椿の花咲く頃

「椿の花咲く頃」16話・17話のあらすじと感想!オンサンの女達が団結

韓国ドラマ-椿の花咲く頃

韓国ドラマ「椿の花咲く頃」16話~17話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

ヒャンミ(ソン・ダムビ)の行方を捜査をしたヨンシク(カン・ハヌル)は、着々と犯人に近づきます。しかし、大胆にも彼女を呼び出し、ヨンシクにも挑発し刺激する犯人。

ドンベク(コン・ヒョジン)が狙われてると知った商店街のおばさんが守ろうと立ち上がった笑いあり涙ありのシーンをお楽しみに!

ピルグは母親の為に大きな決断をする事に。

スポンサーリンク

椿の花咲く頃:16話あらすじ

とうとう、母親と別れて一緒に暮らさないか?妹も可愛がって!と言われたピルグは、もらったパッグやオモチャを投げ捨て歩き出す。追いかけたジョンニョルに、お母さんと離れて暮らす事は出来ない!と泣きながら訴える。

久しぶりに団体客が来て忙しくしたドンベクは、母親の事を考える暇もなかった!とまた落ち込む。そして、一人で死んで保険金でチャラにしようなんて許さない!とヨンシクに話す。

情緒不安定な娘(ジェシカ)に話を聞いた母親は、脅されたヒャンミを車でひいて、自分の車を電柱にぶつけた事や酔っ払い(ギュテ)に声をかけられて逃げた事を明かす。

実はギュテは泥酔しながらも怪我してるのだから、料理は諦めろと言ったのに、ヒャンミはドンベクの為だとバイクに乗ったのだった。その時に中古のバイクも復帰できたのだから、私も人生をやり直す!と走り出した。

妻の電話で駆けつけたジョンニョルは、車が壊れていて驚くが、ジェシカはあの女に脅されたから殺してやった!私を怒らせる方が悪い!と話す。その頃、配達を頼まれた所にやって来たヒャンミは襲われる事に。

ピルグを中国に送り出したドンベクは熱を出しても病院はいかない!と言うが、その後姿を見たヨンシクは、たくましくなったと思う。

以前、タクシーに客を乗せた時に、スリを見かけ追いかけたヨンシクは、客と一緒に追跡した時があるが、その時の縁で警官になってからも、大学教授のその男性にたまに力を借りていた。
大学教授と会い、ビデオを見てもらうと犯人は左ききで防犯カメラの位置も熟知してる事が分かる。一緒に来た所長は単独で動いてる事に怯えるが、わかった!私の昇進もクビもお前次第だ!と手を握る。

家の鍵を変え湯たんぽを布団に入れ、お粥まで作ったヨンシクは、添い寝をするが、寝返りを打ったドンベクに、本当は起きているんでしょう?と微笑む。これからは楽しい毎日でいられる様に僕も努力します!と言われたドンベクは、施設時代の頃を思い出し泣きじゃくると、ヨンシクも泣いてしまう。

同じベッドで寝ても境界線を引いたヨンシクは、一睡も出来ず、朝、外に出ると車の上には緑のライターが置かれていた。突然、バイクを取りに来てと呼ばれモールへ入ったドンベクだったが、バイクを発見する。

その頃、事故現場で写真を撮っているジョンニョルを見つけ、ヒャンミをひいたのはお前か?とヨンシクが声をかける。ジョンニョルはパトカーに乗せられ警察に到着すると、ヨンシクはドスクーターを取りに行くとンベクからのメールを見る。

とうとうヒャンミの遺体が発見されると、ギュテは緊急逮捕されてしまうが、そこに駆けつけたチャヨンは、まだ手錠を掛けるタイミングじゃない!と刑事達を威圧する。任意取調べは6時間で、弁護は私が引き受ける!こいつは人の命を奪える男じゃない!と話す。

その頃、誰かの気配を感じ逃げ出したドンベクは、エレベーターに乗り、地下を押すが怖くなって電源を切る。少しして勇気を出して電源を入れ外に出て来たのを見たヨンシクは抱きしめるが、もう逃げない!犯人を見たの!と話す。

椿の花咲く頃:17話あらすじ

ヒャンミの遺留品を見て泣きじゃくるドンベクを、ヨンシクは抱きしめる。

この事で署長に呼ばれ巡査のくせに捜査した事を叱られたヨンシク達だったが、所長は6年も解決出来なかった事を6ヶ月で調べ上げたのは彼だ!と話す。

その頃、集まった市場のおばさん達は、円陣を組み、ドンベクは死なせない!と話合う。
街の女達は何かと現れドンベクを守り、店の外でも運動をするフリをして離れない。そんな姿を見て注意しながらもヨンシクは胸が熱くなるのだった。
店に集まった女達は嬉しくて泣くのを見て痩せすぎだから狙われる!太れ!と気合を入れると、ドンベクは100歳までここで暮らす!とまた泣く。

ジョンスクを尾行したフンシクは、俺の目、塗装の匂い、卑屈そうな笑顔は僕も嫌だ!どうか何もしないで!と頼む。近づいたフンシクだったが、突然、倒れ病院へ運ばれ透析を受けたジョンスクは、警察に現れフンシクを調べて!と頼むが、認知症だと知ると相手にされない。

一方、チャヨンの忠告を聞き事情聴取を受けたギュテは、嘘発見器にかける前にこの質問をしてくれと刑事に頼む。ギュテはヒャンミと恋人同士はだったこともないし、ホテルに入ったこともない!なんといっても妻を愛している!と話すと嘘発見器の針は平静を保つ。

刑事達はヒャンミに最後に送られたお金の送金者を調べるが、それはジェシカからだった。ジェシカと会ったジョンニョルは、娘と息子を引き取って育てるから離婚してくれ!と土下座するが、レベッカは私が娘を育てる!ミセス・カンも手放したくない!ときかない。

中国から戻ったピルグは母親の姿がなくがっかりして、家に着いても番号が変わっていて入れない。そして、帰宅した母親と一緒のヨンシクにも悪態をつき、叱られると人類滅亡のような気分だった!と泣く。

相変わらず落ち込むギュテだったが、チャヨンは実はあの日、トラックに載せられたバイクを見たの!と打ち明ける。
交番に来たチャヨンはその話をすると、ジョンスクも具合が悪くて病院へ向かう途中にトラックを見たが、またお金を作るために売ったのだと思った!と証言する。そして、ジョンニョルの車とすれ違ったのを思い出したジョンスクだった。

子持ちと結婚させたい親がどこにいる!とドクスンが話すのを聞いたピルグは、結婚したらおばあさんと暮らすの?とドンベクに尋ねる。

店に来たジョンニョルは改めてソウルへ行こう!と言い断られると、ピルグだけは連れて行く!犯罪者がうろつく所には置けない!とドンベクに話す。
その頃、学校の近くで祖母ジョンスクを見かけ食事し、僕がいなくなったらお母さんが泣くから戻ってきてほしい!とピルグは頼む。次にドクスンの所へ来たピルグは、ドリンクを渡し、お母さんを嫌わないで!と泣きながら頼む。

一方、交番ではジュンニョンの搭載カメラの映像からトラックのナンバーがわかるが、それは盗難者で持ち主はフンシクだった。交番の前を歩いてると声を掛けられたピルグは、お母さんが好き?お母さんは僕がいるのに夫も欲しがってる欲張りだよ!とヨンシクに話す。

感想

ピルグは賢いから色々考えて、自分がいなければ母親が結婚できると思ってますね。でも、お父さんと住むと言われたらドンベクはショックですよね。

ヒャンミは残念でしたが、さすがの弟も少し落ち込んでましたね。
お金を要求していた割にはいい暮らしをしてるのに、本当にひどいです!だんだん犯人に近づいてますが、それもヨンシクの執念ですよね。
ヨンシクの目がギラギラしてる!と所長が言ったのが印象的でした。

商店街のおばさんが団結したシーンは大爆笑してしまいました。なんだかんだ言っても情があふれる街ですね。


スポンサーリンク

RELATED POST
韓国ドラマ-椿の花咲く頃 椿の花咲く頃

「椿の花咲く頃」14話・15話のあらすじと感想!ヒャンミが失踪した時の状況でオ・ジョンセが脅されていた事実を証言します

2021年6月22日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「椿の花咲く頃」14話~15話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 ドンベク(コン・ヒョジン)の為に火傷をしたと知った母 …
韓国ドラマ-椿の花咲く頃 椿の花咲く頃

「椿の花咲く頃」8話・9話のあらすじと感想!犯人らしき落書きに怯えるコン・ヒョジンは新天地に移る決意をします

2021年6月22日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「椿の花咲く頃」8話~9話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 店にいたずらをした人物は身近な人間でこの店のこともよく把 …