愛の不時着

「愛の不時着」6~7話のあらすじと感想!オ・マンソクの企みでソン・イェジンに危機が迫る?

韓国ドラマ-愛の不時着

「愛の不時着」6話~7話では、スンジュン(キム・ジョンヒョン)は偶然、婚約破棄になった女性と異国の地で会い、セリを利用する。次男は北で生きていた妹にがっかりし、心配してる親達にも話しません。

セリ(ソン・イェジン)との仲を疑ったダンは、彼の気持ちを捕まえる為に結婚の日取りを決め繋ぎ止めようとします。

セリの出国を止めようとしたチョルガン(オ・マンソク)は妨害を仕掛けますが、ジョンヒョク(ヒョンビン)が体を張って阻止します。結局、飛行機に乗らず出国を諦めたセリは、輸血をしてジョンヒョクを救います。

セリと愛を確認したジョンヒョクは、婚約破棄を決めます。

このページでは、「愛の不時着」6話・7話のあらすじと感想を紹介しています。

スポンサーリンク

6話-作戦失敗?ジョンヒョクが負傷

セリを見つけ腕を掴みエレベーターへいれたスンジュンだったが、追いかけて来たジョンヒョクは、腕を締め上げる。セリは私の護衛よ!とごまかすが、スンジュンは後で会おう!と背を向ける。

どんな関係だ?と聞かれ、兄弟は全員敵なの!外国在中のあの人と結婚すれば私が出国して敵が一人減ると考えたのよ!とジョンヒョクに話す。だから、今頃はどうか姿を表すな!と思ってるはずよ!と言う。

ホテルの部屋をセリを入れたジョンヒョクは、色んな所から盗聴機を見つけると、どのホテルにもある!と言う。ジョンヒョクが女性と二人でホテルにいたと知人に聞かされ、ホテルへ足を運んだダンは今回で2回目だ!さすがに腹がたたってきた!と睨む。そして悪いと思うなら今夜、私の家族との食事に来て!と話す。

一方、男達に殴られたスンジュンは、電話をしてセヒョン(セリの二番目の兄)にセリが生きてる!と暴露する。

親達と一緒に食事をし、式の日取りを聞いたミョンウンに、ジョンヒョクの父親は来月にする!と勝手に決めてしまう。トイレで結婚の日取りが決まったと挑発されたセリは、おめでとうございます!と話す。

スンジュンと会ったセリは、もし、韓国へ戻ったら父親と会い私が無事だと伝え、計画通りに進めてと伝言を頼む。近い内にソウルへ戻ると、セリの声を聞いたセヒョンは、焦る。

結婚の日取りが決まっても、スンジュンと一緒に歩いてるのを目にし、近くにいないと安心出来ない!とジョンヒョクが怒る。

久しぶりにチキンとビールを飲んだセリは喜ぶが、初雪が降って来ると初雪を一緒に見ると恋人になるのよ!と言う。ジョンヒョクは複雑な顔をするが、セリはどうせ恋人になってはいけないわね!と顔を覗き込む。そして、私は昔から怒ったり喜んだり忙しいのよ!と言い、眠くなるともたれ掛かると、幸せだから混乱してる!と言う。

一方、妹が生きてると分かったセヒョン夫妻は、ブローカーを呼び妹を北へ移住させてくれ!と命じる。もし、北の移住が決まれば騙した金は要らないと言われたスンジュンは酷い家族だ!とつぶやく。

殺し屋を雇い泥棒の命を奪ったと尋問を受けたチョルガンは、反対に上司が賄賂で手にしたマンションの話で脅す。

別れの日が近づきみんなでピクニックに来たセリは、豚の丸焼きを作ると言われると、目が合ったから食べれない!と言う。結局、川からカニを捕まえ大満足のセリだったが、チヌが書いた詩にはわがままな厄介者!無事帰ってくれ!と聞き、お礼に歌を歌うセリだった。

送って行けない!と言われ家を出たセリは、グァンボグに送ってもらうが、途中でトラックに挟まれてしまう。その状況を予想していたジョンヒョクは、バイクを走らせ自身が盾になり助けるが、撃たれてしまう。

7話-セリとジョンヒョクの恋愛が始まる!

グァンボグも負傷してしまい運転したセリは病院へ運び、輸血すると結局、選手団はセリを置いて飛び立ってしまう。

直ぐに手術が始まり、荷物の中にあった自分の写真を目にし、泣いてしまうセリ。手術は成功し付き添ったセリは、今まで誰もしてくれなかった事を全部してくれたわね!あなたがいなくなったらと思うと怖い!と泣いてしまう。

目を覚ましたジョンヒョクはなぜ逃げなかった!と叱るが、彼女が輸血し長い間泣いていたと聞かされる。立ち上がったジョンヒョクは、今度は反対に叱られるが、そっとキスをする。

一方、ジョンヒョクが病院へ運ばれたと聞いたチョルガンは、部下に病院を探させる。病院では昨日キスをした事でまだ動揺してるジョンヒョクだったが、彼女は今度あんな状況になったらかばってはダメよ!と叱る。

家の前で彼を待っていたダンに声を掛けたスンジュンは、車に乗せ二人でククスを食べる。そして、もう少しで結婚すると聞くと、あなた達の間にはときめきが見えないのに、先に日取りを決めたらお先真っ暗だ!と言う。

ようやく病院を見つけたチョルガンは、武器などを持ち出した罪で連れていこうとするが、そこに政治局長の父親がやって来て焦って帰る。父親は息子の不祥事を叱り付けるが、母親は葬儀場でなく病院で良かった!とジョンヒョクを庇う。

そこに来たダンの母親は軍人なんて怖くて仕方ないから職業を変えて!と両親がいる前で話す。ダンと二人になり、彼女が好きだから結婚出来ない!とジョンヒョクは断る。ダンはもう少しで会えなくなると思うから、好きだと勘違いしているだけ、破談にはしない!と怒る。

スンジョンの泊まっている所へ行ったセリは、家族に生きてると話してくれた?と尋ねるが、みんな喜んでいたと聞くと嘘つきね!と怒る。寝てしまったセリは、彼が心配しているから電話を貸して!と言うが、君のせいで彼は命を狙われてる!とスンジュンが脅す。

韓国では株主を集めた父親は、娘が失踪し死亡届けを出したので後継者にセヒョンを任命する。

セリが姿を消し防犯カメラを見たジョンヒョクは、スンジュンと車に乗るのを見つけ車のナンバーを調べると、保衛司令部の捜査局が使う車だった。更に閉鎖されてるはずの招待所で使う車だと聞いたジョンヒョクは、病院から抜け出そうとするがダンと出会う。ブライダル雑誌で失踪したセリの記事を見せたダンは、説明して!と迫る。ジョンヒョクは、愛する人が亡くなった悲しみを知ってるつもりだ!家族の元へ返してやりたい!とダンに話す。

感想

チョルガンの陰謀に巻き込まれてしまいましたね。やっとソウルへ帰れるはずだったのに、残念!幸いジョンヒョクには偉い父親がいるから助かったけど、チョルガンはまた襲いそう!

セリの兄弟は妹の心配よりも、後継者争いが減って良かったと思ってるみたい。スンジュンは結婚候補だったんですね。いくら愛人の子供だとしても人の死を喜ぶ兄弟がいるのは悲しいですね。

ダンの嫉妬は愛からでしょうか?それともプライドでしょうか?どっちかにしろ数回しか会っていない人との結婚ですから、実感はないでしょうね。結婚の日取りも決まってしまったけど、ジョンヒョクが結婚できないと言ったシーンはカッコ良かった!


スポンサーリンク