世界で一番可愛い私の娘

「世界で一番可愛い私の娘」32話・33話・34話・35話のあらすじと感想!愛する彼女へ指輪をプレゼント

韓国ドラマ-世界で一番可愛い私の娘

韓国ドラマ「世界で一番可愛い私の娘」32話~35話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

二人の交際を知ったインスク(チェ・ミョンギル)は、執拗にミリ(キム・ソヨン)に留学を勧めます。
ミリが娘だとは伏せたまま、交際の事実を会長に暴露したインスク!しかし、より深い関係になったテジュ(ホン・ジョンヒョン)は、ミリに愛の証の指輪を贈ります。

どこにも出かけられないミオクのたまったストレスは爆発!とうとう、もらったお金をミソン(ユソン)に投げつけてしまいます!

スポンサーリンク

世界で一番可愛い私の娘:32話あらすじ

ミリと一緒にエステを受けたインスクは、この人は自分の力で頑張って来たの!とエステシャンに話す。そして、親子で来てる人を見てううらやましいと思っていたけど、今日実現した!次はネイルへ行きましょう!と連れ出す。

義父に呼ばれたミソンは、いつもすまない!親子の間で金の話をするなんて情けない話だ!と謝る。そして、かかってきたミオクの、電話にも出るな!と電源を切ってしまう。
妻に趣味の道具を売られるのを恐れたジンスは管理人室に預かってもらうが、帰宅した父親はお前がしっかりしないからだ!と頭を殴る。
ミソンはお金の節約に弁当を持って先輩と食べるが、今日から春休みで娘と1日過ごさなくてはいけない姑を思うと笑みがこぼれる。

朝、家まで迎えに来たテジュは、まだマンションの中だからと手をつなぐ。会社では社内恋愛がばれてしまったパク代理が別人のようにテジュに気を使う。
代表室に来たテジュは、先日、ミリと母さんの関係はどうだ?と父親に聞かれたけど何故だろう?とインスクに尋ねる。
テジュは父さんがどう思おうと母さんへの気持ちは変わらない!実は今度話たい事がある!と言うが、ミリとの交際の事だと分かっているインスクは、落ち込む。

留学を考えていたのでしょう!私が費用と生活費を出すから、行ってきなさい!と実母に言われミリは、今のままでいたい!私を離したいの?と睨む。インスクは10年も同じ会社にいたのに、知らなかったと話しても世間は娘を潜ませていたと思う!と説得する。

家を訪ねてきた秘書はミリとの関係をまだ会長に言っていない!と話すと、本当に娘だと気づかなかった!とインスクが口にする。
そんな訳はない!と言う秘書に6歳の時に別れた娘だけど、女性は大人になると変わるから気づかなかった!と言う。すると秘書は会長には食堂の娘だと報告しておきます!と約束するが、きっと近いうちにバレる!と言う。

世界で一番可愛い私の娘:33話あらすじ

実母とミリがどんな状況なのか気になるソンジャは、一度は会って育てたお礼を言ってもらう!と言うが、ミソンはやめた方がいい!と止める。

孫を見たくないミオクは何かと言い訳を見つけて外出しようとするが、夫のジョンスは嘘だと見破る。
金をもらったら身動きできなくなるから俺は反対したんだ!俺は絶対ダビンはみない!と言われたミオクは、諦めてふて寝する。しかし、バッグの中から赤い下着をダビンが見つけたのを見たジョンスは、誰に見せようとしていたのか?と呆れる。

一方、家族の事を題材に小説を書き始めたミヘはソウルへ帰る事を許されるが、家族の事をさらけ出しても面白い小説を書き、お金を稼ぐ!と張り切る。少しドライブをして帰る事にしたミヘは、久しぶりの海を見て、文学賞をもらってから9年間も遊んでいた!私を家から出してくれてありがとうございます!とウジンにお礼を言う。
ドライブをして戻り2人でバーベキューをするが、ウジンはソウルに帰っても僕が君を支えるから心配しないで!とキスしてしまう。

ミリを呼び出したインスクは、キャリアを潰されたくなければ別れて留学しなさい!と命じる。テジュは何か心配事がある様子に僕に頼って!と言うが、ミリは今日はひとりでいたいの!と帰る。

弟のオヤジバンドの練習に来たソンジャは、みんなと弁当を食べ飲んで盛り上がるが、一曲歌い涙をこぼす。一人で帰宅したソンジャは娘3人もいるのに、私の事なんて心配してくれる娘はいない!とミリに愚痴ってしまう。

世界で一番可愛い私の娘:34話あらすじ

ミオクは、朝、ダビンを送って来たミソンに今日から定時で帰って来なさい!と命じる。

別荘で取締りのパクと会ったテジュは、母親とミリの間に何があるのですか?と尋ねるが、代表に聞いてみて下さい!と言われる!

愛犬を連れ出しミヘの居場所を聞いたジェボムは急いで向かい、家の前にいたウジンを殴る。

ミオクは夕飯を食べる息子に文句を言うが、ジンスはお金を受け取ったのだから食べて行く!と開き直る。お前の性格の悪さが顔に出てると言われたミオクは帰宅したミソンに金を投げつけ、もう家政婦のようなことはしない!と怒る。

インスクは二人の関係を偶然、知ったけど上司とのスキャンダルは許されない!と反対する。テジュは必死で探ししょんぼりして帰宅するが、家の前にいたミリは携帯の電源が切れていた!と話す。

2人が別れる気がないとわかったインスクは、テジュ達が交際してると暴露する。そして、テジュが悪いのではなく綺麗な上司にひかれるのは仕方ない!彼女には留学を理由に海外へ行ってもらうから解雇して下さい!と会長に頼む。
パク取締りはミリが娘だと話すべきだ!と責めるが、インスクは貴方の娘が妊娠したそうね!と脅し、口止めする。

世界で一番可愛い私の娘:35話あらすじ

誰にも娘を預ける事が出来ないミソンは、とうとう銀行の休憩室にダビンを置くが、可哀想で涙が出てくる。
一人で遊ぶのが飽きて部屋から出て来たダビンを見た上司は、ここは託児所じゃない!と怒る。迎えに来た夫は必死でご機嫌をとるが、ミソンは無視する。

その頃、ウジンを殴り留置所に入れられたジェボムは、告訴しろ!と怒鳴るが、ミヘが頭を下げると仕方なく釈放される。ミヘはあんたが私を振ったんでしょう!私はとっても傷ついた!男性として意識する間柄にはもうなれない!と突き放すのだった。

部長であるミリが新入社員と交際してる事が問題だと指摘するインスクに、そばにいたパク取締りは、彼女はそんな女性ではない!と反論する。会長はそんな噂がたったら大変だ!と心配するが、インスクは以前出された辞表を受理してください!と会長に頼む。

一方、一夜を共にしたミリは恥ずかしくて顔を見れないが、テジュは綺麗だ!とキスをして指輪をはめ、外さないでね!僕はネックレスにした!と見せる。
会議の中でミリに声を掛けた会長は、左の薬指の指輪をじっとみつめ、広告の評判も良い!と褒める。
会社に来た会長は役員達を集め、綺麗だから近くに座れ!とミリにパワハラまがいの言葉を浴びせる。そして、綺麗になったのは恋愛でもしてるのか?と尋ねた会長に、ミリは褒め言葉だと理解します!と下を向く。

家に戻ったミヘだったが、数日、ウジンと過ごした日々が頭から離れず、ダメよ!と叫んでしまう。

感想

インスクの過去がバレるのは時間の問題ですね。
交際を知った会長がどんな行動に出るのかが怖いし、仕事上ではミリを認めていても息子との交際は認めないでしょう!でも、テジュの気持ちを変える事もできないし、指輪をはめてもらったミリは幸せそうでした。

ミオクの身勝手に振り回されるミソンは気の毒ですが、ダビンもかわいそうですよね。お母さんは手伝ってもお金を受取らないで貯金しろと言うのに!姑にはお金を要求される!と言ったミソンが印象的でした。
ミソンが働いてる事で経済的に助かってると誰もがわかってるのに、協力してくれないのは悲しいですよ!


スポンサーリンク