ポッサム-運命を盗む

「ポッサム-運命を盗む」16話・17話のあらすじと感想!無事帰宅したバウは家族と感動の再会しそこにいたフラムに驚愕

韓国ドラマ-ポッサム-運命を盗む

韓国ドラマ「ポッサム-運命を盗む」16話~17話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

バウ(チョン・イル)が戻った事で肩身が狭くなったフナム(ソン・ソンユン)は、ファイン(ユリ)の居場所を暴露すると墓穴を掘る事に。
家に来たイチョム(イ・ジェヨン)の前に立ちはだかったファインの、堂々とした姿が見られます。それでも執拗にファインの命を奪おうとして、王様にも釘を刺されても諦めないイチョム。更に、謀反の賛成者を集めサインをさせます。

スポンサーリンク

ポッサム:16話あらすじ

洗濯物を投げつけるのを見て睨みつけるチョ和尚宮に、フナムは無礼な使用人ね!と蹴飛ばす。ファインはあなたも使用人だった事があるなら、見下される悔しさは分かるはずだ!と怒る。
その様子を見ていたヨノクは、あなたと違って気品があるから、驚いたでしょう?王様の親戚の家に仕えていたみたいよ!と話す。

一方、捕まったバウ達はイチョムの書信を持っていながら、なぜ明の格好をしてる?と聞かれると、デヨプは自分がイチョムの息子だ!彼を解放して俺を殺せ!と話す。解放されたバウはデヨプの解放も頼むが、お前の命を奪えと書信を書いた者の息子だぞ!と話す。
バウは王様には戦う気がないのに、反対していたイチョムが書信を書いた!と明かす。バウは王様なんて何がいいかわからない!王宮からは出れないし、何かあったら王のせいにされる!と本音を漏らすと、王様はそうだな!と笑う。
バウは疲れからか、居眠りまで始めてしまうと、王様は寝かせてやれ!とジョンヨンに命じる。

王宮に戻り自分宛の書信を受け取ったイチョムは、ワナワナと怒りに震える。兄は弟の話を聞きながらも信じないが、イチョムは負傷してるドヨプに休め!と命じる。

ようやく帰宅しお帰りなさい!と出迎えられたバウは、心配させてすまなかった!と謝る。ファインはお疲れ様!生きて帰る約束を守ってくれてありがとうございました!と涙をこぼすが、バウはそなたがいるから生きて帰って来れた!と抱きしめる。

元妻が来て奥様気取りだと聞いたバウは、無理矢理追い出そうとするが、フナムはここに姫がいるとバラすわよ!と脅す。母親は嘘の身分証を信じ、チャドルの実母なのだからこのまま夫婦でいろと話すが、バウはファインは王様の娘だ!と明かす。
イチョムとの悪縁を繰り返したくないから、二人を追い出せ!と母親に言われたバウは、彼女を愛してる!と明かす。

妹はお母さん!いびった事を覚えてる?と聞くと、母親は少しだけだ!とうつむく。結局、追い出す事も出来ず、物置部屋に入れられたフナムだった。
父親が帰って来て喜ぶチャドルだったが、実母の話をしたいとわかったバウは、わかってる!と頭を撫でる。チャドルは両班になってもお父さんとは寝れないからつまらない!と言うと、バウは布団を被せて遊ぶ。

実母と一緒に暮らしてると聞き家に来たデヨプは、何かあったら私を頼ってほしい!とファインを見つめる。家に来た和尚様は洞窟に入れて人の道を説いてやる!と話すが、その話を聞いたフナムは金目の物を盗み、家を出る。
その足でイチョムと会い、姫がバウの家にいると暴露するが、イチョムは口の軽い女だ始末しろ!と手下に命じる。帰宅したデヨプと鉢合わせしたフナムは、せっかく姫がいる所を教えてやったのに!と叫ぶ。
イチョムは手下を連れて家の前まで行くと、門を開けたファインは、お久しぶりです!と頭を下げる。

ポッサム:17話あらすじ

左議政様!と呼ばれムッとされたファインは、私の葬儀はもう終わってます!と言われたイチョムは、ずいぶん変わったな!とにらむ。
一緒に来た長男のウォンヨプは刀を抜くが、駆けつけたバウが止め、更に、民達も集まるとファインはこの場で斬るか、帰って下さい!と言う。いつもこの時間に米をもらいに来る民は、ありがとう!と帰るが、義母はあいつらはあなたがいなくても、私たちに危害を加える為に来たかもしれない!と話す。

一旦家に帰り王様に呼ばれたイチョムは、今夜中にファインの命を奪え!と命じる。
イチョムに狙われるのを予想し家を出て追いつかれた家族は、戦うバウの姿を見て怯えるが、そこに来たデヨプが加勢する。更にお付きの者達と現れた王様を見たテチョル達は、逃げ出す。

無謀にもイチョムと対面したファイン達に、王様は娘を守ると言ったではないか!とバウを叱る。ファインは私を心配ならなぜイチョムをそのままにしておくのですか?と尋ねると、王様は今も兵の数が多く危険人物だからだ!と答える。
ファインは何の罪もないのに罪人のように生きて死ぬより、バウ様の妻になり平凡に行きたい!私はあの人を心から愛しています!と王様に頼む。王様はファインを必ず守れよ!と帰ると、次にイチョムに会いに行く。

病気だと仮病を使うイチョムにふすま越しに話した王様は、今日バウの家に行っと聞いたが、二度と行くな!一度だけ不問にふす!と言う。
王様は父親の言うことを聞くだけが孝行ではないぞ!正しい道へ導くことも孝行だ!とデヨプを諭す。そして、帰り際にお前はファインと父親のどちらを選ぶ?今度会う時まで考えておけ!と帰るが、イチョムは予定通りに実行しろ!と長男に命じる。

そんな時、王様に抗議した民は、無理矢理王宮に入ろうとして捕まる。更に、先代王をゲシと共に毒を飲ませて命を奪ったなどの、王様の悪口を書いた貼り紙が貼られる。
激怒した王様はお前の父親じゃないという証拠を持って来い!とデヨプの首をつかむ。

一緒に散歩しファインだけは諦められない!と目にいっぱい涙をためて話すデヨプを見た叔母(サンウォン)は、胸を痛める。

一方、大北派を家に呼び王座を奪う相談をしたイチョムだったが!バウは隠してあった銃を見てしまう。報告を受けたゲシは、最近大北派の会合が頻繁に行われてる様だな!謀反でも企てるつもりか?とイチョムに尋ねる。

イチョム同様秘密を持つゲシは、身分回復を取り消しファインを返す条件で、ある提案をする。

家族が元気だと手紙まで持って来てくれたチュンベに、チョ尚宮は涙が止まらない。
チョ尚宮が父親の祭祀の準備をして待っていてくれチュンベは、泣きながらお参りしプロポーズをする。俺は真剣だ!目を見ろ!と言われたチョ和尚宮は自分からキスをする。

とうとう謀反決行の為に名前と母印を押した仲間に、イチョムは微笑む。一方、突然、家を訪ねて来たデヨプは、父親の事は私に任せてくれ!とバウに話す。
父親の書斎を探ったデヨプは、仲間達が書いた約束の書を盗むが、兄と長男に見つかってしまう。突然、イチョムは、あなたは私の子供ではなく先代王の臨海君様の息子です!とひざまずく。

感想

イチョムが悪さしても王様が手を出せないのは、兵を多く所有しているからなんですね。王様が一番だと思っていたのに、結局、王様よりも力を持つのを許してはいけなかったのです。
ファインも不思議に思っていたんですね。
バウの留守に現れたフナムは強烈で、ファインをいじめられチョ尚宮が悔しそうに睨む顔が印象的でした。実母が居なくなって良かったけど、簡単にファインと結婚とはいかないのは残念です。

家に押し掛けたイチョムの前に堂々と出たファインは、カッコ良かった!嫁の時は黙って従ってるだけだったから、イチョムも驚いたでしょう!


スポンサーリンク

RELATED POST
韓国ドラマ-ポッサム-運命を盗む ポッサム-運命を盗む

「ポッサム-運命を盗む」18話・19話・20話【最終回】のあらすじと感想!実父の命をイチョムが奪った真実をシン・ヒョンスが知ります

2021年11月23日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「ポッサム-運命を盗む」18話~20話【最終回】までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 バウ(チョン・イル)とファイン(ユ …