台風の新婦

「台風の新婦」32話・33話・34話・35話のあらすじと感想!サンドゥルはオ・スンアから逃げる為に米国行きを決めて

韓国ドラマ-台風の新婦

韓国ドラマ「台風の新婦」32話~35話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

サンドゥル(パク・ユンジェ)を引き留める為に狂言自殺を図ったパダ(オ・スンア)でしたが、パラム(パク・ハナ)はある決断をします。ジェハ(イム・ホ)の息子を婿にはできないベクサン(ソン・チャンミン)は、サンドゥルにある提案をする事に。

パンドラの箱を開け当時の新聞を見つけたモヨン(チ・スウォン)は、インスン(チェ・スリン)を挑発して。

テプンはパラムを守る為に天山花の研究をする!と父親に話して。

スポンサーリンク

台風の新婦:32話あらすじ

男性が赤ん坊をピョルと呼ぶのを思い出したモヨンは夫の遺品の箱を手に取るが、鍵がなく開けられず断念する。あなたの胎名を聞いた事がある?と聞かれたジョイは、お父さんは人生を楽しめる様にと初めから名前を決めていたそうよ!と答える。
遺品の中の鈴の音はあなたの子供の頃のオモチャが入っているのかもと聞いたジョイは、鍵業者に頼んでみる!モヨンはママが難産で記憶を失ったから申し訳ない…と言って。

パラムは天山花の糸口を見つける為にピョルハ村に行くと言うが、サンドゥルは会長が君を注視してるから行く時は俺も一瞬に行く!と話す。一方、逃げ出したデグンがピョルハ村で天山花の開発書を探してる様だと聞いたベクサンは、自ら罠にかかったな!捕まえろ!と命じて。

パダに指輪を取られ改めて指輪を買いに来たサンドゥルだったが、同行したテプンは前の指輪もこんな感じのを選んだのか?センスがない!と呆れる。その頃、サンドゥルと行くレストラン名を聞いたダリは、プロポーズに違いない!と目を輝かせる。
サンドゥルの着ていた服にもダメ出しをし着替えさせたテプンは、とうとうパラムがプロポーズされるのか…世界一美しく輝く花嫁になれ!幸せになれ!とつぶやいて。

レストランの前まで来たサンドゥルだったが、パダが薬を飲んで自殺を図ったと電話が入り病院へ向かうと、インスンは発見が遅れていたら死んでいた!と責める。駆けつけたテプンはなぜここにいる?早くソヨンさんの所へ行け!と言うが、インスンは行ったら許さない!と叫んで。

暗くなるまで待ち店を出てサンドゥルに声をかけられパダが薬を飲んだ!と聞いたパラムは、今日は帰る!と背を向ける。病院に来たパラムはそんな愛し方しか出来ないの?と怒るが、パダは別れない限りまた薬を飲む!と暴れる。
インスンはサンドゥルと別れて!あんな子にしたのは子供の頃から愛してやれなかったからよ!他人の子を娘だと思言う差別したり目の前で自殺を図ったりしたからだ!と言って。

ようやく自分の記憶喪失に向き合う決心がついたモヨンは精神科のセラピーを受けるが、その報告を受けたベクサンは引き続き調査しろ!と命じる。

パラムはあなたと再会できて本当に幸せだった!でも、私たちのために誰かが傷つくのは嫌だから別れましょう!と言う。サンドゥルは君なしでは生きられない!やっと再会できたのに別れない!と言うが、パラムは本当にパダ姉さんが死んだら?きっと耐えられないわ!と背を向けて。

台風の新婦:33話あらすじ

病院に来て自分の気持ちは変わらない!ソヨンと結婚する!とサンドゥルに言われ窓を開けたパダは、ここから飛び降りたら死ねるわよね!死ぬほどあなたを愛してるの!と脅す。サンドゥルが帰るとインスンはこんな大がかりな芝居をしてもなびかないなら無理よ!諦めなさい!と言うが、パダは結婚するまで母さんには協力してもらう!ときかない。

サンドゥル達が別れたと聞いたテプンは驚くが、その頃、パラムは昔のトラウマで人が傷つくのは耐えられないからサンドゥルと別れる!とモヨンに泣きながら話す。翌日、サンドゥルと結婚できなければまた薬を飲むとパダが言ってると追い討ちをかけるインスンに、パラムは別れました!と言うが、辞職はしないと言われたインスンは近くにいるなら別れた事にならない!サンドゥルを潰されたくないなら離れなさい!と命じて。

朝、職場に行きパラムがピョルハ村に行ったと聞いたテプンは、父親達も向かったのに鉢合わせしたら大変だ!と自分も向かう。ピョルハ村で見つけたベクサンは、久しぶりだな!まだ清算は終わってないな!と言うが、デグンは何度も調書を偽造したり火災事件やジェハの件まで協力してきた!俺に手を出したら証拠は警察に届くことになっているから俺を手元においた方がいい!と脅す。

高台にある木の下に来たパラムは、ここに来ると頭が空っぽになる!と言った兄を思い出すが、そこに来たテプンは天山花の研究をしてると知られたら危険だ!と言う。サンドゥルとも別れたしこのままではお前を守れなくなる!と言われても関わらないで!と言われたテプンはお前はパラムだから知らんふりなんてできないと抱きしめる。
パラムはあなたが私を探しているのは知っていたけど、知らんふりしていた方がお互いのためだと思ったの!でも自分勝手だった!ごめんなさい!と謝る。苦しんでるソヨンが可哀そうでサンドゥルを呼んだモヨンは、愛し合っているのにパダの為に彼女を手放してもいいの?と聞く。

昨夜、自分の胸で泣いたパラムに心を痛めサンドゥルを呼び出し、愛し合っているのに第三者のためにソヨンさん手放してもいいの?と聞く。

村を歩き父親の声が聞こえ隠れるが、会話からまたデグンと手を組んだとわかり呆れるが、テプンは安全に研究する方法を探してみるからもう少し待って!と頼んで…。

台風の新婦:34話あらすじ

精神科に来たモヨンは最近断面的に生々しく記憶が蘇ることがあるが、これは記憶が戻る兆候なのでしょうか?と尋ねると、医師は記憶が浮かぶのはどんな時か、記憶を刺激する何かがあるのかもしれません!と話す。偶然を装い声をかけたベクサンは食事も断られ、精神科医に情報も拒否されてしまう。

パダがサンドゥルに振られて死のうとしたと聞いたベクサンは、彼はソヨンを選んだんだ!テプンの様に精神病院に行きたいのか!と怒鳴る。

別れるのは嫌だとサンドゥルに言われたパラムは、昔養母が薬を飲んで死のうとした事で大きなトラウマがある!パダが命を落としていたら…と思うと耐えられないから別れる!ときかない。

サンドゥルの気持ちを確認したベクサンは、近くにいるとパダが離れず結婚させる事になるから米国支社に行け!と命じる。米国には私も行く!とパダに言われたベクサンは行くなら止めないが、会社も遺産も全てを捨てる覚悟はあるか?と聞いて。

モヨンは愛があれば乗り越えられるから別れてはダメ!と言うが、パラムは彼に私と同じ苦しみを与えたくない!と言う。ラジオから流れる歌を聞き、同じ歌が好きだと分かったモヨンはレコードをかけようとするが、中からずっと探していた箱の鍵を発見する。

台風の新婦:35話あらすじ

箱を開け赤ん坊のおもちゃを手にしたモヨンはまた何かが頭をよぎるが、中にはパラムの両親の事故の切り抜きも入っていた。

とうとう、アメリカ行きを決めたサンドゥルは、三年間の内にパダを諦めさせる事、ソヨンの仕事に不利益をもたらさない事を条件をつける。彼女を守ってくれ!と言われたテプンは、お前の代打になる気はない!と言い放つ。
パダは私も行く!と言うと、サンドゥルは君が来たら誰も知らない所に行く!俺が逃げるのは君を愛してないからだ!と突き放して。

炎の悪夢の事を聞いたパラムは創立者だった私の両親は火災事故で亡くなった!と話すが、テプンは父親がパラムの両親を?パラムも疑ってるのか?と焦る。テプンは過去を探るのも天山花を研究するのも危険だ!と止めるが、パラムはもう戻れない道に足を踏み入れたの!私を思うなら放っておいて!と言って。

奥様会でモヨンが持っていた火災事故の新聞記事を見て、みんなが私に似ていると言うので調べてみたと聞いたインスンは、震え出す。あなたはユニさんを嫌っていると思っていたけど、本当は怖いのね!と挑発され帰宅したインスンは、あの女と会う為に提携を持ちかけたのね!と責められ、モヨンが火災事故の記事を持っていたと聞いたベクサンは動揺を隠せない。

アメリカ行きの準備を始めたサンドゥルを叱ったテプンは、俺は正面からパラムを守る!と言う。後継者を念頭に入れ天山花の研究をしたい!とテプンに聞いたベクサンは、本気度を見てから資料を渡す!と約束する。

会社提携に当たって責任者のソヨンを連れてモヨンと会い、ピョルハ村で火災事故の件を聞かれたベクサンは顔を背けて。

感想

狂言自殺を図りサンドゥルを止めても、どうにもならない事が何故、わからないのでしょうか!幸いベクサンがジェハの息子とは結婚させないと、反対してる事は良かった。
自分が命を奪った罪の意識があるだけいいですが、ベクサンは沢山の罪を犯しましたね。

パラムにはサンドゥルと自分の事だけ考えてほしいけど、本当に別れてしまうのでしょうか?モヨンの記憶が戻るのは時間の問題ですが、もし記憶が戻ったらベクサンが怖いです!


スポンサーリンク