愛の不時着

「愛の不時着」4~5話のあらすじと感想!婚約者ソ・ジヘが現れソン・イェジン嫉妬?

韓国ドラマ-愛の不時着

「愛の不時着」4話~5話では、韓国に帰るチャンスを逃してしまったセリ(ソン・イェジン)は、またパラグライダーに乗る為に山へ向かいます。それが叶わない事だと分かり落ち込むセリに、作戦立てるジョンヒョク(ヒョンビン)。

帰国し訪ねて来た婚約者は、女性と一緒にいるジョンヒョクを見てもクールに装います。

セリの次男兄に詐欺を働き、北へ逃走して来たスンジュン(キム・ジョンヒョン)は、北にいるはずのセリを見つけます。

このページでは、「愛の不時着」4話・5話のあらすじと感想を紹介しています。

<

スポンサーリンク

4話-村に新規の女の存在がない事がバレる

船内の地下でキスをしてるジョンヒョク達を見た巡視船の船長は、もう少しで結婚するんです!と恥ずかしそうに話すセリに早く帰りなさい!と命じる。もう目の前に来てる大型船を前にしたセリは絶対帰る!と言い張るが、ジョンヒョクはこの船の船長まで巻き込む事になる!と止める。しばらくチャンスはない!と言われ腹を立てたセリは、自力で帰る為にパラグライダーを持ち山の頂上に向かう。追いかけて不審な人物を見たらすぐに容赦なく撃たれるぞ!とジョンヒョクが脅す。その頃、セリのトランシーバーで不審な電波が南と交信していた!とチョルガンが報告を受ける。

ジョンヒョクは追手が来る前に位置確認をしパラグライダーで飛ぶと、山頂に到着したチョルガン達は、交信が途絶えた!と周りを見渡す。

いつもジョンヒョクの盗聴を命じられてるマンボクは、肉でも買えとお金をもらうが、店で財布を引ったくられる。その様子を見ていたジョンヒョクは、追いかけて男たちと戦うが、マンボクも加勢して財布を取り返す。

一刻も早く帰りたいセリは、ジョンヒョクが出世すれば、いろいろと融通が効くようになると考え、大佐の奥様の誕生会へ行ってみる。プレゼントの服が却下されるのを見たセリは、今の流行に合わせアレンジし奥様を喜ばせる。

セリは庭で焼いた貝を馬鹿にしながらも食べると、美味しくてすっかりハマってしまうがジョンヒョクはそんな笑顔のセリに釘付けになってしまう。

一方、韓国ではセリの安否も分からず諦めた父親は、次男に会社を任せる決意をすると怒った長男は、以前セリに会社を任せると決まった時に、こいつは足を引っ張る為にゴシップを流そうと言ったんだぞ!と暴露する。長男のセジュンもやり返すと立ち上がった母親は、セリはまだ生きてるかもしれないからまだ諦めるのは早い!と言う。

朝、起きたセリは入れたてのコーヒーと、ジョンヒョクが作った酔い覚ましのもやしスープに感動する。お礼にポケットの中から手を出してハートの形を作るセリだが、手信号だと思い部下達にジョンヒョクは尋ねる。いつも韓国ドラマを見てるジュモクは、それはハートで好きだという気持ちを表したものだと教えると、ジョンヒョクはドキッとするのだった。

実はジョンヒョクには婚約者(ダン)がいるが、結婚の話がないのは好きじゃないからだ!と噂になっていた。駅に着いてタクシーに乗ったダンだったが、車は途中で動かなくなり歩くと、北に逃げて来たスンジュンは、女1人では危ないだろうと車に乗せてやる。

そんな時、市場で自分の会社の化粧品を見たセリは、何も知らない売り子に何が入っているのか成分表をつけて!と言う。調査していたチョルガンは、ここ何年も女性なんて入っていないと聞き、ジョンヒョクが隠していると確信する。

近所の人達と市場へ買い物へ行き迷子になってしまうセリだが、その話を聞き、ろうそくに火をつけジョンヒョクが歩き出すと、すぐに見つかる。

5話-パスポートを作り北からの脱出大作戦

向かい側から見えたロウソクを持ってるのがジョンヒョクだと分かると、安心し涙ぐむセリだった。暗い道を歩いて帰ると、さっきの登場の仕方にときめかない女性はいない!と見つめられたジョンヒョクは、婚約者がいると告白する。しかし、自分のプライドが許さないセリは、あなたに婚約者がいたら私が嫉妬するの?と笑う。

女性を送り車で来た道を戻ったスンジュン(詐欺師)は、すれ違った女性がセリにそっくりで驚く。

家の前で待っていたダンは、ウォルスク達に声を掛けられ彼の婚約者と話してしまう。女性と二人で帰ってきたジョンヒョクに驚くダンだが、彼女がいない様に振る舞い、叔父の車を取りに来た!と話す。

セリは私たちは作戦が終わったらもう会わない関係だ!と笑顔で話すが、ダンはそんな話はいい!と無視する。車に乗ったダンはあなたと会ったのは今日で7回目だけど結婚するなら恋愛をしてから結婚したいわ!と話す。

近所の人たちがたくさん集まり家に入り、飲み会が始まるが、どうもダンが婚約者だと言った事で、ジョンヒョクが二股を掛けていたと勘違いしてる様だ。

盗聴していたマンボクも人は見かけによらないなぁとつぶやくが、みんなに同情されたセリは私は織姫よ!と悲しそうな顔をする。

朝帰りをしたジョンヒョクに、昨夜すぐ帰ると言ったのにゆっくりね!と嫌味を言うが、ジョンヒョクは、陸上大会に参加の選手になりすましてヨーロッパへ逃げられる!と話す。君は補欠の枠だが、ヨーロッパへ着いたら姿を消せばいい!と話すが、その話を盗聴していたマンボクは、驚く。

パスポートを作ると言われ美容室で髪を整え、服を買いに行ったセリは、こんなにダサいのにオシャレね!と笑う。しかし、お金のないセリは質屋に来て時計を差し出すが、ブランドの価値の分からない店主に呆れる。

マンボクは盗聴では成果はないがパスポートを作るみたいだ!と報告するが、チョルガンはムヒョクの時計はどこに行ったのかな?弟(ジョンヒョク)の手に渡ったら大変だ!と言う。

朝礼の時にジュモク達がいないくチョルガンに呼び出されたと聞き、慌ててやって来たジョンヒョクは、聞きたい事があるなら俺に聞け!と怒鳴る。尋問をしたチョルガンは11課の女性が何処から来たのか話せば、お前だけは許してやる!と言うが、ウンドンは先輩達の尋問が終わってるのに僕に聞くのは情報がなかったと考え、何も知らない!と言い張る。

トラック事故の事で保衛司令部からの文書が届き、自分も呼び出された大佐はチョルガンに八つ当たりする。

マンボクの子供がいじめられてるのを見たセリはいじめっ子を追い払い、やられる前にやれ!と指導する。耳野郎と言われ子供がいじめられたと聞いたマンボクは、昔、軍内で自身もいじめられた時にジョンヒョクの兄が助けてくれた事を思い出し泣いてしまう。

チョルガンに殴られても自分を守ってくれたジュモク達にお礼をしたくても今は無一文だからとポケットに手を突っ込んだセリは、また指で作ったハートをみんなに送る。みんなは中隊長に下心があるのかと心配したが、俺たちにもハートを送るだから心配ないな!と安心するが、ジョンヒョクは面白くない。

パスポートの写真を撮りにジョンヒョクと列車に乗ったセリだったが、突然、列車が止まり10時間以上も動かないと聞き、不安になる。しかし、こんな時のために、沢山の物売りが列車に向かって走って来ると、布団や食べ物をジョンヒョクに買ってもらったセリは、あなたは将来良い夫になるわね!と笑う。

ジョンヒョクは僕にとって今の現状は、思っていた将来じゃない!と話すと。セリは私も間違えてばかりの人生で、今度も北朝鮮まで来ちゃった!と笑う。

同じ汽車に乗っていたスンジュンも外で布団に包まる。目的地に着き写真を撮ったセリは記念に一緒に写真を撮りましょう!と言うと、ジョンヒョクは記念を残す理由はない!と言う。

感想

中々、セリは韓国へ帰れませんね。でも、意外とセリが順応性があり、近所の女性達ともなじんでる所が笑えました。

セリは列車が止まり野宿するという最悪な状況でも、楽しんでしまう所が可愛いんですよ!ポケットから出すハートを部下達にもするセリに、すねるジョンヒョクも可愛かった!でも、婚約者がいて婚約して7年も経つのに、まだ何回かしか会っていないのもおかしな話です。ダンはお高い女性に見えましたが、結婚は政略結婚でしょう!


スポンサーリンク