラムは、予想通りこっちが盗用した!裁判にすればいい!と言い張るベクサンにがっかりで。細かく書かれた研究日誌を見たベクサンはパラムを思い出してしまうが、事故の資料を出し今までは問題を隠せていましたが、ル・ブランは自社の問題点をわかっていません!私が作ったパックを真似しても、また問題が起きるでしょう!と話す。
私のパックは真似できても根本は知らないでしょう!どう解決するか楽しみです!と立ち上がると、拍手をしたベクサンは気に入った!会社に入らないか?と誘って。パラムはあなたは父親相手に正義を貫いたから、きっと妹さんも誇らしく思うでしょう!とテプンを見つめる。
本当にスカウトを?とパダに言われたベクサンは、あの研究日誌はデータもプロセスも完璧だった!しかも相当肝が座っている大物になる人材だ!と言う。追いかけたパダはさっきの話を真に受けて会社に入るつもりじゃないでしょうね!とにらむが、パラムは興味はなかったけど、会長の提案を考えてみます!と挑発する。
そこに来たサンドゥルは会社を代表して謝罪します!と頭を下げ一緒にエレベーターに乗ると、ローズパックの販売許可を申請中だ!告訴するなら力になる!と言う。ベクサンは家族としての自覚はあるのか!と怒るが、テプンは父さんの良心を守るためにしたことだ!と笑う。

当時父親が依頼していた弁護士を見つけたサンドゥルはパラムと一緒に会うが、10年前に終結した火災事故の再捜査を依頼された!事故ではなく事件だと確信があったようだ!と聞く。一方、ユニの事が頭から離れず靴店で偶然、見かけ追いかけその女性はジョイの母親でチョン・モヨンだと知るが、あまりにも似てるので目が釘付けになったベクサンは、名前は本名ですか?と尋ねて。

父親を思い出し落ち込むサンドゥルだったが、危険だが勇気のある選択、逆に安全だけど卑怯な選択どっちを選ぶ?と聞かれたテプンは、卑怯なのは嫌だ!と拳を合わせる。

自分が育った養護施設の園長が腰を痛めたと聞き、久しぶりに訪れたパラムは、ボランティアで食事の提供に来ていたスニョンと感動の再会をする。当時の話を聞いたパラムは、突然現れたデグンに襲われ意識を失った事やもしスニョンが私を死んだと言わなければ殺されていたかもしれないと聞きショックを受ける。
スニョンは1ヵ月後に意識が戻り旅館に行ったけど、あなたはいなかった!でもこうして会えたのだから神様はいるのね!と抱き合って。

感想

スニョンと会えて良かったですが、それと同時に過酷な真実もわかってしまったパラムは可哀想だった。パックを盗んでも反対に濡れ衣を着せるあの親子は…とがっかりしますが、パラムが堂々として立ち向かった姿は良かった。
研究日誌を見たベクサンがパラムを思い出すシーンは、少し意外でした。

インスンがあの子が死んでいなければ、私が死んでいた!と話したのが印象的でした。初めて誕生のお祝いをしてもらえると喜び、裏切られたパダは可哀相だった。


スポンサーリンク

RELATED POST
韓国ドラマ-台風の新婦 台風の新婦

「台風の新婦」20話・21話・22話・23話のあらすじと感想!パク・ハナが生きていると疑いはじめたベクサン達は養護施設を回って

2023年6月23日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「台風の新婦」20話~23話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 ベクサン(ソン・チャンミン)とデグン(チャ・グァンス) …
韓国ドラマ-台風の新婦 台風の新婦

「台風の新婦」60話・61話・62話・63話のあらすじと感想!猛反対の末にテプンと結婚したパク・ハナでしたがユニが閉じ込められている場所を特定して

2023年7月21日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「台風の新婦」60話~63話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 母親がベクサンの家にいると考えたパラム(パク・ハナ)は …