恋人~あの日聞いた花の咲く音~(2023)

「恋人~あの日聞いた花の咲く音~」18話・19話のあらすじと感想!瀕死のジャンヒョンを必死で看病したギルチェでしたが回復すると記憶喪失になって

韓国ドラマ-恋人~あの日聞いた花の咲く音~

韓国ドラマ「恋人~あの日聞いた花の咲く音~」18話~19話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

捕虜と約束したから連れ帰りたいと頼む世子でしたが、王様の疑念は止まりません。何故か意識を失い手紙を書いたあど、世子は帰らぬ人に。

ヤンチョン(チェ・ムソン)と間違われ尋問を受けた後、運ばれたジャンヒョン(ナムグン・ミン)を見つけたギルチェ(アン・ウンジン)。ギルチェは必死で看病し、回復したジャンヒョンに異変が…。

スポンサーリンク

恋人~あの日聞いた花の咲く音~:18話あらすじ

世子は買い戻した捕虜を連れ帰りたい!と頼まれた王様は、謀反を企てていた逆賊も兵士に財力を与え心を掴んだ!お前も捕虜を買い戻し心を得た!疑われたくなければ、捕虜を連れて来るのは諦めろ!と命じる。

朝、目覚めたジャンヒョンは親分と約束した事があるから、1ヵ月ほど待っていてくれ!と話す。鍛冶場で作った指輪を渡したギルチェは、あなたの訃報を聞いてもこれを作り待っていました!指輪をくれた女人を裏切れば病にかかる呪いをかけた!と笑う。

捕虜の話はもうするな!命に背くならもう会わない!と世子に言われたジャンヒョンは、その言葉は私が言おうとしてました!もう会いません!と背を向ける。川を渡るのを許してもらい朝鮮にたどり着いた捕虜達は感無量で抱き合うが、何者かに襲われると戻るしかない捕虜達は、騙したな!とジャンヒョンを責める。

清にたどり着いたクジャムは何者かの襲撃にあい、俺たちは逃げたが兄貴はどうなったかわからない!とカクファに話す。捕虜達を逆徒だと捕らえたと聞いたチョル僧侶は、とうとう儒生達を集めろ!とヨンジュンに命じる。
王様の内官はお前達をそそのかし謀反を企てたのは誰だ?と聞かれたジャンヒョンは、ここはどこだ?お前達の黒幕は?と聞く。ヤンチョンは誰だ?と聞かれた捕虜達はこの方が川を渡り連れて来てくれた!と話すが、その頃、負傷し世子の所へ行ったリャンウムは、ジョンヒョンを助けてくれ!と頼む。
ヤンチョンに間違えられ世子の指示だろう?と言われ何度も殴られたジャンヒョンは、私は捕虜を連れ帰っただけだ!逆徒なんかじゃない!と訴えて。

ようやく目覚めたヤンチョンに、娘を亡くしたイノクは、私達を裏切ったでしょう!と掴みかかる。

王様と会った世子はあの者達は捕虜であったが朝鮮の民だ!みんなで朝鮮の歌を歌い農作業をして、いつかは故郷に帰れると望んでいたのに、逆心を持つ訳がない!と話す。あの者たちがいたから私も成長できた!私は彼らの涙と汗を見てきた!王様もそんな民達を見たら助けたいと思うはずだ!と泣くが、王様には届かない。

一方、王様の側室ソヨンの使いが来て、世子を支えていた者が捕えられたと聞いたギルチェは驚く。王宮でソヨンと会い小刀を売ったギルチェは、帰りに荷台に載せられた物からジャンヒョンにあげた指輪が転がるのを見る。

王様は儒生達を撤退させろ!と命じるが、チョルは内司獄で尋問をしないで義禁府に送り罪を明らかにして下さい!弟子達が傷つくようなことがあれば、国中の儒生達が立ち上がるだろう!と訴える。

捨てられたジャンヒョンを見たギルチェは、自分の服にも血を付け遺体のふりをして、すきをみて見張りを殴りつけて。

恋人~あの日聞いた花の咲く音~:19話あらすじ

生きてる事を確認したギルチェは、抱き抱え家まだ連れて来るが、医師は助からない…と首を横に振る。ギルチェは運ぶのに手を貸してくれた内官がこの家を知ってるから、ジャンヒョンを移動させる!と抱き抱えるが、そこに来たリャンウムが馬に乗せ走り去る。
家に来た役人達は家中を探すが見つからず、走り去った馬が入った屋敷がわかり押しかけると家からの出て来たのはヨンナンだった。中から大監まで出て来ると役人達は帰るが、ヨンナンはあなたが幸せな姿を見るのが生きがいだとジャンヒョンが言っていたからあなたを残して死ぬわけがない!と涙ぐむ。

必死で看病をするギルチェだが、ジャンヒョンは、幼い日、姉と情を通わせた下男が殴られるのを必死で止めた夢を見ていたが、その父親の顔はチャン・チョルだった。ようやく目覚めたジャンヒョンに誰ですか?と言われたギルチェはショックを受けるが、医師は脳の損傷はないが、記憶が戻るかどうかはわからない!と告げる。
誰かのおかげでいろいろ学んだ!琴を弾いたり弓を射たり、よく怪我する人がいて手当ても学んだ!と聞いたジャンヒョンは恋し慕う女人でもいたのか?と聞く。ジャンヒョンはギルチェを見てると愉快な気分になる!と見つめる。
なぜ親切にしてくれる?と聞かれたギルチェは、恩返ししたいほど感謝してるからです!と答える。何かを思い出したジャンヒョンは、私の下男の名前はサムドだったが、口笛が上手いからリャンウム(良い音)と呼んでいた!と話して。

一方、突然気を失い医師の鍼で目覚めた世子は、ジャンヒョンが生きてると聞き手紙を書き終えると、そのまま息を引き取ってしまう。泣き叫ぶ世子妻だが、訃報を聞き駆けつけた王様を睨みつける。
ジャンヒョン宛ての手紙を見つけた世子妻は、信頼してる尚宮に装飾品に忍ばせギルチェに届けさせる。世子の息子を世子に…と言う臣下にも今からウォンソに取り入るつもりか?と言い、世子妻が呪いの物を埋めたのを知っているな?と女官を尋問させる。
王様は世子妻を追放し災いの種を無くすと言うが、ヨンジュン達は証拠もない…と反対するが、女官が白状した!と告げる。世子妻は泣きながら抗議するが、余に向かって声を荒げるのか!と怒った王様は、捕虜を味方に付けてるから強気なのだ!と言い始める。
逆徒の似顔絵を見せ生きていたら必ず捕えろ!その場で命を奪ってもいい!と、命じられた役人達は必死で探す。

一人で家を出たジャンヒョンを見つけたギルチェは連れ帰るが、俺は何か罪を犯したのか?と聞く。後から抱きつき生きていてくれてありがとうと何度もお礼を言い、離れようとするジャンヒョンに私たちはこういう仲だ!と言う。
あや取りをしたり洗濯物を干すのを手伝うジャンヒョンだが、ギルチェは何度も頬にキスをして。

指輪を見せあなたと平凡な生活をして幸せに暮らしたいと思っていた!と話すが、ジャンヒョンは記憶が戻らなくても捨てないか?と聞くと、ギルチェは死んでも離れない!と言って。

臣下が王に忠誠を誓う儀式をした王様は、世子妻を追放し毒薬を飲ませ後押しする者たちを探し出し、処刑せよ!と命じる。

薬を塗ったギルチェは、こんなに傷つけて!道で会ったら髪を引っこ抜いてやる!と悪態をつく。指輪が転がり拾うとして頭が痛くなり記憶が戻ったジャンヒョンは、苦労かけた…と抱きしめて。

感想

ジャンヒョンは危なかったですね。あの時、指輪が落ちなかったら助けられなかったですし、家まで送ってくれた内官には感謝しないと!

王様はかなりおかしくなってますね。世子にまで邪念が止まりませんでしたが、世子の死因は何なのでしょう?

ジャンヒョンの記憶が戻らず、私達はこういう仲だから!と笑うギルチェには大爆笑でした。傷だらけの身体にギルチェが薬を塗るシーンは、切なかった!


スポンサーリンク

RELATED POST
韓国ドラマ-恋人~あの日聞いた花の咲く音~ 恋人~あの日聞いた花の咲く音~(2023)

「恋人~あの日聞いた花の咲く音~」12話・13話のあらすじと感想!親王の相手を必死で拒んだギルチェは自分の顔を傷つけて

2024年5月9日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「恋人~あの日聞いた花の咲く音~」12話~13話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 姿を消したギルチェ(アン・ウンジン …
韓国ドラマ-恋人~あの日聞いた花の咲く音~ 恋人~あの日聞いた花の咲く音~(2023)

「恋人~あの日聞いた花の咲く音~」8話・9話のあらすじと感想!休んでる鍛冶屋で器を作ったギルチェは商才を発揮して

2024年5月9日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「恋人~あの日聞いた花の咲く音~」8話~9話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 ギルチェ(アン・ウンジン)は、沢山履き …