太宗イ・バンウォン

「太宗イ・バンウォン」10話・11話のあらすじと感想!王妃になった継母は長男を操りチュ・サンウクの命も奪おうとして

韓国ドラマ-太宗イ・バンウォン

韓国ドラマ「太宗イ・バンウォン」10話~11話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。

まだ成人にも満たない8男のバンソク(キム・ジンソン)を世子にすると言うソンゲ(キム・ヨンチョル)に、従うしかないドジョン(イ・グァンギ)。怒りが収まらず継母に抗議したバンウォン(チュ・サンウク)は、初めから計画的だと疑って。

世子問題で怒りに震えるバンウォンと何としても排除したい王妃が見られます。王妃は明に使者として行く王子にバンウォンを押して…。

スポンサーリンク

太宗イ・バンウォン:10話あらすじ

ソンゲの妻の勢いにドジョンは二人の意に従う!と話すが、妻はバンウォン達よりも幼い子に教えた方があなたの理想が国中にしっかり根を下ろすでしょう!と話す。バンウォンは、兄達に世子に聞かされた話を伝え父上は俺たちを捨てたのだから仕方がない!と言うと、俺は王になる器ではない!と言うバングァ。

いつか彼の相を誉めていたハ・リュンに会いに行ったジェは、世子問題について意見を求める。リュンはソンゲの妻は孤独な君主の心を動かす為に1つずつ緻密に準備したはずだ!孤独な王が愛する王妃に贈り物をあげたのです!それが世子の座です!口を出したら大変な目に遭う!と忠告する。

家に行ったバンウォンは必ず兄と話し合うから、時間稼ぎをしてください!と頼むが、ドジョンはもう決まったことだ!と話す。家族で談笑しているところに来たバンウォンは、いつからこの家で暮らしている?と弟たちに尋ねる。
何の用で来たの?と冷たく聞かれ、あなたが弁護してくれると信じて待っていたのに!父上が弟たちだけを見るようにこの家に来たのですか?とカン氏に尋ねるバンウォン。子供の道を開くのは母親の義務だ!あなたの母親が生きていたらあなた達を優先したはずだ!恨むなら亡くなった母親を恨みなさい!帰りなさい!と命じる。
激怒しちゃぶ台をひっくり返し誰の前で暴れているの?と言われたバンウォンは、私を騙し心を踏みにじった継母だ!母から王妃の座を奪い兄から世子の座を奪った邪悪な女だ!と怒鳴る。

国法で裁く!と言われますます興奮するバンウォンだったが、そこに来て土下座した妻は命だけは助けてください!と謝罪する。そこに来たソンゲにも権力に目がくらんでモンジュの命を奪った!と言われたバンウォンは、睨みつけたまま帰って。
夫と腕を組んだ妻は今日の事は絶対忘れない!旦那様も絶対忘れないでくださいね!と涙ぐむ。帰宅したバンウォン達は、息子が死んだ!と告げられて。

朝廷では人事が発表され冊封されるバンソクは兄達が怒ったら?と心配するが、王妃になったカン氏(母親)は私が守るから何の心配もいらないわ!と手を握る。バンウォンは亡くなった子供の墓を作り、寒いでしょう…お母さんを許してね!と泣く妻に涙が止まらない。
おんぶして下山したバンウォンは、子供に会いたい!と泣き叫ぶ妻に心を痛めて。

その頃、満面の笑みで王妃達を迎えたソンゲは王妃よりも尊い人はいない!と手を取る王を見た大臣たちは、王妃は政治を心得てる!しばらく逆らわないほうがいい!と話して。ジェは王妃に逆らったら大変な事になるから、低姿勢で発言にも気を付けろ!と家族に話す。

幸せで夢のようだ!と言われたソンゲは王になれたのはお前のおかげだ!と見つめるが、王妃は前妻の子を捨てたと言われたくないからバンウォンを許してあげて!と頼む。母親が決め婚姻したのに、妻の家柄のせいで世子になれなかったバンボン(7男)は怒りを露わにする。
突然家に来た王妃は子供を亡くしたと聞き薬を持って来た!私が夫を説得したからそのうち呼ばれると思う!と話すが、バンウォンは今更…偽善しか見えない!とにらんで。

太宗イ・バンウォン:11話あらすじ

川辺にいた夫に声をかけた妻は失ったもの全て取り戻せる日が間違いなく来ますから、その時まで歯を食いしばっていて下さい!お願いです!と手を握る。バンウォンは3人の息子を奪った天が俺らを助けてくれるかな?と話すが、妻は天なんて信じない!どんな事をしても、旦那様と私の力で成し遂げる!と言う。

ドジョンは王妃様も願っているのでもうお許しください!血族の間で半目が生まれると王朝の前途も危うくなる!と話すが、ソンゲは息子たちに頭を下げろと言うのか!と怒る。父親に呼ばれ王になった姿を見て感無量のバングァ(次男)は思わず涙ぐむが、ソンゲは義興親軍衛→国王の親衛部隊に任命し、兵士達を統率してほしい!と話すが、最後まで許すとは言わない。

バンウォンに家別抄の兵士を渡した父親に腹を立てる四男のバンガンは、待遇が違いすぎる!と怒る。その頃、自分の言う事を聞いてくれたソンゲにお礼を言った王妃は、バンウォンを許せばあなたに批判がいく事になるのによく決断してくれました!と話して。
夫を温泉に見送りバンウォンには長男の所に行かせた王妃は、王様がいないすきにバンウォンが私を狙うかもしれないから守ってほしい!と頼む。一方、バンウォンは実母の墓守をしてると聞き長男に会いに行くが、バンウは私が世子になれるはずだったのに二度と開京に帰って来るな!世子にとなろうと思うな!と継母から手紙が来てここに来た!と話す。
何故、分かり切った企みに騙されたんですか?兄さんは悪くない!悪いのは王妃の座に座っているあの女だ!と怒る。その頃、王妃は兄(バンウ)の姿を見たら怒りに震え私を襲いに来るはずだから、バンウォンの命を奪って!とドジョンに命じる。

今から今かと待ち構えていた王妃だったが、代わりにやって来たバンウォンの妻は薬をもらったお礼にとお菓子を渡し、家別抄の兵士は義興親衛軍にお返ししました!と話す。そんな時、明が難癖をつけ王子を一人送れ!と手紙が届くとソンゲは誰が行く?と聞くが、その話を聞いた王妃はなぜバンウォンを推薦しなかったの?とドジョンを責めて。
ドジョンは自分が政敵を潰したのは民の為だ!その為に儒学者達の批判にも耐えてきた!名文のない醜悪な陰謀には加担できない!もう二度と呼ばないでください!と席を立つ。明の使者として行って来い!とバンウォンに命じ、王命だ!とソンゲが言い放つ。

感想

ソンゲは王妃しか見えず、周りからしたら操られてる様に感じます!兄達は諦めムードですが、バンウォンは生まれたばかりの息子も亡くし、父親には無視され気の毒です。
継母が言っていた通り、実母が生きていたらこんな扱いは出来なかったはずです。

バンウォンに罠をかけ、命を奪おうとする王妃はとんでもない人ですね。長男(バンウ)まで操っていた事には驚きました。
王妃に命じられてもキッパリと断ったドジョンは、さすがでした!


スポンサーリンク

RELATED POST
韓国ドラマ-太宗イ・バンウォン 太宗イ・バンウォン

「太宗イ・バンウォン」20話・21話のあらすじと感想!バングァは反対を押し切りチュ・サンウクに譲位ますがソンゲは絶望して

2024年1月9日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「太宗イ・バンウォン」20話~21話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 もう兄弟喧嘩などしたくないバングァ(キム・ミョ …
韓国ドラマ-太宗イ・バンウォン 太宗イ・バンウォン

「太宗イ・バンウォン」24話・25話のあらすじと感想!キム・ヨンチョル率いる反乱軍が進撃して来ると聞き自ら戦地に向かい抑える

2024年1月10日
韓国ドラマのあらすじを見よう!
韓国ドラマ「太宗イ・バンウォン」24話~25話までのネタバレ含むあらすじと視聴しての感想。 ソンゲ(キム・ヨンチョル)率いる反乱軍が進撃し …