太陽の帝国

「太陽の帝国」72~75話のあらすじと感想!身分詐称がバレたオ・チャンソクは戸籍上未婚に?

韓国ドラマ-太陽の帝国

「太陽の帝国」72話~75話では、疑われてるグァンイル(チェ・ソンジェ)の為にテヤン(オ・チャンソク)の髪の毛を受け取ったテジュン(チェ・ジョンウ)!しかし、ミラン(イ・サンスク)を尾行していたジェボクに気づいたテジュンは、焦ります。親子鑑定でジョンヒ(イ・ドッキ)とグァンイルの親子鑑定が一致すると、スクヒ達はあの録音はなんだったんだ?と訳が分かりません!

身分詐称で追い詰められたテヤンは代表を退き、自分の戸籍を取り戻します。海を見ていたテヤンとシウォル(ユン・ソイ)が12年前に戻った様なシーンが見られます。

このページでは、「太陽の帝国」72話・73話・74話・75話のあらすじと感想を紹介しています。

スポンサーリンク

太陽の帝国:72話あらすじ

親子鑑定をすると約束したジョンヒは部屋を出ると、ごめんなさい!あなたの父親がした事はどうしても許せないの!とつぶやく。グァンイルは親子鑑定をどうするんだ!と父親に迫るが、テジュンも録音したのは誰だ?と考える。

親子鑑定をする為にテヤンの髪の毛を持って来い!と命じられたミランは、寝室から髪の毛を取るとジェボクに声をかけられ驚く。ミランを尾行しているジェボクが写った画像が送られて来て、窓の方を見るテジュン。

しょんぼりして会社に来たジェボクは、また会っていた!と話すが、テヤンは共犯者だから話すことがあるんだ!と言う。早く正体を明かさないと財産を奪われるぞ!と言われたテヤンは、不正ばかりのヤンジは潰して再生させる!とジェボクに話す。

親子鑑定が一致した鑑定書を見たスクヒ達は、何が起きたのか分からずパニックになる。ジェヨンは、あの録音自体が俺たちを陥れる為の罠だったんだ!と思い込むが、テジュンに病室から追い出されてしまう。

ジミンは、ママが作ったおかずが食べたい!と言うが、ドクシルはいいから食べなさい!と叱る。その様子を見たテヤンはいつもあんな態度をとっているのか?と睨むと、ドクシルは婚外子の面倒を見てるのよ!と怒る。

腹を立てたテジュンはもう約束していた子会社も渡さない!いま備えらるべき事は、名誉会長死後に備える事だ!と言う。

ジョンヒはずっと気難しい父親と一緒にいてくれてありがとう!何といっても夫がどんな人間か教えてくれた事は感謝している!とナムギョンにお礼を言う。すると、目に涙をいっぱい浮かべたナムギョンは、私に会長の看病をさせてください!とジョンヒに頼む。

ジミンを散歩に連れ出したテヤンは、公園にいたシウォルと会わせる。突然2人はこれからどうするの?僕はどこで誰と暮らすか決めなきゃ!お父さんとお母さんの間を行ったり来たりするのは嫌だ!と話す。

ウォルチョンの始末を決めたテジュンは、ナムギョンが席を外してる間に決行しろ!と命じる。シウォルは今のテジュンは崖っぷちだからお爺さまの命を狙うかもしれないから、毎日同じ時間に席を外すのを確認させれば、その時間が犯行時間になる!と言う。

罠を仕掛けたナムギョンは、警備員にドリンクを渡し眠らせ、犯行しやすいように仕向ける。医師になりすまして入った男は酸素を外し、枕を顔にあてるが、反撃され慌てて逃げる。その事で警備がなっていない!とテジュンの警備を撤退させる事に成功する。

太陽の帝国:73話あらすじ

ジョンヒは特別室に2回も侵入者が入ったのは信用出来ないから、今日からヤンジ物産が警備します!父さんは院長を信用していたのにこの様は何ですか?と責める。怒ったジョンヒは、父さんは私が守るから当てにならない警備はいらない!とテジュンに怒る。

合併取り消しの告訴で勝てる確率がゼロで、経営権の継承も出来ない!と聞いたテジュンは、テヤンはお前から全てを奪うつもりだ!とグァンイルを怒鳴る。

母親に頼まれようやく病室に来たテヤンは、会長の嫌いなテヤンが来ましたよ!早く元気になって冷麺を食べ囲碁ををしましょう!と声を掛ける。

ジミンは迎えに来たグァンイルに、おじさんに挨拶して明日帰る!と、約束する。グァンイルは、帰って来たら二度と渡さない!あいつをぶっ潰すと言う。翌日、テレビではジェームスと偽っていた過去を報道すると、ギジュンは正体を偽るしかなかった事や会長の孫ただと明かせばいい!と言う。しかし、デヤンは目的が達成するまでは秘密にするべきだ!と反対する。

太陽の帝国:74話あらすじ

グァンイルがバラしたと知ったテジュンは、訴訟を潰さなければいけない時に逆風が吹いたらどうするんだ!と叱る。

デヤンの新しい身分を作ったジェボクは、こんな日が来ると思っていた…としょんぼりする。

家に来て白髪を抜いてあげると姉の髪を抜いたスクヒは、すぐに帰る。

店に来たジェボクはテジュンの事をまだ忘れられないのか?なぜあいつと会うんだ?と尋ねるが、ミランはバカバカしい!と相手にしない。

ミランは彼とは20歳の時に会社で出会い、付き合い妊娠したが、妊娠を告げた時に彼には財閥との縁談が待っていたから捨てられた!と話す。出産したのはグァンイルか?お前たちを尾行して会話を聞いたんだ!と言う。

帰りにテジュンと会ったジェボクは、それでも人間か?お前に天罰が下るように毎日祈ってるぞ!と殴りつける。

テジュンは奴に何か知られたのか?とミランに聞くが、その父の様子を息子に見られてしまう。

おじさんの家はどうだった?と聞かれたジミンは、自分が何者か知りたくて家を出たけどやっぱり家の方が良い!とシウォルに話す。そして、わかった事は父親が誰でも僕はママの子だとわかった!だから帰ってきたんだ!と聞いたシウォルは、ジミンを抱きしめる。

ミランと一緒だった訳を聞かれたテジュンは、ジミンの事を話していたと嘘をつくが、グァンイルは不思議に思う。父親に対する不審感で、改めて会話の録音を聞いたグァンイルは、ミランが母だと確信する。

テジュンはジミンの出世も公表しよう!と言うと、ジョンヒは12年も孫として暮らして来たのよ!と怒る。

デヤンは静かな所で頭を冷やして来る!と家を出るが、テレビではサン社と株主達が訴訟の取り下げをした!と報道され、代表解任の知らせが入る。

太陽の帝国:75話あらすじ

実母がミランか?と聞かれたテジュンは、すまない!と謝るが、グァンイルはぼくの母親は一人だ!と言う。

シウォルに電話しどこなの?とか開かれたテヤンは黙って電話を切るが、無事を知らされたジョンヒは安心する。

スーツを着てミランを呼び出したジェボクは、君がテヤンの義母であってはいけないから娘達を離婚させろ!と命じる。そして、他の人の作るご飯は食べたくないから私と一緒になろう!と告白するとミランは聞かなかった事にする!と泣きながら帰る。

一方、海に来たテヤンは、頭をからっぼかにして海を見ていた!俺はユウォルに戻って一緒に12年前に戻ろうと!とシウォルを抱きしめキスをする。

シウォルはサン社の経営権を失って計画がゼロに戻ったわね!と言うが、テヤンは明日の事は明日決める!と言う。

グァンイルの部屋に来たジェミンは、黒い髪だなぁー!ジャンプーを教えてくれ!と触り髪をゲットする。

母親に食事に誘われたグァンイルは、そこに来た女性と見合いを仕組まれたとわかると、席を立つ。グァンイルは結婚しないと言い張るが、ジョンヒは愛しているなら自由にしてあげなさい!ジミンが大人の顔色を伺っているのもかわいそうだ!と説得する。

ドクシルから電話が来ると、シウォルと一緒ね!と言われたテヤンは、だからなんだ?と開き直る。

自分の住民登録表を受け取りに役所に来たテヤンは、自宅に帰るが、無視されるドクシルは別れない!不倫だ!と責める。しかしテヤンは、抹消された登録を回復させた!ユウォルは未婚だから離婚も必要ない!と言う。

感想

グァンイルがバラしてくれたおかげで、ユウォルに戻る決心ができましたね。驚いた事に独身のままでした。

12年前に戻ろうとシウォルを抱きしめたユウォルはカッコ良かった!

ドクシルが何かといえば、シウォルに嫉妬してデヤンを責める姿は醜いから、別れた方が正解です!

ジェボクがミランにプロポーズしたシーンは、意外と男らしかった!以前から気持ちはどうなのだろう?とは思っていましたけどね。


スポンサーリンク