緑豆の花

「緑豆の花」の全話あらすじ!相関図とキャスト詳細も紹介!チョ・ジョンソク&ユン・シユン主演の韓国ドラマ

韓国ドラマ-緑豆の花

韓国ドラマ「緑豆の花」は、農民軍の兄と日本軍の味方になった弟との運命の戦いを描いた時代劇です

父親に言うことに逆らわず従って来たが、ある事を境に父親から離れ国の為に戦うイガン。そして、両親の愛を受けながら婿様と呼ばれた弟のイヒョンもまたある人の裏切りで鬼と呼ばれる男に転落します。

こんな兄弟の生き方の変貌ぶりは、最大の見どころです!

客主ジャインとの恋にも注目してくださいね!

このページでは、「緑豆の花」のあらすじ全話と相関図・キャストを紹介しています。

スポンサーリンク

「緑豆の花」の基本情報

作品名緑豆の花
話数全48話→日本24話で放送
視聴率4.0%~最高13.0%
主演チョ・ジョンソク,ユン・シユン,ハン・イェリ
ジャンル時代劇
脚本ジョン・ヒョンミン

代表作
  • 愛よ愛よ(KBS/2013年)
演出シン・ギョンス

「緑豆の花」のあらすじ全話一覧

あらすじ

アレと呼ばれ生きてきたイガンは、父親が貸したお金を回収に市場に行き、やり放題の行動をしてみんなから恨まれていた。

日本からの留学から戻った弟のイヒョンは、ただ1人兄としてのイガンを尊重していた。しかし、尊敬していた師匠で婚約者の兄のソクジュの裏切りで陥れられたイヒョンは、人が変わってしまいます。

役人達の横暴を止めようと立ち上がった東学院の大将に手を傷つけられた事で、イガンは仲間に入ります。しかし、日本軍と手を組み、自ら鬼と名乗る弟のイヒョンと対立する事になります。

あらすじ全話

緑豆の花1話~3話
緑豆の花4話~5話
緑豆の花6話~7話
緑豆の花8話~9話
緑豆の花10話~11話
緑豆の花12話~13話
緑豆の花14話~15話
緑豆の花16話~17話
緑豆の花18話~19話
緑豆の花20話~21話
緑豆の花22話~23話
緑豆の花24話最終回

「緑豆の花」相関図

緑豆の花-相関図

「緑豆の花」の登場人物と主要キャスト

「緑豆の花」のキャストと登場人物を紹介します。

チョ・ジョンソク(ペク・イガン 役)

緑豆の花-キャスト-チョ・ジョンソク

登場人物:ペク・イガン…イヒョンの異母兄。
使用人の母親と主人のマンドゥクとの間に生まれるが、本妻や父親の家族から虐げられていた。

あれと呼ばれても受け入れ、父親の汚れ仕事を引き受け生きてきた。

緑豆大将ボンジュンとの出会いで生き方を変え客主のジャインと愛し合うようになる。

キャスト:チョ・ジョンソク…1980年12月26日生まれ。

代表作
  • トゥー・カップス(MBC/2017年)
  • 嫉妬の化身(SBS/2016年)
  • ああ、私の幽霊さま(tvN/2015年)

ユン・シユン(ペク・イヒョン 役)

緑豆の花-キャスト-ユン・シユン

登場人物:ペク・イヒョン…イガンの異母弟。
日本からの留学から帰宅すると、相変わらずの家族にがっかりする。

婚約者のミョンシムと愛を育み結婚間近だったが、徴兵されてしまう。

師匠で義兄になるはずだったソクジュとの決裂で、人格が変わり鬼と呼ばれるように。

キャスト:ユン・シユン…1986年9月26日生まれ。

代表作
  • サイコパスダイアリー(tvN/2020年)
  • 親愛なる判事様(SBS/2018年)
  • 不滅の恋人(TV朝鮮/201年)
  • 君の恋愛実験(MBC/2017年)
  • 最高の一発(KBS/2017年)
  • となりの美男<イケメン>(tvN/2013年)
  • 私も、花!(MBC/2011年)
  • 製パン王キム・タック(KBS/2010年)

ハン・イェリ(ソン・ジャイン 役)

緑豆の花-キャスト-ハン・イェリ

登場人物:ソン・ジャイン…客主。
父親と叔父の様に慕うドッキと共に行商を行う。

日本人武田に米を売る。

イガンと知り合い愛し合うようになるが、生きる場所が違う!と別れる。

キャスト:ハン・イェリ…1984年12月23日生まれ。

代表作
  • スイッチ(SBS/2018年)
  • 恋のドキドキシェアハウス(JTBC/2016年)

チェ・ムソン(チョン・ボンジュン 役)

緑豆の花-キャスト-チェ・ムソン

登場人物:チョン・ボンジュン…東学院大将で緑豆大将とも呼ばれていた。
役人達の不正で米も食べれない民の為に立ち上がる。

仲間を集め農民運動を計画する。手を傷つけたイガンが訪ねて来ると仲間に入れる。

チェ・ウォニョン(ファン・ソクジュ 役)

緑豆の花-キャスト-チェ・ウォニョン

登場人物:ファン・ソクジュ…ヤンバン(両班)でイヒョンの師匠。
妹とのら結婚を阻止する為に、役人に頼みイヒョンを徴収させる。

ボンジュンの思想に共感し、自身も戦いに加わるが、後に対立してしまう。


スポンサーリンク