秘密の男

「秘密の男」56話・57話・58話・59話のあらすじと感想!カン・ウンタクに揺さぶられ焦ったユラはドンホを出国させる事に

韓国ドラマ-秘密の男

韓国ドラマ「秘密の男」56話~59話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

攻撃するテプン(カン・ウンタク)と反撃するユラ(イ・チェヨン)との攻防が見られます!

ソジュン(イ・シガン)に偽父親を見られ、ソウルにとどまっていた事に焦るユラ。切り抜けたと思ったユラでしたが、テプンにより自分の結婚写真やミヌの出生届けなど容赦ないテプンの攻撃が!

ミヌ(ドンホ)の存在が不安なユラは、恐ろしい事を母親に命じます。

スポンサーリンク

秘密の男:56話あらすじ

偽親が来ると知ったテプンは、先日食事に招待されたお礼に、デチョルに健康ベッドを届けてもらう。寝室にある結婚写真を見て娘の家だと気づいたデチョルは、慌てて帰ろうとするが、帰宅したユラと鉢合わせしてしまう。
偶然、来た偽父にお父さん!と呼ぶユラに、心を痛めるデチョルだった。

食事が始まると偽父は忙しくてすぐ帰ると話すが、ソジュンは前日、子供と一緒に歩いているのを見かけたと話すと、ユラはすかさずフォローする。
父親を送るふりをして店に来たユラは、何故、来たの?と責められた父親は、商品を届けに行った!と話す。依頼人がミニョクだと聞いたユラは、なぜあの店に頼んだの?と聞くとテプンはあの店に頼んではいけない訳は?ととぼける。

家庭の事情でユジョンが会社を辞めると聞きユラと会ったソジュンは、君のせいで辞めるとしても俺は退職願いを受理しないからな!と睨む。

ユジョンとの写真を見せ、退職を認めない夫を説得して!と脅すユラだったが、テプンは自分との結婚式の写真を突きつけ、あなたは結婚は初めてじゃなかったんですね!とやり返す。言葉も出ないユラに、テプンはこの写真に比べたら俺たちの写真は何でもない!と帰る。

オーディションが合格しスーツを着たユミョンは、刺身店に来て昔の事は償えることではないけど、絶対イェジンさんを幸せにするので交際を認めてくださいと頼む。そこに買い物から帰ったポンジュンは、ユミョンを見ると甥だと告げる。

自分の結婚式の写真をミニョクに渡した?と聞かれたユジョンは、知らない!と答える。ユジョンは正体がバレたら大変だ!と心配するが、テプンはこの写真があれば脅されないし、会社で事故の真実を明かす!と話す。
次の手段に出たユラはベッドでの合成写真の記事を自ら流すと、同情した家族は、ひどい人がいるわね!と慰める。泣く芝居をして部屋に戻ったユラは、これであの写真が出ても合成だと言える!とつぶやく。

写真を見ていたドンホはスーパーヒーローのおじさんだ!とテプンを指差し、いつもプレゼントやおいしいものをご馳走してくれるんだ!と話す。
幼稚園で父の日に来た人物の名前を聞き会社にきたデチョルは、サインをもらうのを忘れた!と話す。秘書にサインをもらったデチョルだったが、会社を出ようとしたテプンにデチョルが声を掛ける。

秘密の男:57話あらすじ

声をかけられたテプンは一瞬固まるが、人違いですよ!僕の名前はミニョクです!ととぼけるが、デチョルはいやこんなに似ているのに他人なわけがない!ときかない。偶然、父親を見たユジョンは私も初めはそっくりで驚いたけど、テプンさんじゃなかった!ドンホの幼稚園に行ったのも私が頼んだの!と嘘をつく。

翌日、また会社に来たデチョルは再度確認するが、テプンはその男性は脳に障害を持っていて普通の成人男性ではないと聞きました!もう会社に来ないでください!と丁重に出て行ってもらう。しかし、テプンなら階段から落ちた時の傷がおでこにあるはずだから、見せてほしい!と頼むが、結局、傷は確認できず、ようやく別人だと納得するのだった。

たいやき屋の前で車を止めたテプンは、久しぶりにたい焼きを食べませんか?と会長に話すと、自分が買ってくると車を降りたユラだったが、その店主は偽父親だった。用事ができたとまた戻ったユラは韓国を離れろと言ったでしょう!と責めるが、偽父はもらったお金は妻の治療費で消えてしまった!と話す。
アメリカの歯科医のはずがこんな所で商売をしていては困るからソウルから出て!とたい焼きを叩きつける。偽医師の所へ来たテプンは、どんな嘘をつけと言われたのかと確認し、ソウルから引っ越したほうがいいとお金を渡す。

優秀社員証を獲得しボーナスをもらったユジョンは、会社を辞めるのにもらっていいのかしら…とソジュンに話す。ソジュンは君ががんばった成果だから関係ない!お祝いに食事をするか?と誘うが断られ、がっかりで。

ユラが偽ってるスタンフォード大学の同窓会の司会を断ったと聞いたテプンは、ソジュンを夕食に誘い、友人を会わせる。友人は先日、電話をした者です!同じ大学にいたのに顔を合わせたことがないなんて不思議ですね!と話すとユラの顔が曇る。

しかし、テプンがトイレに行ってる間に大学の話で盛り上がるユラに、友人は会員登録をしてると人脈も広がるし、有名議員の息子もいる!卒業証書の提出だけでいいから!と誘う。帰宅したユラはステータスな会みたいね!卒業証書ならいくらでも偽造できる!とつぶやく。

秘密の男:58話あらすじ

今週末アルパカ公園に行く約束の話をしていたユジョンは、テプンさん!と名前を呼んでしまうが、その電話を聞いたデチョルは、やっぱりテプンだったのか?と迫る。
事実を聞き抱きしめたデチョルは、一人にしてすまなかった!と謝るが、テプンは母親が巻き込まれたひき逃げ事故を解明するまで家族には秘密にしておいてほしいと頼む。デチョルはユラがお前を捨て一人にしてから5年間、ずっと謝罪しようと考えていた!と通帳を渡す。

突然、訪ねて来た父親に車に乗せられたユラは、婚家に行って自分の過去をきちんと話せ!と命じられ車を止めて!と反発する。ユラはそれでも止めない父親のハンドルを掴むと、前方にいた車を避けようと障害物にぶつかると、そのままその場から離れる。
病院に運ばれた父親は幸い軽傷で済むが、家族はなぜあんな場所で事故を起こしたのか不思議で仕方がない。

その頃、脚を引きずりながら帰宅したユラは大丈夫かしら?と病院へ電話し意識が戻ったと聞くと安心するが、突然テプンの話をしたり過去を話せと言ったのは何故かしら?と不安になる。

デチョルが事故に遭ったと聞いたテプンは、先日罪を償わせると言っていたのを思い出し、ソジュンからユラが脚を引きずっていたと聞くと、一緒にいたのだと確信する。病院に来た娘に嘘で手に入れたものをすぐに手放して、戻って来い!と話すが、ユラは学ぶ事も上に行く事も諦めるしかなかったあの底辺の暮らしに戻るのは嫌!自分のしたい事ができる今の生活を手放せない!と泣く。

ユラは大学の卒業証書を作ってもらおうと以前依頼したブローカーに頼もうとするが、テプンが逮捕させた事で、以前、自分が頼んだ事のリストがあると知り焦る。リストの中に警察署長の名前を見つけたユラは、インタビューと称し署長と会い、偽造ブローカーがこの署にいると何気に話す。
テプンに頼まれていた刑事はユラのインタビューの後に、上から捜査の打ち切りを命じられた!と報告する。

逮捕に至ったのがミニョクの仕業だと知ったユラは、四人での食事会をセッティングし、友達の話として友人に恋人を奪われた話をして、チクチクとユジョン達を脅す。
二人になったユラは私を脅そうとしても私のカードの方が強い!とテプンに微笑む。そして、今日は気分がいいわね乾杯しましょう!言うユラの携帯に、ミヌの出生届が送られてきて驚く。

秘密の男:59話あらすじ

出生届のメールが届き動揺を隠せないユラは、先に帰ると店を出てしまう。すぐに自分が出産した病院に行ったユラは、夫だと言い出生届を取りに来たのがテプンだと確認する。
テプンはどこ?と聞かれたユジョンは彼はリハビリ施設で亡くなった!と話すと、ユラはどうなってるの?と焦る。不安になったユジョンは姉があなたを探してる!と話すと、テプンは俺を信じて、説明できる時が来るまで待っていてくれ!と頼む。

家に来てテプンが無縁仏で亡くなったと母親に聞いたユランだったが、お昼寝から目覚めたドンホは、悪いおばさんだ!帰って!と睨む。

諦めず産婦人科の近くの防犯カメラをチェックしたユラはトレーナーを着たテプンの姿を見て、調査を依頼する。義父とミニョクが春川に行ったと聞いたユラは、本当にテプンが亡くなっているならそっくりなミニョクが産婦人科に?と疑うが、ウソクは車も一台しかなかったから、ずっと一緒だった!と話す。

産婦人科にある自分の個人情報を奪うようにといつもの興信所に依頼するが、院長の不正を摘発した警察が連行し、病院も廃業に!そうなればもう持ち出せないと焦ったユラは母親を呼び出す。
そして、ミヌの存在が私を滅ぼす!と母親に泣きついたユラは、二人で海外で暮らして!と言い始める。

ユジョンから引き離すなんてできない!と母親に断られたユラは、家に来て、この薬を飲んで死んでやる!と脅す。そして、出生届の画像を見せこんなもので脅されているから、あの子の存在を消すか私が死ぬしかないのよ!と泣いて見せるが、その容器に入っていたのはビタミン剤だった。

その頃、誕生日じゃないのにパーティーを開いたテプンは、一度もお祝いした事がないからだよ!とドンホに話す。ロウソクを消したドンホは、おじさんが僕のパパになりますようにとお願いした!と聞いたテプンは胸が熱くなる。
プレゼントに電話も出来る腕時計をあげたテプンは、これでいつでも電話できるぞ!と微笑む。

自分が今度CMに出るアイスクリームを持ち、イェジンの家に行ったユミョンは、とうとう交際を許される。

ユジョンと二人で母親の納骨堂に来たテプンは、息子と撮った写真だよ!僕たちに会いたくなったらこの写真を見てね!と手帳に挟む。テプンはいつも一人ぼっちだったお母さんのところに来てくれてありがとう!とユジョンにお礼を言い、今度はミヌも連れて来るよ!と話しかける。

初月給をもらったポンジュンは、みんなに肌着とドンホにはキックボードを渡す。ユジョンは大好きな刺身も食べずに元気がない母親を心配するが、寝床に来たスクジャは、今が1番可愛い時だから目に焼き付けておいて!と話す。

翌朝、スクジャはドンホを連れて家を出るが、待ち合わせの場所に来たユラは、お金は送るから大学を卒業するまで帰ってこないで!と命じる。

感想

テプンはどんどんカードを出してきますね。それだけユラには隠す罪があるということです!
偽父親の件も1つ崩れたら、すぐにばれてしまう事をやってしまうのがユラです。

でも、今度ばかりはテプンが知ったら許さないでしょう!いや、許してはダメです!
海外へやるなんて小さいドンホが可哀相!だから悪いおばさんだ!と言われるんですよ!ユラに振り回されても、また手助けしてしまう母親も問題ですが。


スポンサーリンク