オー!サムグァンビラ

「オー!サムグァンビラ」24話・25話・26話・27話のあらすじと感想!秘密を隠したい会長はチョン・インファを娘から引き離す

韓国ドラマ-オー!サムグァンビラ

韓国ドラマ「オー!サムグァンビラ」24話~27話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

わざとビッチェウン(チン・ギジュ)を担当者にしてショーの服を隠したソア(ハン・ボルム)。更にナロ(チョン・ソンウ)を使って隠し子の投稿までさせ、ビッチェウンへの攻撃は続きます。

自分の過去の悪事を娘にバラされたくない会長は、スンジョン(チョン・インファ)に一人で罪を被せ、ある事を命じます。ジョンフ(チョン・ボソク)はそんなスンジョンに同情し、ある提案をする事に。

スポンサーリンク

オー!サムグァンビラ:24話あらすじ

突然、家に来たチュンソクはあの子の近くには置けないから下宿もやめて遠くへ行って!と命じるが、スンジョンは今までも事実を言えなく苦しんできました!でも、それはあなたが始めた事だ!と責める。あなたがいると不安だし言うことを聞いてくれたらビッチェウンを自分の孫どと認めるし、拒めば家から追い出す!と脅す。
拒否してもお金が入った封筒を投げつけたチュンソクを追いかけたスンジョンは、ポケットに封筒をねじ込む。

父親に電話しまた怒鳴られたジェヒだったが、サムグァンビラの人達には記憶が戻った事は黙っていよう!あそこで暮らした生活はお父さんにとっても良い時間だった!と話す。ミンジェは確かにあそこにいたお父さんは別人だった!と顔をしかめる。

一人家に置いて来た夫が心配で電話したミンジェだったが、いつもの通り横柄な態度のジョンフに、確かに記憶が戻ったようだわ!とジェヒに話す。ジェヒはしばらくはビラの人達には記憶が戻ったことを黙っていて!まだ混乱している中で良い記憶のビラに行きづらくなるのは避けたい!と話す。
その頃、大きな家でひとりぼっちのジョンフは、心の中に隙間風が吹いていると寂しそうにつぶやく。ミンジェが持って来た惣菜を捨てようとしたジョンフだったが、なぜ俺はいつもこんなに腹を立てているんだ?と落ち込むが、惣菜を食べ、美味しい!とつぶやく。

最後のチャンスとして海外合宿に行く事が決まっているヘドゥンはまだ家族にも話せず、まずは弟に話そうと大学の前までやって来る。するとトラックフードで働く弟とバルンまで見つけたヘドゥンは声を掛けると、ラフンは後で!と追い出す。
試験中なのにおかしい!と感ヘドゥンは、大学も諦めトラックフードをするのが夢だと言っていると聞き驚く。
ラフンは三浪しても大学が落ちた時に、勘違いして泣く母親と喜ぶ家族を見て、言えなくなったんだ!と明かす。そして、きっとフードトラックを買う時が来たら謝るつもりだった!と泣く。

スタイリングクラスの準備で残業しているビッチェウンに差し入れを持って来て励ました、ジェヒはマフラーを首に巻く。その様子を見たソアは、なぜビッチェウンなの?他の女と付き合ってよ!離れた方が彼女の為だし、私も壊れない!と脅す。
会社に迎えに来たジョンウォンは、こんな事が出来て嬉しい!と話すと、ビッチェウンはずっと気になっていたけど私がいなくなった時にどうして見つけられなかったの?と尋ねる。ジョンウォンは言い訳に聞こえると思うけど、当時の私は一日一日が大変な時期だった!あなたを守れなかった事を後悔してる!と謝る。

会社に復帰したジョンフは拍手で迎え入れてもらうがトイレでケチな社長は息が詰まる!と愚痴るのを聞き、ショックを受ける。

スタイリングクラスの発表は順調だったが、最後のモデルが出て来なく驚きながらも機転をきかせたビッチェウンは、ソアを呼びダウンを着せバッグを持たせどうにか切り抜ける。会長としてやって来たチュンソクは、インターンに重大な行事を任せるなんて!とジョンウォンを叱る。
同僚たちにもコネ入社、大学も出てない!と言われたビッチェウンは、私がコネ入社じゃない事はもう解決してるし、大学は出てないがデザイナーになる努力はしてきたつもりだ!と話す。しかし、SNSでは司会者のビッチェウンを褒める投稿が沢山、寄せられる。

招待されショーを見ていたスンジョンは、終わった後にビッチェウンを使った事を責めるチュンソクを見て、先日、会社からも家からも追い出す!と言った事を思い出し不安になる。

オー!サムグァンビラ:25話あらすじ

会社では、ジョンウォンの隠し子がビッチェウンだと画像と共に社内の掲示板に載ってしまう。ビッチェウンはナロの仕業かと睨みつけ、掲示板を見た同僚達に見つめられたビッチェウンは、倉庫へ行く!と席を立つ。

その頃、携帯が鳴り止まないジョンウォンは対応に追われるが、部屋に来た会長はビッチェウンのせいで嫌な予感がする!と話す。部屋に来たソアはネットニュースにも載り削除した!と報告すると、会長は留学でも何でもいいから少し遠ざけなさい!と命じる。

自分の用意していた服を隠した人がいるはずと、防犯カメラをチェックしに行ったビッチェウンは、その周辺だけカメラの故障があったと告げられる。服を探し倉庫の中やゴミまでも探し始めたビッチェウンは思わず泣いてしまうが、そこにスンジョンから今日はカッコ良かった!と心温まるメールが届く。

家を訪ねお茶をご馳走になったジョンフは元気がないスンジョンに、何か解決出来ない悩みでもあるのですか?と聞いてしまう。ひとりで抱え込まないでと言われたスンジョンは、告白するべきことがあるのにビッチェウンが傷つくのが怖くて言えなくている!と漏らすと、ジョンフは彼女はそんな弱い人間では無いから勇気を出してみては?と励ます。

家に来たファクセは会いたかった!と抱きつきバイトが休んで困っていると聞いたジョンフは、嬉しそうに着替えをして店に行ってしまう。夫がバイトに行ったと電話をもらったミンジェは、医者からも好きなことをさせろと言われているので大丈夫です!とスンジョンに話す。

現場でミンジェを見たピロンは思わず隠れるが、ジェヒの母親だと知りびっくりで。足を滑らせたミンジェを抱きとめた人物はジェヒの先輩だったが、母親だと紹介されるとお姉さんかと思った!と驚く。

倉庫で服を探していたと聞いたソアは、自分のミスを人のせいにしたいのかしら?と嫌味を言う。

ビッチェウンは掲示板に出された写真は内部の人しか取れないものだし、防犯カメラをストップさせたのは上層部でなければできない!私は全部お見通しよ!とソアをにらむ。そこに来たジョンウォンは言葉が過ぎる!何をしたいの?と叱るが、ビッチェウンは私には何もできないけど何度も陥れられていたら、罠を承知で落ちてあげても諦めていない事を伝えたかった!と話す。
話を聞いたジョンウォンは、私は相変わらずあなたを守ってやれないのね、ごめんなさい…と心の中でつぶやく。

一方、海外合宿に行くかどうか迷っていたヘドゥンだったが、自分を連れて行くのは雑用をさせるためだったと聞きショックを受ける。階段で座っていたヘドゥンと会ったジュナは、やっぱり俺たちは運命だ!と連れ出す。
モデルが急遽来れなくなり頼まれたヘドゥンは、初めてとは思えない位、自然にカメラの前に立つ。

バイトを終え帰るジョンフはみんなに挨拶して家に帰るが、ふとミンジェが躁うつ病なのを思い出し落ち込むのだった。

待ち合わせ場所で泣いていたビッチェウンに驚くジェヒだったが、誰もいないペンションに連れて来て事情を聞く。
ビッチェウンは私が現れた事で揉め事が増え母親を苦しめてるのかも?と話すが、ジェヒは天真爛漫で明るい君が台風に巻き込まれたんだ!と慰める。そして、僕だって事業を二つも潰し家も売ってどん底の時に、気が強いおでこにぶつかってから生きるのが楽しくなった!と笑う。
君は笑顔が可愛いから笑っていて!誰かの笑顔で幸せになれる自分が不思議だ!と抱きしめる。

とうとう、大学生じゃないと告白し謝るラフンの手を握ったスンジョンは、分かってる!悩んでいたのでしょう!あなたが大学よりも夢を持ってる事が誇らしいわ!と話す。スンジョンは、隠し事はつらいから何でもはなしてね!と泣きじゃくるラフンを抱きしめる。

今回の事を疑うジェヒに殴られたナロは殴り返し証拠がないだろう!と薄ら笑いをするが、自分の部屋に帰るとここから出たくない…とつぶやく。

勇気を出して!とジョンフに言われた事を思い出し悩むスンジョンだったが、そこに隠し子騒動の写真を送ったチュンソクは、また、消えろ!と脅す。

オー!サムグァンビラ:26話あらすじ

昔、子供を産んだジョンウォンは、子供をどう育てていいかわからないし何もする気にならず、自暴自棄になった。部屋に来たジョンウォンはあなたを連れて行かれたのは全部、私のせいなの!とビッチェウンを抱きしめる。
ジョンウォンは子育ての不安や夫の事に失望し、自分の事だけで精一杯だった!あなたがいなくなっても罪悪感で生きた気がしないし、こうやって出会えても守ってやれない!と抱きしめる。帰宅し二人の会話を聞いたソアは部屋に行き、ジェヒに電話しょうとするがやめナロに電話してしまう。

隠し子騒動を知り思わず電話するが、ビッチェウンは何もないわ!家も楽しくやってる!と嘘をつくと、スンジョンは実母の所へ帰ったのだから心配無用ね!とつぶやく。

ジョンウォンは朝から機嫌が悪いソアを旅行に誘うが、私の方が少し年上で姉になる!姉の恋人を奪うのはどうかしら?とビッチェウンを睨む。付き合っていれば問題だけど実際には付き合っていない!そのうち本当に付き合っていたと妄想するようになるのでは?とバカにすると、また興奮するソアだった。

ピロンの行方は分からないままだったが、ジェヒはナロが情報を得たのは刑務所の中ではないか?と疑う。まさか、こんな近くにピロンがいるとは思ってもみないジェヒは、ピロンが入れてくれたコーヒーに感動する。

一方、写真まで送って自分を刺激する会長に起こったスンジョンは、ジョンウォンに隠し子騒動の写真を送ってきて、まだビッチェウンを孫と認めていない様だ!と愚痴る。早速、母親を問い詰めたジョンウォンは、他にも何かあるんじゃない?と聞くが、チュンソクは否定しつつもビッチェウンは世に出してはいけない子だった!と話す。

一方、会社で自分の顔を見ると笑うのをやめる社員を見たジョンフは、それは自分が笑うなと言ったせいだ!と義弟に聞き、ショックを受ける。ジョンフは仕事でも家庭でも他の話なんかした事がなかった!と自分を振り返る。

ショールームでセミナーを開いてるジェヒの様子を見に来たミンジェは、また教授で息子の先輩と出会う。電話をしても教授と盛り上がるのを聞いたジョンフは、イラつく。

バルンのおごりでレストランに来て交際を申し込まれたラフンは、戸惑いながらもokする。今日から交際一日目だと映画に行くが、隣の席がなくカップルを挟む感じで座ると、そのカップルはファクセ達だった。

その頃、家族が揃って遅くなると連絡をよこし一人しかいない家に来たチュンソクは、娘につげ口をしたとスンジョンを責めるが、ジョンフに声を掛けられる。チュンソクは誰かわからない人に声をかけられ驚くが、ジョンフはジェヒの父親だと話す。

泥酔し迎えに来る?とナロに電話したソアは、あいつは前科もあるし悪い奴だから関わるな!とジェヒに言われると、私を振っておいて誰かと付き合おうとするのを止めるの?と絡む。

外回りの仕事が終わり帰ろうとしたビッチェウンは、違う店に呼び出され行くと、泣き叫んでるソアを見て驚く。

オー!サムグァンビラ:27話あらすじ

寝てしまったソアをおんぶして、車を待つが、車でやって来たナロに驚く。家に着くとナロを家に入れお茶を飲みましょう!と誘うソアは、バルコニーに連れ出す。
ソアは彼と近づくほどジェヒが関心を向けてくれる!と思うが、ナロは僕自身を見てほしい!と言う。

今日のソアの様子を聞いたジョンウォンは突然、怒り出し手がつけられなくなったんでしょう?落ち着いていたのに最近、ひどいわ!と言う。
ジェヒはビッチェウンとの交際を改めて報告すると、ジョンウォンは変な気分ね!と笑う。帰りにピロンを知ってるか?と聞かれたナロはとぼけるが、どこで調べたんだ?と動揺してしまう。

一方、すぐ帰るはずだったジョンフは自分が帰ったら会長が、何かを話そうとしているのでは?とお茶に誘われると一緒に家に入る事に。
ジョンフはここの長女とジェヒが付き合ってる!ソアが一方的にしたっていただけだ!と会長に話す。会長が帰ると今度はミンジェが来て、夫と息子が世話になったお礼だとスンジョンに花束を渡す。
帰り道、ファクセの店の前で微笑む夫を見たミンジェは、あなたは記憶喪失になってから多重人格になったんじゃない?とジョンフに話す。

映画館でのデートを目撃されたマンジョンは、同じ家に住んでいる者同士親睦をはかっただけよ!と頑なに否定するが、ファクセは不快になる。

ミンジェの家に来て暮らしぶりを見たジョンフは、自分が窮屈な生活をさせていたのかなと少し反省する。そして、さっき家に来た会長がスンジョンさんを威圧してる様に感じた!とジョンフが話すと、ミンジェも何かおかしな様子よね!と言う。
昔話になるとヒートアップしたミンジェは、あの時からあなたはスンジョンに優しかった!と怒り始める。

ボイラーが壊れ息子に直してもらったジョンフは笑顔になると、ジェヒもジェームさん!と呼んでしまう。帰りに会長がスンジョンさんを苦しめてる様な気がする!と父親に聞いたジェヒは同感だ!と言う。

朝、刑務所での健康診断の依頼のメールが届いたマンジョンは、ナロを刑務所で診断した事を思い出す。
早く家を出てジェヒの事務所でコーヒータイムをしたビッチェウンは、あなたのお父さんは性格が変わったと言うよりも、生活の中で笑うことを忘れただけなのかもしれない!と話す。そして、わざわざ隠し子の話が投稿された記事をスンジョンに送った事を聞き、今日こそ聞き出してやる!とビッチェウンが立ち上がる。

会長と会ったビッチェウンは母親に罪を着せようとしてますね!あなたが関わっているのは間違いない!と責めると、私だって最初からきちんと計画して…と口を滑らす。
ジェヒと一緒に現場に来た娘にコーヒーをご馳走したピロンは、香りも楽しんで!と笑う。実父の写真を見たビッチェウンは複雑な気持ちになるが、それはピロンがすり替えた写真だった。
ピロンは誰の写真ですか?と声を掛けると、ビッチェウンは私が恋しがっていた人…と答える。

感想

ビッチェウンは確かに孫なのに、あの会長の冷たさは何なのでしょう!ピロンが原因でしょうが、ソアと完全に差別していますね。
避けたいのは自分がスンジョンに育てさせたのを隠したいからかもしれません。ピロンがすぐ近くにいますが、このまま隠れてるつもりにも見えませんね。

サムグァンビラに来たジョンフは本当に嬉しそうでしてね。
特にファクセと一緒の時は、子供の様な姿で微笑ましく、その後に広い家にぽつんと一人でいるのは可愛そうでした。でも、会社でも自宅でも自分が嫌われてる存在だった事に向き合う姿は、辛そうでした。


スポンサーリンク

RELATED POST
韓国ドラマ-オー!サムグァンビラ オー!サムグァンビラ

「オー!サムグァンビラ」40話・41話・42話・43話のあらすじと感想!チン・ギジュは結婚式を挙げ義父との新婚生活が始まる

2021年6月14日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「オー!サムグァンビラ」40話~43話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 ジェヒ(イ・ジャンウ)の契約を阻止したソア( …
韓国ドラマ-オー!サムグァンビラ オー!サムグァンビラ

「オー!サムグァンビラ」8話・9話・10話・11話のあらすじと感想!チョン・ボソクの頼みを聞かず離婚したミンジェが自由を満喫

2021年6月9日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
KBSで放送された韓国ドラマ「オー!サムグァンビラ」8話~11話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 母親が家出をしても反省のかけ …