太宗イ・バンウォン

「太宗イ・バンウォン」8話・9話のあらすじと感想!自分の意に背いてモンジュの命を奪った息子達に激怒したソンゲは王の即位式にも出席を拒んで

韓国ドラマ-太宗イ・バンウォン

韓国ドラマ「太宗イ・バンウォン」8話~9話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

座り込みをして王命を書いてもらおうとするモンジュ(チェ・ジョンファン)と、モンジュを断つしかない!と父親を説得するバンウォン(チュ・サンウク)が見られます。ドジョン(イ・グァンギ)の命が危なくなっても動こうとしない父親に、腰を上げたのは息子達でした。
バンウォンは、とうとう師匠のモンジュの命を奪って。

モンジュの死で即位を決めたソンゲ(キム・ヨンチョル)でしたが、息子達を許さず遠ざけて…。

スポンサーリンク

太宗イ・バンウォン:8話あらすじ

とうとう、父親に背きモンジュの命を奪う決意をしたバンウォンは、兵士を集め腹心のチョ・ヨンム達も賛同する。バンウォンはこれから誰も俺たちに逆らえない様に、みんなが見てる前でやってやる!と馬を走らせる。
一晩中座り込みを続け立ち上がったモンジュはソンゲの家に向かうと、バンウォンと行き違いになる。ソンゲはとことんやってみてダメだったらまた来て下さい!新しい国を作りましょう!と話すが、モンジュは大笑いする。
モンジュは来世ではあなたを王として仕えたかもしれない!と席を立つと、ソンゲは涙ぐんで。

家に着いたバンウォンはまたモンジュと行き違いになると、別れて探す事に。背後に怪しい姿を発見したモンジュは猛スピードで馬を走らせるが、結局挟み撃ちにされ鉄の玉で頭を殴打され命を落とす。
モンジュの件を聞いたソンゲは本当にお前がやったのか?死んだのか?と尋ね、なぜ逆らう?とバンウォンの胸ぐらをつかむ。バンウォンは父上のためです!父上が率いる民の為にやりました!と叫ぶが、ソンゲは俺に逆らうやつはもう息子じゃない!と泣きながら追い出す。
二度と来るな!と追い出されたバンウォンは、逆らったんじゃない!家門を助ける方法がなかったんです!と泣いて。

ソンゲの妻はあなたは家門を守ったの!私が夫に話すから!今は怒っていてもあなたの気持ちがわかる時が来るから立ちなさい!とバンウォンに手を貸す。お前は何をしていた!私が動けないならお前が止めるべきだろう!と責められたジアンは、諦めたと思ってた…とうつむいて。

泣きじゃくるソンゲの前に来た妻はモンジュは死にました!大臣たちは拷問で生死をさまよい、一族は滅亡の恐怖に怯えていたのにあなたは決断しなかった!と責める。あなたの辛さはわかっている!あなたの弱い姿は見たくない!生き残った人々のために前にお進みください!それがあなたの宿命です!と抱きしめる。

その頃、王大妃は早く勇気を出し王命を出して下さい!と頼まれた王様はわかった!と言うが、そこにモンジュの訃報の知らせが入る。王様は昼中、民の前で鉄棒で殴り殺されたと聞きショックを受けるが、会いに来た次男のバングァは彼は罪のない大臣たちを殺そうとして切迫していたので我々が処断した!と話す。
ドジョン達を釈放して下さい!と言われた王様は他の大臣達と相談して…と話すが、バングァは大臣とは訃報を聞き逃げ出した者達の事ですか?とにらまれた王様は、わかった…と答えて。

モンジュを梟首→罪人の首を切り高い所に吊るす刑にまでしたと聞いたソンゲは驚くが、バングァは都城の異様な空気と憤る民心を抑えるにはそれしかなかった!と話す。もう父と呼ぶな!ここにも二度と来るな!と激怒したソンゲは、お前達もバンウォンと同じだ!と怒鳴って。

子供達は何故あんなに逆らい悲しませるのだ?と怒るが、妻は親は成長した子供に従うべきだ!と話すと、ソンゲは私を隠居人扱いして父親に逆らう息子達は許さない!と言って。

体調が悪いバンウォンに、兄達はお前が決断してくれて良かった!とねぎらう。モンジュが吊るされている所へ行き泣き崩れたバンウォンだったが、そこに来たドジョンは結局お前が命を奪ったのか!と言う。
バンウォンはあの優しい方を俺が殺した!と泣くが、ドジョンはそして俺が助かった!モンジュ、すまない!と星空を見上げて。

腹心達が土下座をして斬って下さい!と言うが、ソンゲは息子達の罪をお前達のせいにするつもりはない!と話す。さっそく大業を成すべきだ!とドジョンに言われたソンゲは、白昼堂々とモンジュを殺し都城を恐怖に追いやったのに、王座を奪う気はない!と拒否する。
ドジョンは民に褒め讃えられたら我々新しい王朝を開き民を作った英雄になり、彼らに憎まれたら永久に逆賊になるのです!あなたは王位に就くべきだ!私が就かせます!と話して。

バンウォン達は父親に謝ろうと家の前まで来るが、腹心のヨンム達に入れてもらえず心を痛める。一方、7男8男達が家に来て久しぶりに笑顔になったソンゲは、悩みも吹き飛んだ!と言う。
また暗い顔になる夫にあなたが東北に帰ると言うならついて行くから、自分の気持ちに正直になって下さい!と言われたソンゲは自分でもよくわからない…と答える。妻は歩いてきた足跡を振り返ってみれば進むべき方向が見えるでしょう!それがあなたの宿命です!と話して。

太宗イ・バンウォン:9話あらすじ

ジランは兄の事を思うとやりきれないが、賢すぎるよりこのくらいでいい!と息子のファサンを見つめて。

王様の廃位を迫られた王大妃は既に2人の王を廃位にした!私の手で王家を終わらせろと言うの?と怒るが、ドジョンは朝廷には高麗を守る臣下もいないのだから、これ以上遅らせる理由がない!と迫って。

とうとう、廃位になった王は世子と共に流配になるが、民達は涙を流しながら亡国の君主を見送る。家に来たドジョンは私たちの新しい王におなり下さい!と国璽→国権の象徴でもある国王の印を渡す。
ソンゲは私には資格がないと断るが、ひざまずいた大臣達を見て一緒に座った妻は、あなたのために膝がつく人がいる事は資格がある!と話す。そして、今まで亡くなった人たちの死を無駄にしないでください!野原で飢えてる民を見て下さい!ためらう時間はない!と説得すると、天を仰いだソンゲは国璽を受け取って。
家の外にいたバンウォン達は、とうとう王座に就く決心をした父親に感激し涙をこぼす。まだ父親の許しを得ていない兄弟は別にお祝いをするが、バングァは明日は即位式だから幾多のピンチを助けたお前を父上も許してくれるはずだ!と話すが、バンウォンは今までは優しい眼差しで見つめてくれたのに、氷よりも冷たい視線で見られると落ち込む!とうつむく。

お前のおかげで王になれた!望みを言え!と言われた妻は、私ではなく亡くなった前妻を王妃にして下さい!と頼む。次の王になるであろう息子達に母親の座を奪った私が王妃ではいけない!私は自分が産んだ子供達と生きたいだけです!と話す。
そして、過去にあった王国の悲劇や悲惨な死には巻き込まれたくないから絶対、王妃に冊封しないで!と頼まれたソンゲは抱きしめて。

即位式に来た息子達は城の入り口で止められ、お帰り下さい!と刀まで向けられてしまい、肩を落とす。バンウォンはこれが父上の意志なのか?と怒ると、バングァは今日だけは許してくれると思ったのに…と落ち込んで。
即位式が終わり講堂に集まるが、王座に座らないソンゲはまだ資格がない!ここに来る時の民の顔は恐怖と恨みの眼差しだった!と話す。そして、まだ大業を完成させてない!民のための政治を実現させ民心を得てこそ大業が完成する!その事を忘れないでほしい!と告げて。

ドジョンは昨夜は新しい画紙を与えられ何を描こうとワクワクして眠れなかった!、新しい世界を描くと思うと、全身が熱くなりました!心の中で描いていた理想をこれからは実現できるのです!と微笑んで。一方、あなたが世子になる!と言われたバンソク(8男)は驚くが、母親はこれからは必死で勉強しなさい!これからはバンウォンの代わりに父親の寵愛を受けるのはあなたよ!と話す。

開国功臣録→建国に功を立てた人のリストの中に息子達の名前を入れるな!と命じるソンゲに、ドジョンは彼らは大業に身を投げ功を立てた!父親としてのお怒りは収めてください!と話す。そして、王様は父親の目ではなく国王の目で見るべきだ!バンウォンは父親に逆らった息子ではなく王様にさせた一等功臣だ!と話すが、ソンゲはこれだけは譲れない!ときかない。

座り込みをしていた息子を見たソンゲは何をしている?と叱るが、バンウォンはお父さんが王位に就かれる事を願い人生を捧げてきたのに、この仕打ちはひどい!どうしても許してはもらえませんか?私も兄も許してください!と頼む。二度と逆らわない!と涙を流す息子にソンゲは、遅い!立て!と命じて。

その様子を見ていた義父(ジェ)は妻にその様子を話すが、妻は実の子で1番溺愛していた息子を捨てたのね…とがっかりで。一方、せっかくお祝いのための料理を作って待っていたバンウォンの妻は、夫から義父の仕打ちを聞き涙が止まらない。
王座に就いた一日の出来事を話したソンゲは、王妃の住まいを整えさせお前の実子を世子にする!と抱きしめる。大臣達を集めたソンゲは先に世子を任命したい!と話すが、ドジョンはまだ人事も決まっていないからその後に…と話す。
バンウを世子に…と話す大臣に、ソンゲは長男は新王王朝の開創に反対し、開京を去ったから省く!次男には軍隊を任せる!と告げる。バンウォンを無視し、バンソク(7男)を世子にする!と聞いた大臣達は一斉に驚くが、ドジョンはバンボン王子は高麗の王族と婚姻してるから新しい王朝の国王にはなれない!と反対する。
すると8男のバンソクの名前を出すソンゲに、大臣は成人した王子が多いのになぜ1番幼い王子になさるのですか?このような決め方は大きな争い事になりかねない!と言うドジョン。すると、襖の向こうで聞いていたソンゲの妻は、王の血筋なのになぜダメなのですか?と反発して。

感想

モンジュはとうとう命を奪われてしまいましたが、時代劇の嫌な所は残忍なシーンが多い事ですよね。モンジュの最後は目を背けたくなりますが、それが一番の解決方法だから困ります。

その事で激怒したソンゲは即位式にも出席させなかったけど、あまりにも硬くなですよね。がっくりと肩を落とした息子たちがかわいそうでした。

ソンゲの妻は聡明で度胸も決断力もあり、ソンゲも信頼してるからこそ耳を傾けるのだと思っていましたが、本性を現した様ですよ!


スポンサーリンク

RELATED POST
韓国ドラマ-太宗イ・バンウォン 太宗イ・バンウォン

「太宗イ・バンウォン」4話・5話のあらすじと感想!兄弟達は反発し合い自分を王にしようと幼いチャンまで殺したと聞いたキム・ヨンチョルは開京を出て

2024年1月9日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
SBSで放送された韓国ドラマ「太宗イ・バンウォン」4話~5話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 自分たちの言うことを聞かないとわ …
韓国ドラマ-太宗イ・バンウォン 太宗イ・バンウォン

「太宗イ・バンウォン」18話・19話のあらすじと感想!自分が譲位してキム・ミョンスを王様にしたソンゲに激怒

2024年1月9日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「太宗イ・バンウォン」18話~19話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 ソンゲ(キム・ヨンチョル)は第二妻の子供の命を …