危険な約束

「危険な約束」60話・61話・62話・63話のあらすじと感想!カン・ソンミン過去と子供の存在が明るみに

韓国ドラマ-危険な約束

韓国ドラマ「危険な約束」60話~63話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

夫婦仲が悪化する中、ジュニョク(カン・ソンミン)と女性の写真が送られてきます。

ジュニョク自身も忘れていた女性と子供が産まれ捨てられていた事実が明らかになります。
社長就任になったテイン(コ・セウォン)と財団の監査役員になったウンドン(パク・ハナ)。そんな二人が病院の理事長に立候補すると言うジュニョクをまた追い詰めます!

スポンサーリンク

危険な約束:60話あらすじ

テインは死因もうやむやにされ七人もの命を救ったマンジョンさんの事件の真相と彼の名誉を回復する事が、臓器移植財団も意味を持つことでしょう!と挨拶する。マンジョンの捜査の責任者にウンドンから任命されたジュニョクは、何も言えず固まるが、会長は検察の再捜査に協力しろ!と命じる。

会長は7年前に言いたかったことを今話しなさい!と言われたウンドンは誰よりも誠実に生きてきた父親の命が奪われ私は刑務所に入れられました!その時に話を聞いてくれたたった1人の人(テイン)と再会し、当時、尽力してくれたと聞きました!と話す。
会長は新しく設立される財団の責任者はテイン!名誉監査はウンドンだと告げる。更に韓国病院の50%のカットと財団を支援する!とテインが告げる。

ジュランに娘の荷物が入ったスーツケースを渡されたジェスクは、慰謝料ももらえず追い出される!と泣くと、ヨンシムは、いよいよ始まるわね!と涙ぐむ。

みんなで食事会をしたイルソプは、私も財団の仕事を手伝わせてください!移植を受けた者として手記を書きたいし、誰の心臓をもらったのか知りたい気もする!と話す。

ミョンヒは警備員一人の為に財団を作らせるなんてあなたは大したものね!と嫌味を言うが、ウンドンは私も会長に恩返しをしたいからジフンを誰があそこに放置したのか調べたいと思う!と話す。

ヘウォンは7年前に母親が賄賂だとも知らずもらい、仕組んだのが夫だったと知っていた?と聞かれたテインは、ああ!と答える。その話を聞いていたジュニョクはお前と離婚する!と言われビンタしたヘウォンは、離婚なんかしてやるもんか!と怒る。
ジェスクはまさか本当に離婚するの?と尋ねるが、ジュニョクは元恋人と子供の写真を持っていたのは、未練があるからだ!と難癖をつける。親子で図々しい!と言われ激怒したジェスクは、あなたは冷たい人ね!娘にした仕打ちは自分に返ってくると忘れないで!と怒鳴る。

秘書の代わりに部下がしばらく仕えると挨拶するが、ジュニョクは、テイン達より早くテスを捕まえろ!と命じる。

財団を阻止する為にでっち上げ記事を作ったジュニョクだったが、その情報を得てやって来たテインは、会長に電話する。そして、財団の責任者を引き受け韓国病院の経営権は本社に返してもらいます!と報告する。更に、脳死判定書捏造の件ではヘウォンを調査する!と告げる。

エレベーターに乗っていたヘウォンはジュニョクにとってあなたは、利用して捨てるだけのゴミだ!と言われた事を思い出すが、突然、夫と女性のツーショット写真が送られて来る。

危険な約束:61話あらすじ

財団の責任者になりヘウォンを調べる事になったと聞いたウンドンは、道で会い抱きつくが、テインも抱きしめ背中をトントンする。
テインはこれから何か起きたら俺を捨てろ!と言うが、ウンドンは何があってもあなたを信じる!と見つめる。二人の様子を見ていたヘウォンを連れ出したジフンは、心臓移植での不正をばらされたくなければ、ウンドンには何も言うな!と命じる。

ヘウォンは夫と女性のツーショット写真が気になるが、その頃、赤ん坊の写真が送られて来たジュランは、誰の子供かも知らずかわいい!と言う。

食事会が始まりなぜ財団の責任者を断ったんだと聞かれたテインは引き受けることにした!と話すと、父親はよくやった!と喜ぶ。

テインと二人で飲んでいると、心臓をお前の父親にやったと絶対に言うな!俺がここにいるのは彼女を守る為だ!と言いジフンは寝てしまう。朝、目が覚めたジフンは昨夜の事など覚えていないが、イルソプはお母さんとウンドンの側にいたいのならここに住め!とからかう。

そこに無断で家に入って来たミョンヒは、息子と会長と暮らしたいんでしょう?と侮辱すると、イルソプはこんな女と暮らしてる会長が可哀想だ!と言う。自分の建物の権利書を投げ捨てたミョンヒは、私達の前から消えて!と言うが、ジフンは俺の失踪事件を隠す為だろう?と怒鳴る。
ドゥシムは韓国病院の誰かがやったのね!と興奮するが、テインは下手に動くと証拠隠滅される!と言う。

病院へ来たグァンフンはまた問題が起きたら罷免だ!とヨングクに話し、ジュニョクにも財団の設立において総括理事としてマンジョンさんの事故の真相究明に努めろ!と命じる。そして、ヘウォンには解任ではなく停職にするが、もし脳死判定を早めた証拠がわかれば罷免だ!と言う。

ヘウォンは自分に送ってきた女性とのツーショット写真を見せ誰かがあなたを挑発しているのね!と言われたジュニョクは結婚する前の知り合いだ!と言うが、そこにまた女性や子供の写真も送られてくる。

一方、ユン・テスの実家に来たウンドンは、認知症だと思われる父親にご飯を作ると、お前に渡してくれと息子から預かったと小切手を渡される。
ミョンヒと会い小切手を見せたウンドンは、このままではお兄さんの共犯者にされますよ!と脅す。慌てて会長の所に来たミョンヒ達は仕方なくジフンを捨てたのは兄だと打ち明けるが、そこに来たテインはテスを捕まえた!と告げる。

危険な約束:62話あらすじ

テスの証言から当時、ジフンを捨てたのがヨングクだったとテインに聞いた会長は、お前も知っていたのだろう!とミョンヒを責める。
ウンドンは父親が韓国病院のオモチャを保管していたのは何かを感じていたのかも知れない!金持ちの様な服を着てる少年が山に入るのはおかしい!捨てられたのかな?と話していました!と明かす。奥様は当時は知らなかったが、最近、知った様です!と話す。

その頃、ジフンの失踪の事実をチャンウクに聞いたドゥシムは怒りに震え、夫が止めても家を出る。ミョンヒの発言を聞いたドゥシムは、母親だと言うなら、私より罪を犯した実の兄を息子の為に怒るはずだ!と責める。

ウンドンを呼びもう俺と結婚しなくていい!二人で力を合わせて奴をぶっ潰す!とジフンが言い放つ。

ジュニョクは写真の女を探せ!と秘書に命じるが、ヘウォンも人を使って女性を探させる。そんな時、ウンドンの携帯にジュニョクに遊ばれ捨てられた女がいる!とメールが入り、DNA鑑定まで添付されていた。

朝、ミョンヒはウンドンが何を言ったか知らないけど…と話し掛けるが、会長はお前は関わっていなかったと聞いてももう一緒には暮らせない!と睨む。

預かった不正ファイルを見てテイン達を呼んだ会長は、この不正はマンジョンさんの死の真相が分かったら明るみにする!と言う。そして、ウンドンには財団の監査責任者とテインに社長職と病院と会社投資に関する全権を君に委ねる!と告げる。

理事長の解任と財団の会計報告をウンドンにしろと命じられたジュニョクは怒るが、テインは嫌なら病院からも出て行け!と告げる。

納骨堂に来たウンドンは近くにジュニョクと写真に写っていた女性を見つけ驚く。同じく亡くなっていると聞いたヘウォンもやって来ると、ウンドンはDNA鑑定のコピーを渡し、なぜ私に送ってきたのかしらね?ジュニョクをつぶして欲しい人がもう1人いるのね!と微笑む。

危険な約束:63話あらすじ

ウンドンは、自分にもこんな過去があるくせに人の過去で妻を責めている!これを暴露して生きる道を探しなさい!とヘウォンに話す。秘書は女性は亡くなり男の子を出産し病院の前に捨てたが、誰かが拾った!とジュニョクに報告する。

一方、占い師はあなたの息子には子供がいる!男の子だ!と言われたジュランは驚く。

秘書からの報告で納骨堂に来たジュニョクは、すぐ近くにマンジョンも収められてるのを見て驚く。声を掛けたウンドンは私のお父さんの所へ来たわけじゃないし、誰のお参り?とジュニョクに尋ねる。

そんな時、婿に子供がいて数年前に自分が裏金を貰ったと仕組んだのもジュニョクだと聞いた母親は激怒する。
雨の中、家に来てジュニョクの胸ぐらを掴んだジェスクは、私達親子を陥れ不幸にした事は許せない!と怒る。塩をかけられても娘が受けた仕打ちは必ず返す!覚悟しなさい!と睨みつける。

社長就任のためウンドンが作ったスーツを出してあるのを見たテインは、特別な日だから着させてもらう!と言う。乾杯したウンドンはジフンとの事を社長に話さなければいけないと言うと、テインは今度の休みには一緒に過ごそう!と誘う。

翌日、スーツを着た父親の横で普段着の母親を見たテインは、僕を育ててくれたのはお母さんだからぜひ出席してほしい!と頼む。ウンドンが作った韓服をドゥシムが着たのを見たイルソプは、高貴な奥様だ!と感激し、ジフンまで来ると息子が二人いて羨ましい!と笑う。

社長室で今までお疲れ様でした!と言い、ハンカチを胸ポケットに入れたウンドンに、テインもそばにいてくれてありがとう!と手を握る。

会社に来たドゥシムを僕の母親です!ジフンに紹介された役員達は、一斉にに頭を下げる。紹介したと聞き部屋に来たミョンヒは、私が育てたのによく来れたわね!と怒ると、ドゥシムは自分の兄がした事を考えたらあなたもここには来れない立場よ!と笑顔でやり返す。

ウンチャンが遊ぶ所へ近づいたジュニョクの秘書だったが、お父さんの名前を聞いたおじさんだ!と言われ笑顔になる。しかし、姉が来て慌てて逃げるが追いかけたウンドンは、資料を送ったの?あいつに恨みが?と尋ねるが、ジフンが来るとまた逃げる。

理事長候補に息子を推薦したい!とヨングクに言われた会長は、テイン達の下で動けるならやってみろ!と言う。しかし、そこに女性との写真をネットにばらまかれたと分かったジュニョクは、添付されていたDNA鑑定書を見て驚く。
ウンドンの仕業だとやって来たジュニョクに、「私の描いた絵はこうよ!ヘウォンと一緒に自爆しなさい!」と告げる。その言葉は正にいつかジュニョク自身が以前、ウンドンに告げた言葉だった。

感想

楽しくなってきましたね!何と言ってもジュニョク自身や家族が追い詰められて行く様がドキドキします。

テインが社長になりウンドンにも権力が出来れば明らかに、形成逆転ですよ!テインがウンドンを見つめる目は、以前より熱くなりましたが、ジフンが可哀想!

ジュニョクの元カノは置いておいても子供がいた事は驚きだし、秘書が画像を送ったのかな?ジュニョクを滅ぼす資料はありがたいけど、ジュニョクの子供がウンチャンだという推測も成り立ちますが、それは嫌ですね。


スポンサーリンク