太宗イ・バンウォン

「太宗イ・バンウォン」24話・25話のあらすじと感想!キム・ヨンチョル率いる反乱軍が進撃して来ると聞き自ら戦地に向かい抑える

韓国ドラマ-太宗イ・バンウォン

韓国ドラマ「太宗イ・バンウォン」24話~25話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

ソンゲ(キム・ヨンチョル)率いる反乱軍が進撃して来ると聞いたバンウォン(チュ・サンウク)は、自ら戦地に向かいます。父親の暴走を知ったバングァ(キム・ミョンス)は、心を痛めて。

戦が終わり、ソンゲと妻の関係を修復しようとするバンウォンが見られます。ミン家で自分の子供を産んだ女性ごいると知ったバンウォンは…。

スポンサーリンク

太宗イ・バンウォン:24話あらすじ

ヨンムはチョ・サウィが主導し兵士を集結させてる!間違いなく謀反だ!と話す。その頃、寺を出て東北面に向かったソンゲは短期間勝負だ!と告げるが、ヨンムは父上が主導されてる様だ!と言う。
バンウォンは父親主導だと民には決して知られてはいけない!下手したら国中の民が反乱軍に加担する可能性もある!と心配する。

ジランの訃報を聞いたちソンゲは、そんなに急ぐ必要は無いのに…愚か者め!と泣いて。自分の世話をするために尚宮や宮女も戻り、子供達も遊びに来た王妃は喜ぶが、朝廷で何かあった様だと娘に聞き驚く。
東北面から戻ったファサンは東北面の兵士だけでも数千人を超え西北面でも挙兵したと聞いたバンウォンは、すぐに指揮所を作り全員集めろ!と命じる。

色々命じるバンウォンだが、私兵を廃止した事で集められる兵がいなく困ってしまう。ソンゲが指示する通りに戦いどんどん進軍してくるが、話を聞き駆けつけたバングァはまさか父上が?と驚く。
自分が父親を説得する!と兄に言われるが、バンウォンはもう遅い!父上は私の首を取るまではやめない!と話すと、バングァはあとどれだけ血を見れば良いのだ!と嘆くが、そこに官軍が惨敗したと知らせが入る。一方、東北面に向かったヨンムはまだ兵士を集めている長老を捕まえるが、長老はソンゲに寵愛されていたのに裏切り者!と怒鳴る。
翌日も軍糧米を集めていた長老はまた捕まってもこの土地はソンゲの土地だ!と言うが、容赦無く斬ったヨンムはこの土地は朝鮮国王の物だ!と叫んで。

惨敗が続き士気も下がり逃げ出した兵士もいると聞いたバンウォンは、自分が行けば軍記を正して士気を高められる!と決心する。そんな中、子供達の名前を付けたバングァは、名前の通りに生きれば父より立派な人間になれる!と話して。

城を守る為に呼び戻されたジェに、形勢不利の軍にバンウォンも合流すると聞き走りだした王妃だが、すでに出発した後だった。明日には南の兵士が到着するから問題ない!もし、バンウォンが死んでも、世子を王位に就かせ朝廷を動かせばいい!と弟達に聞いた王妃は王様を失った兵士が敵の兵に勝てる訳がない!と怒る。
王妃は一日で都城は陥落し家門は皆殺しされるとわからないの!私達も王様の船に乗ってるの!と怒る。その頃バンウォンが敵の軍営にいると聞いたソンゲは、ためらわずに斬れ!と命じる。

反乱軍が全軍で進撃してくると聞いたバンウォンは、将軍達に指示を出すが、自分がいた場所にも反乱軍が進撃してきて。

太宗イ・バンウォン:25話あらすじ

自分の所に来たバンウォンを見たソンゲは、またやられたか…俺を斬れ!と目をつむるが、この謀反はチョ・サウィが父上の名を語り起こした事で父上とは無関係だ!と背を向ける。兵士に罪はないから捕虜を釈放し首謀者だけを殺せ!と命じるバンウォン。
帰り道、王妃の指示があったから間に合った!と話す義弟に、お前は気持ちが顔に出る!家門達は俺を憎んでいるだろうが、国王として正しい政治を行うためだった!理解してくれ!そうすれば、私も受けた恩は絶対に忘れない!と話す。帰宅したムジルは、バンウォンに警告された!と怒るが、母親は娘の長男が王位に就いたら私たちが受けた屈辱を晴らしてくれる!必ず後悔させてやる!と言って。

王宮に戻されたソンゲは、ここには二度と来るな!とバンウォンに命じ、号泣する。王妃に鎧を脱がせてもらったバンウォンは、また父上を傷つけ泣かせてしまった!と落ち込む。
昔から父上は偉大で憧れの人だった!思えばあの頃から父親の座を狙っていた可能性もある!父親を二度も傷つけた!と泣くが王妃は仕方なかった!と慰める。バンウォンは仕方ない事だと言い聞かせて師匠とドジョン、幼い弟達を殺した時も仕方なかったと言い聞かせて来た!私は罪人だ!どうやって償えばいいんだ!と泣いて。

今回の戦に貢献した者たちに酒を注ぎねぎらうが、イ・ゴイは軍権を任された者は兵士を率いてこそ元気が出ます!と話すが、バンウォンは、だから今も私兵の未練を捨てられないのか?とにらむ。ただの愚痴だった!と言い訳したゴイだったが、バンウォンは下がれ!と命じる。
みんなは功人で私の恩人だ!功人の美徳は名誉と自尊心であり、傲慢と特権ではない!もしまだ未練があるならこの酒できれいに洗い流せ!とジェに酒を注ぐ。帰宅したジェは王様に目をつけられない様に自重しろ!と息子達に命じる。

そんな時、王様の寵愛を受けた奴婢が妊娠し周りが気づいた時はお腹が大きくなっていたと聞いたジェの妻は、父親が王様だと言われても本当の父親の名前を言いなさい!と布団を取り上げ暖房も切る。

ゴイを流配させ亡きモンジュの復権と役職を追贈させる!彼は建国には反対したが忠誠心は臣下が見習うべき精神だ!今の臣下も見習うべきだ!と聞いたリュンは王様がする事が道理だ!と賛成する。リュンは明の皇室が朝鮮の王室との縁組を計画してるらしい!と話すが、バンウォンから相談された妻は他国に行かせるより正式な連絡が来る前に娘達を婚姻させましょう!と言う。
久しぶりに夫婦と時を過ごしたバンウォン達だったが、一方、ジェの妻は王様の子を産ませるわけにはいかない!と息子達に話す。とうとう1人で出産しへその緒を切ったと連絡を受け焦ったジェの妻は、廃小屋に放置して!と命じるが、赤ん坊の鳴き声を聞き不思議がる夫には奴婢が出産した!と話す。

バンウォンは二度と来るなと言われてもここに来たのは自分への罰だと思ってるからだ!長生きして私を罰して下さい!と頭を下げると、ソンゲは涙ぐむ。

内官の言う事も聞かず勉強時間に庭に出た息子(ヤンニョン)を叱り、王になるためには好きでない事もしないといけないし、逃げたい事もたくさんある!それに比べたら書物を読むのはたやすい事だ!とバンウォンが諭す。バンウォンは世子の教育を担当する官史を選ばせ、世子の勉学が伸びない時は責任を問う!と命じる。

久しぶりに義実家に挨拶に行くと気遣ったバンウォンだったが、義実家で自分の子供を産んだ奴婢が酷い目に遭ってると聞き驚く。その事を聞いたバンウォンの妻は、すぐに風呂に入れて暖かい部屋に入れなさい!と指示する。
奴婢を王宮に連れて来させたバンウォンは、言い訳をする妻に激怒し義実家訪問はなかった事に!と背を向けて。

感想

まさかソンゲの兵士達が負けるとは思いませんでしたね!ソンゲがまた負けたのか…と号泣した姿は気の毒だった!
でも、バンウォンが罰を受けてる…と話した時のソンゲの心は少し軟化した様に感じました。

妻との関係も少し修復できたところで、またしてもミン家の問題が発覚してまたこじれそうですね!でも、王の子供が酷い目にに遭った事は許しがたいでしょう!


スポンサーリンク

RELATED POST
韓国ドラマ-太宗イ・バンウォン 太宗イ・バンウォン

「太宗イ・バンウォン」10話・11話のあらすじと感想!王妃になった継母は長男を操りチュ・サンウクの命も奪おうとして

2024年1月9日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「太宗イ・バンウォン」10話~11話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 まだ成人にも満たない8男のバンソク(キム・ジン …
韓国ドラマ-太宗イ・バンウォン 太宗イ・バンウォン

「太宗イ・バンウォン」14話・15話のあらすじと感想!兵士の訓練をしてるチュ・サンウクを見たソンゲは王命を出し武器と兵士を奪って

2024年1月9日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「太宗イ・バンウォン」14話~15話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 兵士の訓練をしてるバンウォン(チュ・サンウク) …
韓国ドラマ-太宗イ・バンウォン 太宗イ・バンウォン

「太宗イ・バンウォン」26話・27話のあらすじと感想!ミン家を潰す準備を始めたチュ・サンウクは義弟達を流配にして

2024年1月11日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「太宗イ・バンウォン」26話~27話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 子供を産んだ奴婢を宮殿に迎えたバンウォン(チュ …